嫌なことばかり続く、起こる人は、実は・・・ある秘密が・・・

嫌なことばかり続く、起こる人は、実は・・・ある秘密が・・・

人は大きく分けると3種類

1、被害者を必要としている加害者

2、加害者を必要としている被害者

3、被害者と加害者の心の世界から抜け出している、自分を必要としている者

1と2は無限ループです。無意識のうちに「捏造」をしまうしまう世界です。 「無意識の自作自演」とも言います。まさに、思考は現実化する…ということ。

嫌なことばかり起こる人は、1と2を行ったり来たりしているかもしれないのです。無意識のうちに必要としていると、無意識はすごい力でそれを実現しようとします。

自覚のない、無意識の思考、行動、言葉、そういったものが「結果」をせっせと作っている。だけど、本人はソレに気づかないのです。気づかないから「なぜか、嫌なことばかり起こる…」と思うのです。

1つ1つの小さな小さな無意識の思考、行動、言葉、が、結果に繋がっている事実を知ったら「なるほどね」と納得が起こるのです。

すべて自分で創り出している現実

厳しく言えば、「すべて、自分で創り出している現実」だということです。嫌なことばかり起こる人は「点と点を繋げていく」ことをしてみたらどうでしょうか。

この思考は、何に繋がっているかな?この仕草は相手にどんな反応をさせているかな?とか。そういった1つ1つの詳細を見ていくと、いつか「すべて、自分で創り出している現実だった」と腑に落ちる日が来ます。その時に、この記事のことを思い出してみて下さい。

その意味がわかったならば、その先の「すべてはシンプルで思い通り」の意味がわかりますよ。

質問への回答

加害者と被害者って表裏一体

こんにちは(^^♪

いえ、1と2は表裏一体です。なかなか理解できない部分ですけど。加害者と被害者って表裏一体なんです。厳しく聞こえるかもしれないですが。当然、僕もまだまだそのループの中にいます。

不幸になる「点」を選択している

この話は、説明が難しいのですが、例えば子供の頃に僕は事故に遭った。不幸ですね。だけど、事故を創り出した沢山の「」があったのです。その「点」を選択し続けていたのは紛れもない自分です。選択したときに「事故を創る点」だとは気づかないまま。今ならどう繋がったかよくわかります。

を選択し、またを選択し、またを選択する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、たくさんの点を選択し続けた先に、「事故を創る点」として機能し、僕は事故に遭ったのです。

それでも、まだ気づかない。だから、3度も事故に遭ったのです。自分で不幸を望んだつもりはない。しかし、別のところで不幸になる点を選択しているのです。ただ、その繋がりが分からなかっただけです。まさか、この点が、不幸の点に繋がっているとは?という感じでわからなかったのです。

このことは、中々理解できないことですが、自らの「選択の結果」だということが分かってくると、逆に不幸を回避し、幸せを引き寄せていけるのです。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。