トラウマで人が怖い? 家に配達員が来ても怖くて出ることが出来ない時期があった。その苦しみの克服方法とは!

308 views
約 2 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
トラウマで人が怖い? 家に配達員が来ても怖くて出ることが出来ない時期があった。その苦しみの克服方法とは!

家に配達員が来ても怖くて出ることが出来ない…。配達員が怖いわけではない。だけど出れない…。人が怖い気がするけど人が怖いというのとはちょっと違う。自分がどうしてそんな状態になってしまったのか…。理由もわからず苦しんだ時期があります。そんな苦しみも綺麗に消えた方法が「サヨナラ・モンスター」です。

僕の場合は、トラウマによって「家に配達員が来ても怖くて出ることが出来ない」という状態になったことがあります。トラウマというのは「過去の大きな心の傷」です。簡単に言えば、そのトラウマとなる出来事に遭遇した時に、それに対処しきれなかったことで出来たものです。

<<下に続く>>

僕の場合は、心理的な虐待、心理的な攻撃、無意識へ働きかける催眠、巧妙なモラルハラスメント、暗示、嘘による陥れ、スケープゴート、そういった数々の処理しきれなかった体験がトラウマとなっていたのです。このトラウマは1人で向き合うと苦しいです。だけど、僕のような特殊な場合は、1人で向き合うしかありません。半端な者に頼ったら傷が深まるだけですから。

そういった複雑なトラウマは、フラッシュバックしたり、悪夢として現れたり、本当に苦しい。だから安全を確保して、過去に処理しきれなかった問題を、回復してきたあとに自分の力で解決してしまうことで克服出来ます。僕は時間がないと思ったので回復を待たずに荒療治で行いました。

回復をする。そして、恐怖に突入する。知り尽くす。対処能力を身につける。反撃も時には必要。

これが、「克服方法」です。

実際に、僕は様々な問題を克服し、恐怖も大幅に減らすことに成功しました!

あれだけ酷かった悪夢も、まったく見ません!!!

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)