視線恐怖などの症状もありがたいことです。なぜありがたいか。これがわかると自分のことをもっと好きになります。

視線恐怖などの症状もありがたいことです。なぜありがたいか。これがわかると自分のことをもっと好きになります。

視線恐怖などの症状もありがたいことです。なぜありがたいか。これがわかると自分のことをもっと好きになります。自分の症状には意味があります。自分の生存や防衛のために大切な意味があるのです。

そんな自分をダメだと思う必要はない。むしろ、自分に「ありがとう」と言ってあげてよいくらいです。その上で、「症状が教えてくれる意味」に気づいたら、それに対して対処出来るように能力を上げたら良いのです。

人は「無意識の目的」のために、症状を作り出すことがあります。例えば、そのままだと生存を脅かすことに繋がる場合、防衛のために無意識が症状を作り出して行動させないようにするのです。

例えば、誰から自尊心を傷つけられ続けているのに対処できない。そのままでは心が傷だらけなる。だから無意識が防衛のために視線恐怖を作り出して、そういった場に行かせないようにすることもあるのです。その意味に気づいて対処できれば症状は減っていきます。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)