子供に嫌なことをしてしまう毒親へ。子供を非行に走らせたりダメにするには「子供がまともにやったこと」を否定し「家庭での居心地を悪く」して「条件付けの愛を与える」と高確率でダメになっていきます。じゃあどうすれば?

1819 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
子供に嫌なことをしてしまう毒親へ。子供を非行に走らせたりダメにするには「子供がまともにやったこと」を否定し「家庭での居心地を悪く」して「条件付けの愛を与える」と高確率でダメになっていきます。じゃあどうすれば?

 

子供を非行に走らせたりダメにするには「子供がまともにやったこと」を否定し「家庭での居心地を悪く」して「条件付けの愛を与える」と高確率でダメになっていきます。

じゃあ、親はどうしたらいいのか。まず、自分がやっていることと似たようなことをされていて、本当は悲しかったのにそれを受け入れてしまっているのかもしれません。もし、そうならば自分も辛くて悲しかったんだという気持ちを思う存分、感じて上げて下さい。

子供に嫌なことをしてしまう親は、自分自身も嫌なことをされてきたはずです。すごく辛くて悲しくて、だけど言えなかった、または、気づかないようにしていたのかもしれません。優しかったんだと思います。

だけど、もう変えることが必要とされている時なのです。あなたも幸せになるために、あなたがあなたの親になるのです。自分を大切にするということです。すると、子供に対しての関わりも変わっていけるのです。あなたが子供を大切に出来ない、忌み嫌ってしまう…。それはきっとあなたもそうされてきたからだと思います。

その悲しみをしっかり感じきりましょう。そしたら再出発出来ます。

<<下に続く>>

あなたの力で悪い世代間連鎖を断ち切って良い連鎖に変えることが出来るのです。その力は、あなたがあたなを大切にすることで出てきます。

「毒親」を「解毒」すると「」と「親」が分離されて「」になるのです。

僕自身、周囲に嫌なことをしていて、それを嫌なことだとも思わずやっていたことがありました。あることが切っ掛けで酷いことをしていたことに気がついた時に「自分がされてきたことをしていた」と気づいて、自分の悲しみにも気づいて、自分をまず癒しました。すると「本当に申し訳なかった」という気持ちが溢れてきたことがある。そして、その行いをやめることが出来たのです。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)