他人に簡単に「理解してほしい」「理解してもらおう」と思ってはいけない。「わかってくれて、本当にありがとう」という気持ちが大切だと思います。

他人に簡単に「理解してほしい」「理解してもらおう」と思ってはいけない。「わかってくれて、本当にありがとう」という気持ちが大切だと思います。

他人に簡単に「理解してほしい」「理解してもらおう」と思ってはいけない。いや、すみません訂正します。思うのは良いと思います。自由ですね。問題は、それを相手に押し付けようとすること。それは他人に対して失礼であり尊重してないということ。

なんで、分かってくれないんだよ!と、思ってしまうことありますよね。

「理解」というのはめちゃくちゃ難しいのです。自分で自分のことを理解することだって難しいのに、それを他人に「はい、理解して」というのは酷い扱いなのです。相手を軽視してしまう。気持ちは分かりますけど。

その、すごく難しい「理解」をしてくれたということは、それだけ一生懸命頑張ってくれた証拠でもあるのです。ありがたいことです。「わかってくれて、本当にありがとう」という気持ちが大切だと思います。

理解は、深い問題になればなるほど何年だってかかることがあるものです。気の遠くなるプロセスがあるのです。

僕の場合は、「陥れられる恐怖」とか「巧妙なもの」だったので中々理解されませんでした。「わかってほしい」と強く思ったこともあったんです。だけど、僕自身がちゃんと理解していないのに他人に理解してもらおうというのは「虫がよすぎ(自分勝手すぎ)」だったのです。

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)