辛いとき、苦しいとき。考えないようにして逃げたくなることありますよね。だけどその時が「本当の自分に気づくチャンス」だったりします。

辛いとき、苦しいとき。考えないようにして逃げたくなることありますよね。だけどその時が「本当の自分に気づくチャンス」だったりします。

辛いとき、苦しいとき。考えないようにして逃げたくなることありますよね。だけどその時が「本当の自分に気づくチャンス」だったりします。辛い気持ちや苦しい気持ちを否定せず向き合ってそのまま受け入れてあげると本当の自分に少し近づけます。「苦しみ」は「無意識」からのメッセージみたいなもの。

本当の自分って?

人は、100%本当の自分を生きているわけではありません。他者の感情や価値観を持っていて、それを自分のものだと信じ込んでいたりします。そうすると人生どこかで苦しくなっていきます。

なぜ苦しくなるのか

なぜ他者の人生を生きていると苦しくなるのか。あなたが好きなことはあなたが好きなこと。他者が好きなことは他者が好きなこと。それが一致するとは限りません。他者が好きなことがあなたが実は嫌いなのに好きなフリをしていたら?苦しいですよね。それをずっと繰り返していくうちに当たり前になってしまうと?そう分からなくなる時が来るんです。

そんな時に、理由もわからずなぜか苦しい。そうなります。

「苦しみ」は「無意識」からのメッセージ

「苦しみ」は「無意識」からの本当の自分に気づくためのメッセージなんです。自分を忘れすぎた部分に気が付いてほしく無意識から苦しみという形でメッセージを送ってくるのです。だから苦しみに向き合って、それを受け入れてあげる。「あなたは今苦しんだね。」と。すると本当の自分が本当はどうしたいのかがわかってくることがあります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)