自殺を考えるほどの見捨てられ不安を克服した!その治し方とは?境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)の特徴の1つにも見捨てられ不安がある

 2021年11月28日
37360 views
自殺を考えるほどの見捨てられ不安を克服した!その治し方とは?境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)の特徴の1つにも見捨てられ不安がある

境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)の特徴の1つ見捨てられ不安

僕は、過去に自殺を考えるほどの「見捨てられ不安」がありました。その一部は克服しました。境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)の特徴の1つにも見捨てられ不安があります。「境界性パーソナリティ障害 – Wikipedia」を見ると、僕自身、境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)だったのではないか?と思うほど当てはまることが多いです。

境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)についてのマンガで分かりやすい説明はこちら

見捨てられ不安が酷かった過去

僕は、具合が悪くなっても病院に行くことが出来ませんでした。病院に行くなら自殺したほうがいいかもしれない。そう思うほどの時もありました。そして、過去に、酷いときはまともに歩くことも出来ず、部屋で強烈な頭痛と破裂しそうなほどの目の痛みや胃痛などを数か月我慢して、体温も低いときは34.9度といったほど冷え切っていて、自分は死ぬんじゃないかって思うほど、ほぼ寝たきり状態になっていたことがある時期がありました。

そして、家族の前では必死に隠してしまい、普通の顔をするように出来るだけ悟られないようにしていました。それは怖かったからです。もし、自分の弱さを知られたら、病院に行って重篤な病気があり、それが発覚したら…と考えると「見捨てられてしまう」という恐怖が襲ってきていました。小さい頃から自分があってないようなもので、ずっと孤独で、寂しくて、自分の気持ちを押し込めて生きてきて、僅かな小さな愛情にでも植えていました。

小学生の時も、3度の転校で寂しく、運動会なども親は来てくれない。嫌なことがっても家で聞いてもらうこともしてもらえなかった。親も大変だったので。そんな中、1番以外は絶対に許さないというスパルタ教育が始まり、それ以外を無価値の扱いを受け、小学生の時は毎日悲しみの中、生きていました。そして、中学に入り、非行に走り、2度の転校。これも寂しかった。そして、中学卒業後、シンナー中毒になり、3度の飯よりシンナーで見る幻覚が大好きという状態になり廃人状態に。そこでとある事件で逮捕され少年院に入り、健康的な生活のおかげで何とか助かります。

その後も、またシンナーに依存し、廃人のような生活を送った。つまり、悲しみと、寂しさと、廃人のような幻覚世界の堪能をするような生活ばかりだったのです。かなりの依存体質になり、シンナーに依存し、たばこに依存し、たばこは毎日3箱は吸っていました。シンナーは毎日、夜から朝まで吸っていました。

こんな子供時代を過ごしていましたから、当然、見捨てられ不安が強くなります。だから、普通の人には理解できることではありませんが、僕の場合は大袈裟でもなんでもなく、本当に自殺を考えるほどの「見捨てられ不安」だったのです。

見捨てられ不安が強すぎるので、関わるだけで苦しくなる家族にもしがみついていたのです。心の中では「お願い!俺を見捨てないで!」と必死に助けを求めてしがみついていたのです。それから、長い時間をかけ、自分がされてきた扱いなどに向き合い、自分の深い心の傷と向き合いました。自分の中にある問題も。時間もかかりました。僕は、自分の気持ちが言えなかったので、相談なんて出来ませんでした。相談することを考えると見捨てられ不安や「地獄の底に落ちるかのような恐怖」が襲ってきていたのです。

そんな、死の恐怖が襲ってきたり、自殺を考えるほどの見捨てられ不安を一部克服しました。その時の治し方をご紹介したいと思います。

見捨てられ不安を克服する方法(自分を見捨てない)

多分、トラウマが酷かったんだと思います。1人で過呼吸やパニック発作みたいのが毎日続いて、自分の感情がわからず、溢れてくる色々な感情とともに全身が硬直し、酷い状態が続いていました。そんなときに、僕は心の中の小さな自分を感じました。それは愛情に飢えている自分です。その自分に、僕は心の中で声を掛けました。「絶対に見捨てないからな。家族がお前をゴミのように扱っても俺はお前を死んでも見捨てない。たとえ、死ぬことがあっても俺はお前を見捨てない。絶対に、どんな時も、裏切ることもしない。お前が頑張ってきたのを俺はちゃんと知っている。だから、安心して。」と。

僕は、”自分を自分で見捨てていた”のです。そのことに気づいたら、心の中の小さな自分に申し訳なかったと心から思いました。

辛いとき、悲しいとき、苦しいとき、自分が自分を見捨てていたんだとわかりました。自分の本当の感情を忘れていたのです。(https://bright-ms.net/post-2171/)の記事にも書いた「未処理の感情」だらけだったのです。辛い、苦しい、そんな時に僕は自分で自分を助けもせず、誰かに助けてもらうのを待っていたのです。本当にごめんな。そう自分に対して思ったんです。小さな頃から、自分なんて死ねばいい。消えればいい。そう思って生きてきたので、こんなことを思ったことはありませんでした。

だから、自分が自分に対しての心や態度を改めたのです。こうやって、子供の時に言ってほしかった言葉などを自分が自分に、誠実に言ってあげるのです。本心から。そうすることを繰り返し、行動も共にしていけば、心の中の小さな自分に変化が起こってきます。変化とともに、見捨てられ不安が消えてきます。

これこそが、見捨てられ不安の良き克服法です。

1、自分が自分を見捨てていることを自覚する

2、自分が自分を絶対に見捨てない決心をして、自分が自分の親になり、自分の心の不安を解消してあげる

3、自分に必要なことを学習し始め、自分で自分を助けていく

これです。これで見捨てられ不安は消えていきます。簡単なことではありません。1つ1つ、1歩1歩進めていくのです。僕は長い時間がかかりました。酷い悪夢も見続けていたので隠れた恐怖なども関係していたので。

「自分の感情を感じる」というのも、上記の過程の中にあることです。色々なことを1つ1つクリアしていくことで、徐々に消えていくのです。僕の場合は「サヨナラ・モンスター」の方法で消えていったのです。結局、最後に自分を救えるのは自分なのです。自分に向き合う方法、それがサヨナラ・モンスターです。あなたが本気で見捨てられ不安を克服したのなら、サヨナラ・モンスターを試してみてください。

見捨てられ不安を克服する方法(白黒思考)

見捨てられ不安が強い人は、両極思考、白黒思考が強いです。僕もそうでした。善か悪か。黒か白か。やるかやらないか。0は100か。1番だけが大事で、それ以外はゴミだ。という極端な考え方の癖を持っています。見捨てられ不安を克服するということは、この白黒思考の癖をやめるということでもあります。

この考え方は、基本的には親などから刷り込まれたものです。僕も、子供の頃、スパルタ教育をされ1番以外はゴミだという扱いで育てられたのでこういった白黒思考の癖が出来ていました。この癖を治すには、その「中間を学習」していくしかありません。

例えば、0は100か。これは0と100だけが重要だと刷り込まれて育てられたことで、自分の中で1から99のことは重要ではないという認識になってしまっているのです。0と100はたったの2個です。1~99は99個もあります。99個もあるものを無価値だと思い込んでしまっているのですから、当然、白黒思考になり、世界をモノクロに見ますので、何かあれば衝動的に破壊的にもなって当然なんです。

大事なことは、0と100じゃないんです。その中にある、1~99のことなんです。僕も、知らなかった。だから人間らしさがなくなっていました。だから遅いけど、人間らしさを持ちたいと思い、それまで知らなかったことを知るようになり、猫の可愛さも知りました。過去は猫の可愛さなんて知らなかったのです。人の良さも知らなかった。だから、平気で人をゴミのように扱ったこともあります。

そこから抜け出すには、中のことをたくさん知っていくことです。そうすると猫がいるだけで幸せを感じたり、このしぐさが可愛いなぁとか1つ1つのことに価値を感じることが出来るようになります。そうすると白黒思考も減っていきます。白や黒だけではなく、色々な色があることを学習して知っていけばいいのです。

この記事のレビュー(一覧)

5
Rated 5 out of 5
星5つのうち5 1件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)100%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

No Title

Rated 5 out of 5
2021年11月28日
Anonymous

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。