拒食症・過食症の原因と改善方法!摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」自分を嫌う必要はありません。ありのままの自分を好きになって、自分を育てていきましょう。

3261 views
約 5 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
拒食症・過食症の原因と改善方法!摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」自分を嫌う必要はありません。ありのままの自分を好きになって、自分を育てていきましょう。

拒食症・過食症の原因

拒食症・過食症の原因といっても原因は様々です。自分を嫌悪することから始まっていたり、ストレスが原因だったり、極度の恐怖心が原因であったり。まずは、そういった自分の本当の原因を探ることが大切です。原因がハッキリすれば問題解決に一気に近づきます。

摂食障害アドバイザーの方によると大きく3段階のタイプに分けられています。

1、摂食障害+「自信喪失」タイプ

2、摂食障害+「過食症」タイプ

3、摂食障害+「拒食症」タイプ

改善するには、まず自分がどのタイプかを知ることが大事です。

こちらの3タイプの詳細は「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」のページの真ん中より少し上の部分に3タイプの「原因」が詳しく書かれていますので、自分がどのタイプに当てはまるかを見て下さい。

根本原因とは「根」の部分です。「本当の根の部分」=「根本原因」ということです。表面的な解決をしてもいたちごっこです。「根」の部分から解決することが本当の解決です。

拒食症・過食症の改善方法

あなたは、本当に正しい拒食症・過食症の改善方法を知っていますか?

詳しくは自分で自宅で改善できる方法である「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」の「本当に正しい拒食症・過食症改善方法とは?」という見出しの部分の説明をお読み下さい。

3タイプの中から自分のタイプが分かったら、次は原因を探ってみることです。原因がわからないと解決のしようがありませんよね。原因が分かれば、解決に一気に近づいていきます。

「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」の改善は4ステップの簡単な方法です。

1、タイプを正確に把握して原因を特定する。

2、原因別の改善方法を実践する。

3、1日10分”あること”を実践し食欲をコントロールする

4、週に数回程度ある食べ物を摂って食欲、恐怖心を安定させる

たったこれだけで、自宅で根本から拒食症・過食症を改善していくことが出来る方法が「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」です。

是非、試してみて下さい。悪化するような改善方法に時間やお金をかけるよりも、知識をつけて自分で自宅で改善していくことは、後々、きっと自分の心の財産にもなるでしょう。

プログラムの中身の1部は、リンク先のページの真ん中あたりで「古賀式拒食症過食症改善17日プログラムの内容を少しだけ公開!」という見出し部分で読めますので、一度目を通してみて下さい。

摂食障害を克服すると、
他の病気も良くなるワケとは?
この方法を実践しているうちに10年以上患っていた他の持病も
治ったという嬉しい声を多数いただきました!実は摂食障害が良くなると
他の症状も自ずと改善されるのにはワケがあります。

引用元:「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」

摂食障害克服への近道をこの機会に学んで、そんな無駄を無くして自分の時間を大切にしましょう。

すべての人に共通して言えることですが、
この方法を忠実に実践して頂ければ自然と拒食症・過食症は改善されていきます。

<<下に続く>>

早ければ2週間で遅くても2カ月程度で効果を実感いただけると思います。

引用元:「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」

今までいろいろな方法を試してきたけど、改善できなかった。そんなあなたにぜひ試していただきたいです。

自分を嫌う必要はない

拒食・過食で悩んでいるあなたに伝えたいこと。

それは、「自分を嫌う必要なんかない」ということ。

過去に、自分が処理しきれないくらいの体験をしたかもしれません。あなたを嫌った人間にあなたは支配されていたかもしれません。そして自分を嫌うことで生き延びてきたかもしれません。

だけど、もう自分を嫌う必要はありません。ありのままの自分を好きになって、自分を育てていきましょう。

私も、自分を嫌って、自分を裏切って、自分を傷つけて生きてきました。それしか生きる道が無かったからです。だけど、自分が成長していくと、どんな道も切り開いていけるのです。自分を好きでいていい「道」を切り開けるのです。

思い込みを捨て去れ!

思い込みを捨て去ることが大切です。「もっともっと痩せなきゃ…」と自分は太っているからもっと痩せないといけないと思ってしまう拒食症の人。

この拒食症の根の部分にあるのは潜在意識レベルの深い思い込みです。この深い思い込みが過去に何らかの繰り返しによって作り出されてしまい深く根付いている状態です。

この深く根付いている歪んだ価値観を変えることが拒食症を克服する方法です。

拒食症の人は現実を見れていない

拒食症の人は現実を見れていないのです。以下の画像を見て下さい。

現実の自分は右側です。そして、思い込みの自分は左の鏡の中の自分です。これが潜在意識レベルで左の鏡の中の自分が現実の自分のように感じているのです。頭では分かっていても潜在意識レベルではそう思い込んでいるのです。恐怖とセットになっているのです。

だから潜在意識レベルで思い込んでいるもの、隠れた恐怖を解き放つことが大事なのです。それが根本的な解決です。

一時しのぎが拒食症・過食症をひどくさせることを知ってください。
根本的な解決にこだわることが重要なのです。
間違った方法に振りまわされるのは、これでおしまいです。

引用元:「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」

そして、以下の引用も読んで下さい。

食欲が無い、または怖くて食べる事が出来ない、食べても嘔吐してしまう
このようなケースが拒食症タイプです。このタイプの方の発症原因の多くは
ダイエットと異常な恐怖心です。

引用元:「古賀式拒食症・過食症改善プログラム」

これこそが、頭では分かっていても潜在意識レベルでは「もっともっと痩せなきゃ…」と思い込んでいるということ。恐怖とセットになっているのです。恐怖の多くは思い込みです。現実ではない思い込みが恐怖を強めているのです。だから、恐怖からの解放も必要なのです。

 

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)