「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。

461 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。

1つ1つを正確に書き出すことで過剰な恐怖は減る

「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。その理由は「恐怖のほとんどが妄想、そして1つ1つを正確に書き出す(アウトプット)ことが妄想を消していくから」です。(

乱れたものを整えると蜘蛛恐怖症が治った

過剰な恐怖は「知らない」から起こっているのです。つまり「知ってしまえば怖くなくなる」のです。僕は過去にかなりの蜘蛛恐怖症でした。部屋に出た蜘蛛をパートナーにとってもらっていたこともあります。そんな酷い蜘蛛恐怖症が治った理由は(https://bright-ms.net/post-7250/)に書いています。

本当は蜘蛛が怖かったわけではなかったのです。本当に恐怖していることに気づくことが出来なかったからです。本当に恐怖しているものを明確にしたことで蜘蛛への恐怖は劇的に消えていきました。今では「蜘蛛って可愛いな」と思うこともあるほどです。本当のことを知らないと得体の知れない恐怖になる。

<<下に続く>>

蜘蛛恐怖症も悪夢障害も、その他の様々な問題や苦しみ。これらは「書くこと」から始まって癒されていったのです。人は「書くこと」を恐れます。しかし書き続けると恐怖は消えていきます。1つ1つを正確に書き出す努力をしていくのです。その1つ1つが自分の中にある乱れたものを整えてくれるのです。

自分の中にある乱れたものが「過剰な恐怖」を作り出していたり「本当の恐怖の対象を勘違い」していたりする。そういった”乱れたもの”が1つ1つ整っていくと過剰な恐怖は消えてきますし真の恐怖も明確になってきます。

書くことが成長に繋がり成果も生み出す

「書くこと」は今すぐにでも始めることが出来る「自分で自分を救い出す方法の1つ」です。インプットして、そして、書き出す。この繰り返しによって劇的な成長を遂げて、その成長が本当の自分の軸を作り出してくれます。書くことは「成果」や「成長」に大きく繋がっていくのは間違いありません。

実際に「Plus」という会員制のサイトの会員様も「文章を書くようになってから自分が強くなった!」とか「文章を書くようになってから良いことが増えた!」と喜んでいる人たちが大勢います。自分のために「書くこと」を繰り返した人たちは身をもって体感しているのです。

自分の極度な恐怖を大幅に消した方法

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 何故「書くこと」が恐怖を減らすのか?
    ただ字を読むだけでは意味が理解できませんでしたが、後の説明を読むにつれて「書くことで頭の中が整理されていくからこそ、自分が知らないことが何かが見えていく」から、知らないことからくる曖昧な恐怖をひとつずつ打ち消すことができるのか、と納得できました。

    • 納得が出来たとのことで良かったです。

      特に、サヨナラ・モンスターの方法で書き出していくことで、
      僕自身、ひどい恐怖を大幅に減らすことが出来ました。
      カルト並みのマインドコントロールをされたいた状態からの回復です。

      自分に合った「書き出す」方法を見つけると良いですね。

  2. 1、パートナーに退治を頼むほど怖かった蜘蛛が、「書くこと」だけで本当にかわいいと思えるほどになるのか?疑問に感じました。

    2、自分で過剰な恐怖を作り出し、自分の乱れたものを整えること(書くこと)で過剰な恐怖が消えていき、真の恐怖が見えてくる、というところは納得しました。確かに一度怖いと思うと、理由も分からず何もかもが怖く感じてしまうからです。

    • はい。確かに僕の「パートナーに退治を頼むほど怖かった蜘蛛恐怖症」は「書くこと」で消えました。
      嘘偽りありません。それはパートナーがよく知っています。
      ただ、単純に書くだけ…というわけではありません。
      サヨナラ・モンスターの教材でお伝えしている方法、それら全体が機能したことで、
      僕の「パートナーに退治を頼むほど怖かった蜘蛛恐怖症」が消えたのです。

      「2」に関しては、その通りです。

  3. 疑問に思ったことは、正確に書くことができなければ、
    恐怖を減らすことはできないのかということです。

    納得できたことは、ひとつひとつ正確に書き出していくことで、
    自分の中にある乱れたものを整えてくれるということです。

  4. 書くことで自分の心の中の整理ができて、書くことで心の本当の恐怖心を見つけることで、徐々に回復してくるという過程があるということが納得できました。書くことや文章にしてみると、意外なことから、自分の心の中で起こっている変化に気付くことができると想定できます。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)