視線恐怖などの症状もありがたいことです。なぜありがたいか。これがわかると自分のことをもっと好きになります。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
視線恐怖などの症状もありがたいことです。なぜありがたいか。これがわかると自分のことをもっと好きになります。

視線恐怖などの症状もありがたいことです。なぜありがたいか。これがわかると自分のことをもっと好きになります。自分の症状には意味があります。自分の生存や防衛のために大切な意味があるのです。

そんな自分をダメだと思う必要はない。むしろ、自分に「ありがとう」と言ってあげてよいくらいです。その上で、「症状が教えてくれる意味」に気づいたら、それに対して対処出来るように能力を上げたら良いのです。

<<下に続く>>

人は「無意識の目的」のために、症状を作り出すことがあります。例えば、そのままだと生存を脅かすことに繋がる場合、防衛のために無意識が症状を作り出して行動させないようにするのです。

例えば、誰から自尊心を傷つけられ続けているのに対処できない。そのままでは心が傷だらけなる。だから無意識が防衛のために視線恐怖を作り出して、そういった場に行かせないようにすることもあるのです。その意味に気づいて対処できれば症状は減っていきます。

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)