ACを自分で治す(アダルトチルドレンの克服・回復)なら虐待根絶マニュアル!感情の虐待によるネガティブ思考のクセを刷り込まれてトラウマになっている!

244588 views
約 21 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
ACを自分で治す(アダルトチルドレンの克服・回復)なら虐待根絶マニュアル!感情の虐待によるネガティブ思考のクセを刷り込まれてトラウマになっている!

アダルトチルドレン(Adult Children)とは

アダルトチルドレン(Adult Children)とは、頭文字をとってACとも言われます。これは機能不全家族の元で育ったことによって、成人しても癒されていない内心的なトラウマを持つといった考え方なのです。

アダルトチルドレンは病気だと勘違いされている方がいますが、アダルトチルドレン=病気ではありません。アダルトチルドレンとは「機能不全家族の環境で育った大人達(ACOD:Adult Children Of Dysfunctional Families)」という定義です。 「精神的に成熟していない未熟な大人」や「大人になりきれない大人子供」いう勘違いした間違った意味で捉えている方もいますが、そういった意味はまったくありません。

僕も、「アダルトチルドレン(機能不全家族で育と、成人しても、今も内心的なトラウマを抱えている状態)」です。最初にお伝えしておきますが、自分がアダルトチルドレンであることを「本当の自分の道への通過点」だと考えていますので、「これでよかった」と思っています。そして、「アダルトチルドレンだったからこそよかった」と機能不全家族への感謝に変わることが自分でわかっています。

自分の人生において、必要な経験をしているのです。トラウマは、大事なことを僕に教えてくれているのが自分でわかっています。ですので、僕は「機能不全家族の元で育ったんだ。辛い。誰か助けて」なんて思っていません。そうではなく「機能不全家族の元で育った。だから、成長のし甲斐がある。」と思っているのです。

機能不全家族とは

機能不全家族」とは、家庭内での親子間、兄弟間での対立、不法行為、心理的虐待、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、無意識裡の心理的ネグレクトなどが恒常的(永続的、変わらないまま)に存在する家族と言われています。

簡単に言えば「健全な家族として機能していない家族」という感じです。一家団らんもなく、子育てもうまくいっていない、そして社会や地域との関わりが健全に機能していない家族です。

家族とは?家族の定義は?

僕の考えている本当の家族というものは以下になります。

夫婦関係が中心で、基礎として、親子、兄弟、近親者の集団で、社会貢献、福祉(幸せ、豊かさ)を追及する目的を共有した機能集団

機能不全家族とは、これらが全然正常に機能していない家族と言うことです。

こういった機能不全家族の中には、親が子供を虐待したり、いじめたり、攻撃が隠された巧妙なモラルハラスメントも隠れていることがあります。被害者が被害者だと分からなくなるまで思考をコントロールされ、心理的に操作されたり、誰かを媒体にして兄弟間で争うように仕向けたりなど。とても複雑に悪化している場合も稀にあります。

家族の定義は、色々調べてみましたがはっきり定まったものはありませんでした。

機能不全家族と機能不全家庭の違いは?

機能不全家族と機能不全家庭の違いは、「家族(集団)」と「家庭(場所)」の違いです。

機能不全家庭というのは、上記した、僕の考えている機能集団が機能していない家族に属する者たちが築いてしまっている間違った家庭(場所)のことです。

アダルトチルドレンの人は感情の虐待を受けてきた

アダルトチルドレンの人は「感情の虐待」を受けてきた人たちです。身体的な虐待は肉体的な虐待です。毒物を飲ませる、首を絞める、髪を引っ張るなど。性的な虐待は性的なことを相手を侵害し傷つけることです。力あるものが弱いものに対し性的な侵害をするのです。強姦もそうです。

そして、「感情の虐待」というのは「相手の感情を傷つける虐待」です。

例えば、

非言語メッセージを使って相手に嫌な感情を抱かせる。

周囲に気づかれないように相手を睨む。

足をこっそり踏んで相手が怒るのを待って「そんなつもりじゃないのに酷い」とすり替えて嫌な思いをさせる。

怒鳴りつける。

軽視する。

無視する。

悪い噂を流す。

ネットで匿名で名誉毀損に該当するような書き込みをして嫌な感情を抱かせる。

嘲笑する。

人前で恥をかかせる。

傷つけておきながら「そんなつもりじゃないのに」と相手の解釈の所為にする。

相手の感情をないものとして封じ込めて決めつける。

濡れ衣を着せる。

このようなことです。

感情の虐待を行う虐待者はネットで名誉毀損をすることもある(証拠画像あり)特定済み

僕たちは、ネット上で謂れもない誹謗中傷を受けました。完全に、向こうが間違っていますので、裁判もやりました。当然、勝訴しました。相手は、名誉毀損を行ったのです。これは犯罪でもあります。その証拠画像は以下になります。

相手は「印象操作」をして「虚偽の告白」を行い「社会的評価を低下」させたのです。これが「事実」です。

印象操作をした
虚偽の告白を行った(本当かのように)
それにより社会的評価を低下させた

これにより、画像にあるように「名誉感情を害した」のです。これも立派な感情的な虐待です。匿名を悪用し、このように身勝手な思いから人に嫌がらせを継続して繰り返す異常者も実在するのです。「感情の虐待を楽しむ者が実在した」ということです。

感情的な虐待をする者は大きく分けて2つのタイプに分けられます。

1、力を使って相手の感情を傷つけるストレートな攻撃的なタイプ

2、涙や弱さを使って相手のほうが悪人に見えるように仕立て上げてからネチネチ、ジワジワ相手の感情を傷つけていく

やり方が、攻撃的か、または、陰湿なものかは別として「結果として、相手の感情を傷つけること」が「感情的な虐待」です。

上記の、裁判までやった件につきましては、「2」の「涙や弱さを使って相手のほうが悪人に見えるように仕立て上げてからネチネチ、ジワジワ相手の感情を傷つけていく」のほうに該当します。こちらが悪人に見えるかのように「成りすまし」や「閲覧者への心理誘導」までしていましたから、知識ある者たちによる悪質な手口だったのです。

こちらが「判決正本」の1部です。名誉毀損において被告は原告に対し172万4000円を支払えと裁判所が命令したのです。人を傷つけるということを軽く見過ぎています。これが「現実」であり「正常な答え」です。虐待者ほどこういったことを大したことないと言う。

やられたほうの傷は深いものです。こういった「感情の虐待をする虐待者」は悪質ですから許す必要はありません。

感情の虐待を受けて自分の感情がわからない

感情の虐待を受けて自分の感情がわからないという人は「本当の自分の感情を感じる」ことが大切です。本当の自分の感情を感じれるようになると幸せだなと思えることが増えていきます。その為の方法は、以下の別記事をご覧下さい。

アダルトチルドレン(AC)から回復した人

アダルトチルドレン(AC)から回復した人は、魅力的で、本当の自分の道をしっかりと見つけて生きている人です。機能不全家庭で育つということは、機能不全ではない普通の家庭で育つのとは違いますから親からの愛情など、必要なものが欠けています。そして、心理的な虐待なども受けてきている。それは、とても大変なことです。

それを、「自分の力で自分に与える」ということがアダルトチルドレン(AC)から回復でもありますので、普通の家庭で育った人よりも「難易度が高い」部分もあるのです。それを回復させるのですから「何らかの能力」となっていくのです。僕自身も、まだまだ回復していない部分がありますけど、アダルトチルドレン(AC)の傷に向き合っていくことで、能力が高まった部分があります。

例えば、自分の気持ちを自分でもわからず、自己理解も皆無。そして、自分の思いを伝えることも出来なかった。文章も何を書いているのかわからないほど支離滅裂だったのですが、「伝える能力」や「文章力」も上がってきましたし「自己理解」も出来るようになってきた部分も多いです。そして、子供のころからずっと心の奥底、潜在意識レベルにある得体のしれない恐怖(酷い悪夢にうなされ続けるほど)も消えました。恐怖はかなり消えました。

一言で言い表すことなど到底不可能なほどの恐怖が消えたのです。悪夢もまったく見なくなりました。

ココ・シャネルもアダルトチルドレンだった!?

実際にどうかわかりませんが、CHANEL創設者ココ・シャネルもアダルトチルドレンだったと言われます。CHANELの力の根源にはトラウマがあったことが深く関係しているように思えます。

My life didn’t please me, so I created my life. –

私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。

引用元:ココ・シャネル【 CHANEL 】素敵な名言|MERY [メリー]

シャネルの語る辛辣な言葉は常に迷いが無く、強い確信に満ちています。時代を先読みする卓越した目線と、大衆を観察する冷静な頭脳と誰にも媚びない批判精神が、ゆるぎない彼女オリジナルのポリシーを構築しています。それが周囲から影響を受けやすいというアダルトチルドレンの欠点を見事に克服しています。

引用元:ココ・シャネルはアダルトチルドレンだった?辛い過去から幸せを切り開いた6つのポイント – cotree(コトリー)

アダルトチルドレン(AC)回復過程

まず、アダルトチルドレンの心の傷は、子供の時に受けているものです。子供は潜在意識(無意識)への影響が大きいので簡単に潜在意識(無意識)に刷り込まれていきます。そして、自分が処理できないほどの大きな出来事(虐待、心理的な虐待、ネグレクトなど)によって生まれた感情は「未処理の感情」としてトラウマとなります。

そして、こういった未処理の感情、心の傷は、同じような出来事を再現しようとします。だから、虐待された人は虐待する人を選びやすかったり、暴力を振るわれた人は選んだ人が暴力をふるう人だったりするのです。

なので色々なことを「再認識」しなければいけないのです。

再認識については以下の2記事をお読みください。

心の傷ではなくなる再認識や、心の傷が増えないための再認識が出来れば、傷も減っていきます。

心が傷つく家庭で育ち、心が傷つく出来事が何なのかを理解しないまま育ったことで「未処理の感情」がたくさん増えてしまったのです。

つまり、コントロールされ、支配されることで「未処理の感情は増えていく」のです。逆に、本当の自分を大切にして本当の自分と繋がれば「未処理の感情は減っていく」のです。

以下は、僕自身が一部回復していった流れとなります。

自分の心の傷を自覚し、向き合う。被害者性を吐き出す。感情を吐き出す。何度も何度も感情を吐き出すのです。子供の時の自分の本音の感情です。今まで封じ込められてどんな感情かさえもわからなかった本当の自分の感情です。それを、自分が自分の親となり受け止めてあげます。「さみしかったな。助けてあげられなくてごめんな」と。すると、心の中の小さな自分と繋がり、少しずつ傷が癒されていきます。

心の中の小さな自分が育ってくると、被害者性が消えていき、自分の加害者性に目を向けることが出来るようになってきます。自分も人を傷つけていた。自分もたくさん迷惑をかけてきた。あの人も辛かったと思う。など。そうして人は人間的に成熟していくのです。

1、自覚のない心の傷に向き合う。または自覚している傷に向き合う。
2、被害者性を吐き出す。感情を吐き出す。恨みも吐き出す。何度も何度も感情を吐き出す。
3、自分で自分を助けてあげたり守ってあげる。心の中の小さな自分の親となる。
4、囚われから解放されて自分の加害者性にも気づきバランスよく見れるようになっていく。

このような流れを、心の中の冷たい氷山がゆっくり溶けていくような感じです。時間がかかります。

アダルトチルドレンの心の傷を回復させていくには、自己学習が必要不可欠です。

アダルトチルドレンだったからこそ自己信頼を手にすることが出来る

「自己信頼」というのは、本当に難しいことです。本当のことを言うだけで攻撃を受ける場合もあります。そして、気が狂いそうになるほど事実をすり替えられることもあります。そして、自分を見失って自分を裏切る人もいます。

アダルトチルドレンの人たちの機能不全家庭にはこういった「自分を裏切らないといけなくなるほどの辛い出来事」があることもあります。だからこそ、本当の自分を大事にすることが出来るようになりますし、自分が自分の親となり強くなれるのです。「何がっても曲げないぞ」という強い気持ちを持つことが出来るのもアダルトチルドレンのスケープゴートタイプの特徴です。

トラウマは、自分が強くなるために再認識の要求をしてくれます。使い方によってはプラスにもなるのだと僕は思っています。マイナスもプラスもコインの表裏のようにセットです。トラウマを抱えたからこそ、苦しんだからこそ、反対のことが必ずあるはずです。

<<下に続く>>

あなたがトラウマで苦しんでいるなら、トラウマを克服した先に、あなたの魅力が眠っているのだと思います。大事なことは諦めない事です。やまない雨はない…。明けない夜はない…。と言われるよう、苦しみは永遠ではないのです。自分が自分らしく生きていくために必要な経験をしているのです。諦めなければ必ず希望の光が出てくるでしょう。

アダルトチルドレンで心が苦しい・生きづらい・辛い

アダルトチルドレンの特徴としては自己肯定感が低い、自信がない、自分を認めることが出来ない、対人不安、自分や他者を過度に批判してしまう、相手を敵か味方かで判断してしまう、見捨てられ不安、依存が強い、完璧主義、感情で決めつけてしまう、断れない、不安が強い、などです。

こういった苦しさの原因となっているのは「歪んだ認知」です。認知の歪みの10パターンにあるように「完璧主義」や「白黒思考」なども苦しさの原因になります。僕も、この2つによって長い間、苦しみました。三つ子の魂百までというように、3歳までに刷り込まれたことは100歳まで続くほどの強力な影響があります。

理由は、潜在意識(無意識)に刷り込まれているので、潜在意識(無意識)レベルで強力に作用してくるからです。あなたの無意識の習慣1つ変えるのにどれだけの時間がかかりますか?習慣を変えるのは個人差はありますけど、数か月はかかるものです。それが10個、100個とあれば?簡単に潜在意識(無意識)を変えることは、なかなか出来ないことがお分かりいただけますよね。

だけど、1つ1つやっていけば、進んでいけます。だから歩き続けることが大事なのです。どの道を歩けばよいのか。それは、「本当の自分の感情が指し示す方向」です。あなたの人生は、あなたものです。他人のものではありませんから。

感情の虐待はダメージも大きい、その傷を癒すには?

感情の虐待は、身体的虐待のようにマイナスな影響を与えます。見下したり軽蔑したり、怒鳴ったり、無視したり、必要な事を教えずに馬鹿にしたり、怒鳴りはしなくても視線などの非言語的メッセージで嫌なものを送る、悪い噂を流したり、嘘を広めたり、事実に嘘を混ぜてイメージ操作したり、人前で嘲笑したり、集団でイメージを低下させるようなことをしたりなど、感情の虐待によるダメージは、とても大きいのです。

そして、人は自分の傷と向き合います。癒したいから。癒すには「理解」が必要です。理解とは、物事の道筋をもって解くことです。過去の傷に、誠実に、道筋をもって、過去の感情を紐解き、解放すると癒されます。間違いなく。僕は、誰にも相談できなかったので、1人で、自分の傷に正直に、誠実に、向き合いました。そして、道筋をもって、過去の感情を紐解き、解放して吐き出しました。気が狂うのではないかと思うほど。

その結果、徐々に、本当に癒されていく傷がありました。そうやって、無数にある心の傷を癒すことが大事です。感情はね、吐き出すと良いのです。過去の辛かった感情を吐き出すのです。そして、自分が自分の親となり「大丈夫だよ。僕(私)はあなたの味方。絶対に見捨てない。裏切らない。」そう約束してあげると、徐々に、心の中の傷ついた小さな自分が、自分を信じてくれるようになってくるのです。

自分の感情を大切にすること。

アダルトチルドレン克服で大事なことは自己犠牲をやめること

アダルトチルドレンの克服に大事なことは「潜在意識(無意識)」「認知の歪み」なのですは、これは先にも書いた通りです。

「潜在意識(無意識)」は、あなたもご存知のように、人には意識と無意識があります。そして「認知の歪み」ですが、これはストレスを生み出してしまう考え方のクセのことです。このストレスを生み出すネガティブで偏った考え方のクセが、機能不全家庭で育ったことにより、心理的な虐待、感情の虐待を受け、無意識に刷り込まれているのです。

だから、無意識のうちに、自分で自分を傷つけるようなことをしてしまうのです。自分への虐待ですね。自分への虐待や、ストレスが強くなってしまう考え方の癖として「認知の歪み10パターン」があります。このような10パターンを知ることで修正もしやすくなりますので1度見てみて下さい。

そして人間は、ほぼ無意識で思考し行動しますから、無意識にストレスを生み出すネガティブで偏った考え方のクセが刷り込まれ、更にそれが自動で作動しているのですから、苦しんで生きづらくなるのは当然なのです。ですので、「根っこから解決しないと問題の根本的な解決には繋がらない」という事です。

アダルトチルドレンの方は、弱かったわけでもダメだったわけでもありません。強いか弱いかで言うのであれば、逆に強かったから他の人間の弱さからの攻撃を受けていたのです。

 

お人好しな人は、もういいんです。

もう誰かのものを背負わなくていいんです。

もう誰の苦しみも背負う事はしなくていいんです。

もう沢山頑張って頑張り続けたのだと思います。

もう区別して離れていいのです。

その優しさを今度は自分に向けてあげることが大切です。

 

親からの支配

アダルトチルドレンの方が回復していく通過点でインナーペアレントという内なる親・脳内の親との対決や解放が必要になってきます。小さい頃から親に否定されたこと、否定的な評価をされたことに自分が支配されています。心の中に親イメージが住み着いているのです。

その親イメージが子イメージを大切に育てるのが親イメージの役割ですが、機能不全家族で育ったことにより、親イメージは子供イメージを欺き騙しいじめるイメージがあるのです。 そのイメージを書き換えて健全な親と子のイメージにするためには、内なる親との対決や解放、そして内なる親を育てるという事が必要です。

内なる自分に「今まで気持ちをわかってあげなくてごめんね。これからはあなたの気持ちを一番大事にするから」と自分に言ってあげましょう。辛かった自分を自分の力で助けてあげるのです。「自分が自分の親になる」のです。

そして、誰しも間違いがあります。大事なことは「今」からです。本人さえ変わる気になればいつでも変われると思っています。自分を大事にしてあげることが何より大切です。あなたの思考と感情を大切にしてあげましょう。

親の呪縛を解放し、自分が自分の心の中の自分を守ってあげるのです。心の中にいる支配者に打ち勝つのです。

虐待を受けた人を理解できるのは虐待を克服した人だけ

機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法【虐待根絶マニュアル】の詳細ページに書かれていることですが、虐待を受けた人の心を本当の意味で深く理解できるのは、自分も虐待を受けた経験を持ち、そのトラウマを克服できた人だけです。

僕の場合は、複雑巧妙な心理的な虐待をされたきたこともあり、アダルトチルドレンの中で最も傷が深いと言われるスケープゴートタイプです。アダルトチルドレンの中でも、スケープゴートタイプは理解が難しいんです。宗教や犯罪にも詳しく、スケープゴートタイプにも詳しい専門家は殆どいません。

特に僕の場合は、宗教などの問題もあり根深い問題があるので、基本的に自分で学んでいく必要があるので、独学で学び自分で自分を理解していくしかないのです。スケープゴートタイプに詳しく、犯罪心理、サイコパス、ソシオパス、巧妙なモラハラ、ガスライティングなどの知識がなければ癒えないのです。

根深いアダルトチルドレンのスケープゴートの傷を癒す方法は、自分でわかっている。その方法は「理解」です。これは皆、共通しています。「理解」=「癒し」なのです。「理(物事の道筋)」をもって「解く」ことで癒されるのです。傷を核として纏まっている感情を理で解く。それが理解であり癒しです。

右が、潜在意識にある傷を核として感情が纏まっているもののイメージ。これを、「理(物事の道筋)」をもって1つ1つ「解く」ことで、徐々に癒されてくるのです。僕は、自分を自分で理解して癒すために、その作業をやっています。スキーマ療法が2年3年、もしくは、生涯かけて取り組むくらい長い時間をかけるように、時間のかかる人もいるのです。

しかし、歩き出さなくては克服していけません。虐待の連鎖を止めたい。そう思うのなら、こちらの【虐待根絶マニュアル】を手に入れてみて下さい。

【虐待根絶マニュアル】は虐待による心の傷と闘い・癒すためのもの

【虐待根絶マニュアル】は、機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンの虐待のトラウマを解消できる方法です。マニュアル作成者(岡田ユキさん)自身が虐待のされた過去があり、その体験を活かしてカウンセラーとして活動し多くの方のトラウマを解消されてきた方法がマニュアル化されたものです。

岡田ユキさんの動画がユーチューブにありました。

実際に、虐待を経験していないカウンセラーのもとにアダルトチルドレンの人が相談にいくと「理解力の無さからさらに深く傷つけられる」ことがあります。それは、選ぶカウンセラーを間違えてしまったのです。そんな方にこそ、このマニュアルを試していただきたいと思っています。

岡田式AC判別法とは?

【虐待根絶マニュアル】の岡田式AC判別法というのは、岡田ユキさんが、「どうすれば虐待の連鎖を断ち切ることができるのか?」と、長年、被虐者へのカウンセリング、そして、音楽療法を基に研究を重ねたことで辿り着いた「虐待の連鎖を断ち切るために重要なAC判別法」です。

薬を使わない精神科医も推薦している方法です。

どうして、この判別法が重要なのかということを僕の考えで言うならば、先ほども書いたように、虐待を経験していないカウンセラーのもとにアダルトチルドレンの人が相談にいくと「理解力の無さからさらに深く傷つけられる」ことがあります。それは、そのカウンセラーが岡田式AC判別法の50%の部類に入るタイプにしか対応できないカウンセラーだからでしょう。

 

岡田式AC判別法の動画がユーチューブにありました。

岡田式AC判別法は、3つのタイプに分けられます。50%、100%、200%の3つです。簡単に説明しますと、

50%は「全然できていないのに、100%やっていると思い込んでいる」、

100%は「機能している家庭で育った普通の人」、

200%は「酷い家庭で育ち普通の人の2倍(200%)やっても全然できていないと思い込んでいる

このような感じです。

最初に、この判別をしないまま、200%の人が、50%の部類に入るタイプにしか対応できないカウンセラーのもとに相談してしまったら、傷つけられるのは目に見えています。

200%のほうに入る一部の酷いパターンは、普通のカウンセラーでは対応できないでしょう。

ですので、アダルトチルドレンの人の一部は、精神科医や、カウンセラーを敵視する人もいますけど、それが正常な反応なのです。理解されず、お金だけ払い「あなたのやる気がないからだ」と扱われたらお金を払って傷をえぐってもらったようなものですから敵視して当然です。そういった方におすすめしているマニュアルです。

【虐待根絶マニュアル】を手に入れるとどうなるか?

【虐待根絶マニュアル】を手に入れるとどうなるか?については、販売ページから引用させていただきます。

この教材を手に入れると・・・

  • 50%、100%、200%の見分け方が分かり、対処法が明確になります!
  • なぜ虐待が起こるのか?虐待の実態が理解できます!
  • 長年、疑問に思っていたことがスッキリと解消できます!
  • 今まで欲しかった「答え」がハッキリとわかります!
  • フワフワしていたのが地に足がついて生活できるようになります!
  • 新しい人生をスタートさせることができます!
  • 自分を虐待してきた親への対処方法がわかります!
  • 自分の中にあった「宝」に気づくことができます!
  • 自分の中に一本線が入り、迷いがなくなります!
  • 何が正しくて、何が間違っているのかの基準が明確になります!
  • 人に利用されなくなります。人に騙されなくなります!
  • 自分の過去の努力が全て報われます!
  • 自分で自分の幸せを潰してしまうことがなくなります!
  • 「虐待」と「躾」の違いを知ることができます!
  • 自分がアダルトチルドレンであるかどうかがわかります!
  • 自分らしく生きられるようになります!
  • セックス依存症、リストカットなどを克服することができます!
  • 自分に自信を持つことができます!
  • 「虐待の負の連鎖」を断ち切ることができます!
  • 異性と上手につきあえるようになります!
  • 素敵な彼氏、彼女ができます!
  • 自分自身への罪悪感が消えます!
  • 結婚して子供をつくることへの恐れを解消できます!

引用元:虐待根絶マニュアル

【虐待根絶マニュアル】が必要かチェックする

【虐待根絶マニュアル】が必要かどうかをチェック出来ます。

実際に心療内科の先生も現場で使っているものだと書かれていました。

      

  • 1.親から褒められたことがない
  •   

  • 2.他人から褒められても信じない
  •   

  • 3.優しい言葉をかけられると嬉しい反面 少し居心地(慣れないために)が悪くなる
  •   

  • 4.寝ているときはたまに歯ぎしりをする
  •   

  • 5.自分は悪くないのにその場の雰囲気で無意識に謝ってしまう
  •   

  • 6.時々深い孤独感(ポッカリ感)で押しつぶされそうになる
  •   

  • 7.優しい人と思われているようだが 時として我慢の限界で切れるときがある
  •   

  • 8.他人から子どものように物事を教えてもらうのは心地よい
  •   

  • 9.あまり嬉しくなくても他人に接すると無意識にニコニコしてしまう
  •   

  • 10.恋人や伴侶とベッドを共にしてもSEXするのではなく 寄り添って眠りたいと思う

引用元:虐待根絶マニュアル

上記の中から5つ以上当てはまらない人は、この教材は不要だとのことです。チェックして5つ以上当てはまらない場合は、【虐待根絶マニュアル】を買わないでください。

僕は、6個当てはまりました。

メールサポートが60日間も受けることが出来る

【虐待根絶マニュアル】の、スペシャル特典として、メールサポートが60日間も受けることが出来る特典があります。こちらは、個別のメールカウンセリングでのサポートを「回数無制限」で受けることが出来るので、悩み解決に一気に近づけますね。

他の特典としては、対面カウンセリング(東京都新宿区の公共施設にて)を特別価格で受けることが出来る特典もついています。メールだけじゃ物足りない人にもおすすめです。

 

虐待のトラウマを克服したい人はぜひ手に入れて下さい

 虐待根絶マニュアルの詳細

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. しゃけ鍋いべー

    何回か、親を*す計画をしました。
    実際、できませんでした。

    何回か、自分を*す…つまり**も企てました。
    でもやはり実際、できませんでした。

    死ねないから生きる道を選んで、まだ寿命まで時間がありそうだから、ちょっとこういう事に取り組んでみるか…
    という感じで生きていますが、人間心理を学べば学ぶほど面白いと感じるから、上記の事柄を実行しなくて良かったと今は思えます。

    自己評価が低すぎて、どうやって生きていけばいいのか、途方に暮れていましたが…ちょっとだけでも***********と感じれる事が幸せかも、と思い直しました。
    自己評価が低いぶん、幸せのハードルが周りの人より低いから、些細なことが幸せだと思えるのかも。
    そういう見方をしたら、自分はすごく幸せ者かもしれない…

    苦しい人たちが、少しでも苦しくなくなるといいなと漠然と願います。(自分も含め)
    良い記事をありがとうございましたm(__)m

    • コメントありがとうございます。

      すべてに行き詰ってしまって、その理解を自分も他人も家族もしてくれない絶望の中、
      人は親を*したり、**をしようとする場合があるのだと思います。
      その闇を解くには「深い理解」なんだと私は思っています。

      その深い理解は、自分で行うからこそ効果も大きいのだと思うんです。
      自分で自分を理解してあげる。それが自分が自分の親になるということ。
      そうすることで自分が自分をありのまま認めることが出来、自分を信じていける。

      そういう関係が自分と自分の間に出来てくると、
      仰っている些細なことを幸せだと思えるようになってきたりします。

      しゃけ鍋いべーさんは、たくさん苦しんだ中、
      今、自分への理解、自分を信じる道、自分を育てる道へと入りだしたのではないでしょうか。

      自己評価が低い理由に気がついたら、自分を回復させてあげて
      自分に優しくしてげて下さい。

      あなたの価値を決めるのはほかの人ではなく、あなた自身で決めていいんです。

      以下は、私の好きな名言の1つです。

      ─────────────────────────────
      “自分の価値は他人ではなく自分で決めるもの”

      人種差別に反対した。そして、世界中の人の権利を守るために活躍した。
      アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻
      Elenor Roosevelt(エレノア・ルーズベルト)
      ─────────────────────────────

      何か、苦しみからの脱出の参考になれば幸いです。

  2. 兄、姉、私の3人兄弟で、母子家庭です。
    最近ACやインナーチャイルドという言葉を知りました。
    そしてそれが、自分の事かも?と思うようにもなりました。
    私は愛情をいっぱい受けて幸せだと思い込んでましたが、過去を振り返ると空っぽな事に気付きました。
    母との記憶がほとんどありません。
    悲しくて苦しくて、1人になると涙が止まりません。
    全部母親に打ち明けたいですが、なにもかも壊れてしまいそうで怖いです。
    このまま黙っておくべきか悩んでいます。。。

  3. ∞ひめくるみ∞

    よく○○してはダメとか、子供の時に親に言われました。

    私の友達も、子供の時に母親に色々言われてたな。

    「結婚前の女性は男性と話してはダメ。」→もしものことが有ったらダメやから。

    「テレビも男性が映ってるから、ダメ」→目が合うと、もしものことがあるから。

    「カタカナの食べ物ダメ」→日本人やから。

    これを、思春期である中学生の時に、
    散々言われてました。

    私も横で聞いてて、
    「ダメなのか…」
    ってなったけど、

    すぐにこの母親の言ってることは、変だと分かりました。

    私は男性が苦手やけど、日常生活(買い物先のレジとか)では、男性と話をするし、男性と目が合うと“もしものことがある”と言うのが、何か分からない。

    3*年生きてきたが、男性と話をしても、“もしものこと”なんてなかった。

    束縛しすぎかな?

  4. 自分が自分の親になる…

    そのための方法が、この〜絆〜ってサイトにもぎっしり詰まっているように感じます。

    大事なのは、自分がどうしたいか

    どう役立ちたいか

    ってことなんでしょうね。

    • 絆や、このブログには、ぎっしり詰まっています(笑)大事な事を私なりにですがたくさん書いてきました。

      自分を優先していいんだって気づいて欲しいですね(^^)/

  5. 自分をいつわり、思っていることを口にできず、思い描いた生活ができない人はたくさんいると思います。その苦しみから脱却できたらいいなと思います。

    • 親を傷つけてしまいたくないから、自分を犠牲にして口に出来ない人は沢山います。その苦しみから脱出して、親の犠牲にならなくてもいいんだって気づける人が増えて欲しいですね(^^)/

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)