子供が不必要な嘘をつかなくなった。

子供が嘘ばかりついて困っている親がいました。

親はこう言います。

『なんで嘘つくんだよ!この腐れ嘘つきが!まともにやれ!』と。

そして、子供がどんどん嘘つきになっていきました。

 

また別の親はこう言います。

『本当に申し訳なかった。お前が嘘をつかなくていけないくらい親が苦しめたことが良く分かった。本当にすまなかった。そこま追い込んでいた親のせいだ。やっとわかったよ。不必要な嘘をついて苦しかっただろ。すまなかった』

そして子供は不必要な嘘をつかない子になり自然になれたので心が楽になれたとのことです。

 

北風と太陽のお話みたいですね(#^^#)

これが『不条理は親に帰す』ということです。

親から借りた不条理を子供に貸し付けてはいけないのですね。

親から借りた不条理は、気付いた時に、親へ帰すのです。

本当の意味に気づいた時に、不条理に、親に感謝して帰すことが出来るでしょう。

成長させてくれてありがとう。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)