死ぬのが怖い?「死への恐怖」は「最大の妄想」です。それは「まだ起きていないことへの恐怖」です。

1963 views
約 2 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
死ぬのが怖い?「死への恐怖」は「最大の妄想」です。それは「まだ起きていないことへの恐怖」です。

まだ起きていないことへの恐怖

「死への恐怖」は「最大の妄想」です。誰もがいつかは訪れる「死」。これは紛れもない事実ですが、「死」までの間は「生」です。その「生」の時に「死」への恐怖に囚われてしまうのは「まだ起きていないことへの恐怖」です。その恐怖を克服するには「今」に集中出来ることを増やすのが効果的です。

囚われてしまうと「脳疲労」へと繋がる

「まだ起きていないことへの恐怖」に思考が囚われてしまうと「脳疲労」へと繋がっていきます。「脳疲労」が酷くなれば寝ても寝ても疲れが取れないという状態になる可能性もあります。

「今」に集中出来ることを増やすのが効果的

「今」に集中出来ることを増やすのが効果的です。つまり、あなたが心から「楽しい」と感じることを行うことが「今」に集中することに繋がるのです。

「楽しい」と感じることに集中できない

心から「楽しい」と感じることに集中できないのは他人の人生を歩んでいるからです。他人の考えで生きていると楽しいわけがありません。本当の自分が心から「楽しい」と感じることを行えば楽しいに決まっています。

<<下に続く>>

つまり「支配」されていると楽しくないのです。独裁国家で支配されている国民たちは笑顔を出していても楽しくなさそうですよね。「蝋人形」のように見えてしまいます。

支配されない自分になり自分の人生を生きること

なので、支配されない自分になるということが、自分の人生を生きることに繋がり、それが「今」に集中することに繋がるから、脳に余計な負荷をかけずに済むのです。脳は「雑念」によって「疲労」していきます。「雑念」は「他者の念」です。自分のものではありません。。「雑念(他者の念)」を一切無視して本当の自分の感情だけに集中すれば良いです。

そうすれば「死への恐怖(最大の妄想)」を考えずに済みます。

 

 

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・親への恨みを克服したい!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックス、優越コンプレックス、メサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・モラハラ加害者をやめたい!
・DV加害者をやめたい!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!
・死にたい(死にたいくらい苦しい)
・自力でトラウマを克服したい!
・苦しい気持ちをわかってほしいという欲求が強い人!
・自分が自分の親になることが大切だとわかってきた人!
・誰かの所為にし続ける人生に終止符を打ちたい!
・自分のことをダメ人間だと思っていて無気力な人!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)