攻撃されていると思い込んでいる被害妄想の人の恐怖克服法!そして、恐怖への突入方法!

1382 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

攻撃されていると思い込んでいる被害妄想の人の恐怖克服法!そして、恐怖への突入方法!

今回は、ブログ内で検索されたキーワードのうちの1つ「恐怖への突入方法」について、攻撃されていると思い込んでいる被害妄想の人の恐怖克服法として書きたいと思います。恐怖への突入方法を知りたい方がいるということは成長してきた証拠です。成長してくると恐怖への突入が必要になるということがわかるのです。

まず、恐怖のほとんどが「妄想」です。まだ起きてもいないことや、起こるわけもないこと、そういった「現実ではないこと」に対して恐怖しているから無駄にエネルギーを消耗して疲れてしまうのです。

更には、恐怖の思考が無意識のうちに頭を駆け巡り、そういった思考によって脳が疲労するのです。脳が疲労すれば、ますますネガティブな思考が増え、ますます疲れてしまうのです。

この悪循環のループを断ち切るには、恐怖へ突入することが効果的なのですが間違ってはいけないことがあります。それは恐怖に浸って慣れるというわけではないということ。「慣れる」のではなく「確かめる」のです。

最初に書いたように、恐怖のほとんどが「妄想」です。言い換えれば心に靄がかかっていて、無意識のうちに怖いことがあるような気がしちゃっている状態なのです。ちょうどよい画像がありましたので見て下さい。

人の恐怖のほとんどはこのようなものです。妄想に対して恐怖しているのです。だから、「慣れる」のではなく「確かめる」のです。上記の画像は実際にいるのかいないのかわからない状態です。そのわからないものに慣れてしまうのは「妄想を強める(恐怖が強くなる)」だけです。

確かめるというのは、光を当てて細部まで見るということです。確認、理解、などが必要になってきます。恐怖への突入方法は一切の嘘を入れ込まずに誠実に事実のみを「確かめる」ということなのです。

例えば、攻撃されているという被害妄想の人が恐怖を消すために恐怖へ突入し始め、確認をすることで少し明確になってきたとします。本当に集団の敵がいたのか。

以下の画像を見て下さい。

そして、思っているよりも敵は少ないようだと分かってくる。

<<下に続く>>

更に明確にしていくと、敵がいるというのは「大勢の敵」が妄想で「1人は本当にいた」ということがわかる場合もあるのです。

こういった、一切の嘘を入れ込まずに誠実に事実のみを「確かめる」ということで、恐怖は消えていくのです。

妄想の特徴は、本人が妄想だと気がつかないところにあります。妄想とは人が気づかない隙間に巣食うのです。だからそれに気づこうとすることで大きな成長があるのです。過去に、嘘に頼り、人を欺き、自分を欺き続けたことが、妄想の恐怖を作り出してしまったのです。

このような「妄想」を「事実」で確かめることが、恐怖を消す最高の方法です。勇気をもって覚悟ができたのなら、自分の恐怖に誠実に真正面からぶち当たってみてはいかがでしょうか。

妄想に打ち勝つことが出来たなら、本当の自分(内なる自分)と繋がることも出来るようになるでしょう。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)