嫌なことばかり続く、起こる人は、実は・・・ある秘密が・・・

嫌なことばかり続く、起こる人は、実は・・・ある秘密が・・・

人は大きく分けると3種類

1、被害者を必要としている加害者

2、加害者を必要としている被害者

3、被害者と加害者の心の世界から抜け出している、自分を必要としている者

1と2は無限ループです。無意識のうちに「捏造」をしまうしまう世界です。 「無意識の自作自演」とも言います。まさに、思考は現実化する…ということ。

嫌なことばかり起こる人は、1と2を行ったり来たりしているかもしれないのです。無意識のうちに必要としていると、無意識はすごい力でそれを実現しようとします。

自覚のない、無意識の思考、行動、言葉、そういったものが「結果」をせっせと作っている。だけど、本人はソレに気づかないのです。気づかないから「なぜか、嫌なことばかり起こる…」と思うのです。

1つ1つの小さな小さな無意識の思考、行動、言葉、が、結果に繋がっている事実を知ったら「なるほどね」と納得が起こるのです。

すべて自分で創り出している現実

厳しく言えば、「すべて、自分で創り出している現実」だということです。嫌なことばかり起こる人は「点と点を繋げていく」ことをしてみたらどうでしょうか。

この思考は、何に繋がっているかな?この仕草は相手にどんな反応をさせているかな?とか。そういった1つ1つの詳細を見ていくと、いつか「すべて、自分で創り出している現実だった」と腑に落ちる日が来ます。その時に、この記事のことを思い出してみて下さい。

その意味がわかったならば、その先の「すべてはシンプルで思い通り」の意味がわかりますよ。

質問への回答

加害者と被害者って表裏一体

こんにちは(^^♪

いえ、1と2は表裏一体です。なかなか理解できない部分ですけど。加害者と被害者って表裏一体なんです。厳しく聞こえるかもしれないですが。当然、僕もまだまだそのループの中にいます。

不幸になる「点」を選択している

この話は、説明が難しいのですが、例えば子供の頃に僕は事故に遭った。不幸ですね。だけど、事故を創り出した沢山の「」があったのです。その「点」を選択し続けていたのは紛れもない自分です。選択したときに「事故を創る点」だとは気づかないまま。今ならどう繋がったかよくわかります。

を選択し、またを選択し、またを選択する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、たくさんの点を選択し続けた先に、「事故を創る点」として機能し、僕は事故に遭ったのです。

それでも、まだ気づかない。だから、3度も事故に遭ったのです。自分で不幸を望んだつもりはない。しかし、別のところで不幸になる点を選択しているのです。ただ、その繋がりが分からなかっただけです。まさか、この点が、不幸の点に繋がっているとは?という感じでわからなかったのです。

このことは、中々理解できないことですが、自らの「選択の結果」だということが分かってくると、逆に不幸を回避し、幸せを引き寄せていけるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)