原因不明の不調は、「腸内フローラの乱れ」⇒「腸の炎症」⇒「脳の炎症」⇒「原因不明の不調」の可能性があります。
腸内フローラのバランスを整える

「逃げてはいけない」という名の「支配」…。「堂々と逃げる勇気」を持ってください。

「逃げてはいけない」という名の「支配」…。「堂々と逃げる勇気」を持ってください。

逃げるな!
逃げるのはよくない!
逃げるのはダサい!

このように「逃げること 」=「凄く悪いモノ」だと思い込んでしまっている方もおられます。このように思い込むと苦しいことが増えるので、新しい考え方を身に付けることをおすすめします。

逃げることは、良いこともあるし、悪いこともある。その時々や人によって違うこと。だから誰かに決められるようなことではない。自分の生存のために逃げるほうが良い場合は堂々と逃げても良いと思います。戦うために逃げて、自分の人生を生きるために逃げるのなら、素敵なことだと思います。

ということです。

例えば、しつこく嫌がらせをしてきたりする人から逃げることはダサい事ではありません。それは、自分を自分で助けている証拠です。もしも、嫌がらせを受け、自殺をしてしまうような子に「本当の逃げる場所」があったら自殺はしただろうか。僕は、「本当の逃げる場所」さえもなかった。のだと思います。心の中では、無数の支配者の言葉に支配されていて、逃げる道をふさがれていたのではないかと思うことがあります…。

だから、僕は、こう言いたいのです。「堂々と逃げる勇気を持ってください」と。

そしてこちらの本も是非読んでみて下さい。

例えば、あなたはゲームのドラゴンクエストを知っていますか。勇者、戦士、僧侶、魔法使いなど、それぞれが違った能力を持っている者たちが力を合わせて冒険してボスを倒すゲームです。自分のレベルを上げるために敵を倒して経験値を獲得して成長していきます。そんな敵と遭遇した時に勝てない場合は「逃げる」という選択肢もあります。つまり勇者であっても逃げるというわけです。

それなのに何故、「逃げるのは良くない!」「逃げるのはダサい!」と思い込んでいる人が多いのか?それは「逃げてもらっては困る人たちが流した風潮」の場合もあります。

<<下に続く>>

「それ本当にあなたの症状ですか?」に記載したストレスを押し付ける側の人は逃げてもらってはストレスの押しつけが出来ないので困ります。ですので「逃げるのは良くない!」「逃げるのはダサい!」という風潮を作ったほうが便利にストレスを押し付けることが出来るのです。

「逃げるのは良くない!」「逃げるのはダサい!」は極端な考えで認知の歪みです。

正しくは、先ほども書きましたが「逃げることは良いこともあるし、悪いこともある。時と場合によって全然異なる。」のです。

引きこもりや対人恐怖の人は、無意識で「ストレス処理係」とされていることがありますが、意識では分かっていないので、それ以上ストレス処理係になるのは危険なので、無意識からブレーキをかけてきますので、ブレーキの結果、症状が出て、外が怖くなるのです。正しい反応です。

ですので引きこもりや対人恐怖の人は、まず自分がストレス処理係にされていることを理解しましょう。理解は癒しなので自分の理解で自分を癒せます。そして理解出来たら次はストレス処理係にならないように抜け出して下さい。自分の人生を生きることが大切です。

この話を理解する為に役立つ本があります。

それはこちらです。

ぜひ、読んでみて下さい。

「逃げてはいけない」という名の「支配」に負けずに「堂々と逃げる勇気」を持ってください。

自分を「回復」させて「改善」しよう

みんなが選んだ人気の自己学習教材

自分で自分を救うための教材一覧

関連コンテンツ

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!

続きをメール購読

コメント投稿(承認制)
・運営者からの返信は必ず行うものではありません。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


あなたが、あがり症を克服したいと思うのなら「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」の2つが必要なことです。この2つを意図して制作された正しい改善方法をお試し下さい。