Google検索

『逃げるな!』という名の都合の良い考え

『逃げるな!』
『逃げるのは良くない!』
『逃げるのはダサい!』

このように、逃げること = 凄く悪いモノだと思い込んでしまっている方もおられます。
そう思い込むと苦しいことが増えるので、新しい考え方を身に付けることをおすすめします。

逃げることは良いこともあるし、悪いこともある。

ということです。

しつこく嫌がらせをしてきたりする人から逃げることはダサい事でもなく、カッコイイし賢いし、時間を大切にしているし、生産的だし、いいことだらけなのです。

それなのに何故、『逃げるのは良くない!』『逃げるのはダサい!』と思い込んでいる方が多いのか?
それは『逃げてもらっては困る人たちが流した風潮』です。

それ本当にあなたの症状ですか?に記載したストレスを押し付ける側の人は逃げてもらってはストレスの押しつけが出来ないので困ります。ですので『逃げるのは良くない!』『逃げるのはダサい!』という風潮を作ったほうが便利にストレスを押し付けることが出来るのです。

『逃げるのは良くない!』『逃げるのはダサい!』は極端な考えで認知の歪みです。

正しくは、先ほども書きましたが『逃げることは良いこともあるし、悪いこともある。時と場合によって全然異なる。』のです。

<<下に続く>>

引きこもりや対人恐怖の人は、無意識で『ストレス処理係』とされていることが分かっているけど、意識では分かっていないので、それ以上ストレス処理係になるのは危険なので、無意識からブレーキをかけてきますので、ブレーキの結果、症状が出て、外が怖くなるのです。正しい反応です。

ですので引きこもりや対人恐怖の人は、まず自分がストレス処理係にされていることを理解しましょう。理解は癒しなので自分の理解で自分を癒せます。そして理解出来たら次はストレス処理係にならないように抜け出して下さい。

この話を理解する為に役立つ本があります。

それはこちらです。

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。