釘バットで暴行。不良グループの抗争。彼らにとっては「認めてもらう為の行為」でもある。

 2022年9月4日
この記事は176回閲覧されました。

サヨナラ・モンスター
期間限定キャンペーン 特典付きで13,800円
2022年9月30日まで(購入はトップページから

不良グループの抗争で、釘バット(釘を刺したバット)で暴行したとして逮捕されました。下記動画をご覧下さい。これはいつの時代になっても基本は同じです。形が変わるだけで基礎は同じです。

彼らにとっては「認めてもらう為の行為」でもあるのです。僕が子供だった頃は暴走族が若者の中でトップクラスの集団でした。例えば、抗争相手を刃物で刺したりすると「功労者(暴走族として手柄を立てた者)」として扱われるので、認めてもらいたい、有名になりたい、こういう思いが強い人間ほど、刃物や金属バットを振り回します。僕はそういった危険な行為は苦手だったので、そういった悪いことはしておりませんが、僕が入っていた暴走族はその県でも危険で有名な集団だった為、暴走族の集会となると、大体トラブルが発生していました。穏やかな集会の日なんてあったっけ?というくらい毎回何かが起きていました。

例えば、暴力団組員が車で轢いてこようとするとか(本当に轢いてくることもある)、他の暴走族が金属バットを持って突っ込んでくるとか、そういうこともありました。暴力団組員2人が車で轢いてこようとした時は、暴走族の先輩たちがその暴力団組員1人をボコボコにして、もう1名の暴力団組員は「お前らが悪いんだろ」と後ずさって逃げました。また、他の暴走族が金属バットを持って突っ込んできた件は、裏話があり、その突っ込んできた少年は別の県の暴走族の少年で、その少年はファミレスで先輩2人とご飯を食べていました。そしてそのファミレスの横のガソリンスタンドに、僕が入っていた暴走族の人たちの一部、確か3人か4人くらいだったと思いますが、ガソリンを入れていたのです。他の集団は先に進んでいた。それを見たファミレスにいた別の暴走族の先輩が「あれ〇〇(チーム名)だな。お前バット持って引っ叩いてこいよ」と後輩1人に行かせたそうです(その件に詳しい人物から昔に聞いた話)。そして「危なくなったら助けに行くから」と言い無理矢理行かせたそうです。先輩に逆らえないその後輩は金属バットを持って僕の一個上の人にバットで殴りかかろうとしたところ、その先輩は暴走族の中でも喧嘩が強く有名な人だったので当然逃げるわけもなく、相手の胸を刺したのでした。そしてその刺された少年の先輩は助けにこないで、逃げてしまったのです。結果その少年は亡くなり、刺した人は少年刑務所に入ることになりました。このような事件の背景には前記したよう、彼らにとっては「認めてもらう為の行為」でもあるのです。ナメられてはいけない。やられてはいけない。強くならないといけない。勝たないといけない。やられる前にやる。そういう気持ちがとても強い人ほど、大きな事を起こしてしまいやすいのです。

それが、以前お伝えした下記記事の画像の言葉です。

子供を非行に走らせない為に、子供の善行(良い行い)を喜べるようになろう!

だから何が大事か? それが上記の記事タイトルです。家庭環境において、しっかりと子供の善行を喜んでいれば、子供がここまで大きく歪んでしまうことはまずあり得ないと言ってもよいくらいなのです。先ほどお伝えした刺した人は、昔聞いたところによると、家庭環境が悪かったとのこと。その人と仲良かった3人(同じ暴走族の人)の家庭環境も悪かったです。1人は母親が夜逃げかなんかしたらしく小学生から家でずっと1人ぼっちです。父親しかいなく父親は仕事。きょうだいもいないので、寂しい思いを抱えていてシンナーを吸っていました。もう1人の暴走族だった人の親は、母親もシンナー中毒で、子供にシンナーを買いに行かせるほどでした。「おい。〇〇シンナー買ってこい」と。つまり暴走族に入っていた人たちの家庭環境は、どこも、善行を喜んでくれる家庭環境ではなかったのです。僕が育った家庭もそうでした。僕の善行はまるでゴミのように無視されていました。そして認めてもらうことに飢えてきて、非行に走ったら他所で認めてもらえることが増えたので、気分が良くなってしまってそのまま非行が進んでしまったのです。当時は普通の家庭にある温かいものなど無かったのです。そして承認に飢えていきます。だから寂しい気持ちを抱えていた少年少女たちは、「非行で認めてもらおうとする」のです。大きな事件を起こしてしまう人ほど、実は、深い心の傷を抱えている可能性があるのです。

なので、冒頭でご紹介した動画の逮捕された人たちも、恐らくは、寂しい思いをして育ってきたのではないかなと思います(勿論、だからと言ってやったことが許されるわけではない。それは別の話)。家庭環境が如何に大事なことか。それを軽視せず、影響をしっかりと見れる大人が増えて、家庭環境でしっかりと子供の善行を喜べるようにならないといけないのです。

子供の善行をしっかりと認めて、喜んで、そこに肯定的な意味づけが出来る大人がいるところから非行に走る子供は生まれにくいのです。外部要因もあるから必ずというわけではないけど、非行予防に効果的です。

『子供が非行に走る原因の殆どは「親」と「家庭環境」』

3分の測定で数値化!あなたの婚活4大価値観!

自分が自分の親になって
自分と向き合って心の深い部分を変える方法
「サヨナラ・モンスター」

自分が自分の親になって自分と向き合って心の深い部分を変える方法「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変わることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

【三種の神器】
サヨナラ・モンスターで書く
エモーションプラスで感情を創って利用する
トラウマ転換ウォーキングで心身の健康と転換の更なる促進
(どれか1つの取り組みでも十分良い効果が期待出来る)

サヨナラ・モンスターを購入することで「三種の神器」が手に入ります(特典プレゼント)。

人の心が変わるということは脳の活性化と共にあるものなのです。それを促しながら潜在意識(無意識)に対して複合的に働きかける方法です。返金保証もありますのでご安心下さい。効果が無かった場合、返金申請することが出来ます。あなたが変わるための材料を徹底してご用意しました。あとはあなたの変わる気持ちが必要です。自分を変えていきましょう! 基本は「付属ツール(書くこと)」で細部の変化を起こしていきます。

正確なIQがわかる知能テスト(医師作成)

【広告】「公式Worldwide IQ Test」をオンラインで受けて、メンサテストに合格できる「脳力」があるか簡単にチェックできます(有料)。信頼性が高く、すぐに正確なIQがわかる知能テストで30分以内にあなたのIQスコアが分かります!(このIQテストはこの分野に精通した若くて経験豊富な医者により作成されたものです)。フィンランドの会社が運営しているサイトです。テストを行う方は十分な準備をしてから行いましょう(疲労や空腹が無い状態・心が落ち着いている状態で)。結果に大きく差が出ます。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします(投稿は最下部から)。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

コメントを投稿する(レビューは最下部)

*

CAPTCHA


・日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)
・コメント欄を設置してみました!良かったらコメントを残して下さい。
・記事のレビューは最下部からお願いします。
・あなたの前向きな気持ち(積極的で発展的な宣言等)を残していって下さい。