死ぬのが怖い?「死への恐怖」は「最大の妄想」です。それは「まだ起きていないことへの恐怖」です。

死ぬのが怖い?「死への恐怖」は「最大の妄想」です。それは「まだ起きていないことへの恐怖」です。

まだ起きていないことへの恐怖

「死への恐怖」は「最大の妄想」です。誰もがいつかは訪れる「死」。これは紛れもない事実ですが、「死」までの間は「生」です。その「生」の時に「死」への恐怖に囚われてしまうのは「まだ起きていないことへの恐怖」です。その恐怖を克服するには「今」に集中出来ることを増やすのが効果的です。

囚われてしまうと「脳疲労」へと繋がる

「まだ起きていないことへの恐怖」に思考が囚われてしまうと「脳疲労」へと繋がっていきます。「脳疲労」が酷くなれば寝ても寝ても疲れが取れないという状態になる可能性もあります。

「今」に集中出来ることを増やすのが効果的

「今」に集中出来ることを増やすのが効果的です。つまり、あなたが心から「楽しい」と感じることを行うことが「今」に集中することに繋がるのです。

「楽しい」と感じることに集中できない

心から「楽しい」と感じることに集中できないのは他人の人生を歩んでいるからです。他人の考えで生きていると楽しいわけがありません。本当の自分が心から「楽しい」と感じることを行えば楽しいに決まっています。

つまり「支配」されていると楽しくないのです。独裁国家で支配されている国民たちは笑顔を出していても楽しくなさそうですよね。「蝋人形」のように見えてしまいます。

支配されない自分になり自分の人生を生きること

なので、支配されない自分になるということが、自分の人生を生きることに繋がり、それが「今」に集中することに繋がるから、脳に余計な負荷をかけずに済むのです。脳は「雑念」によって「疲労」していきます。「雑念」は「他者の念」です。自分のものではありません。。「雑念(他者の念)」を一切無視して本当の自分の感情だけに集中すれば良いです。

そうすれば「死への恐怖(最大の妄想)」を考えずに済みます。

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)