死ぬのが怖い?「死への恐怖」は「最大の妄想」です。それは「まだ起きていないことへの恐怖」です。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
死ぬのが怖い?「死への恐怖」は「最大の妄想」です。それは「まだ起きていないことへの恐怖」です。



まだ起きていないことへの恐怖

「死への恐怖」は「最大の妄想」です。誰もがいつかは訪れる「死」。これは紛れもない事実ですが、「死」までの間は「生」です。その「生」の時に「死」への恐怖に囚われてしまうのは「まだ起きていないことへの恐怖」です。その恐怖を克服するには「今」に集中出来ることを増やすのが効果的です。

囚われてしまうと「脳疲労」へと繋がる

「まだ起きていないことへの恐怖」に思考が囚われてしまうと「脳疲労」へと繋がっていきます。「脳疲労」が酷くなれば寝ても寝ても疲れが取れないという状態になる可能性もあります。

「今」に集中出来ることを増やすのが効果的

「今」に集中出来ることを増やすのが効果的です。つまり、あなたが心から「楽しい」と感じることを行うことが「今」に集中することに繋がるのです。

「楽しい」と感じることに集中できない

心から「楽しい」と感じることに集中できないのは他人の人生を歩んでいるからです。他人の考えで生きていると楽しいわけがありません。本当の自分が心から「楽しい」と感じることを行えば楽しいに決まっています。

<<下に続く>>

つまり「支配」されていると楽しくないのです。独裁国家で支配されている国民たちは笑顔を出していても楽しくなさそうですよね。「蝋人形」のように見えてしまいます。

支配されない自分になり自分の人生を生きること

なので、支配されない自分になるということが、自分の人生を生きることに繋がり、それが「今」に集中することに繋がるから、脳に余計な負荷をかけずに済むのです。脳は「雑念」によって「疲労」していきます。「雑念」は「他者の念」です。自分のものではありません。。「雑念(他者の念)」を一切無視して本当の自分の感情だけに集中すれば良いです。

そうすれば「死への恐怖(最大の妄想)」を考えずに済みます。

 

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年5月1日)Leave a Comment0 Comment656 views

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)