「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。

「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。

1つ1つを正確に書き出すことで過剰な恐怖は減る

「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。その理由は「恐怖のほとんどが妄想、そして1つ1つを正確に書き出す(アウトプット)ことが妄想を消していくから」です。(

乱れたものを整えると蜘蛛恐怖症が治った

過剰な恐怖は「知らない」から起こっているのです。つまり「知ってしまえば怖くなくなる」のです。僕は過去にかなりの蜘蛛恐怖症でした。部屋に出た蜘蛛をパートナーにとってもらっていたこともあります。そんな酷い蜘蛛恐怖症が治った理由は(https://bright-ms.net/post-7250/)に書いています。

本当は蜘蛛が怖かったわけではなかったのです。本当に恐怖していることに気づくことが出来なかったからです。本当に恐怖しているものを明確にしたことで蜘蛛への恐怖は劇的に消えていきました。今では「蜘蛛って可愛いな」と思うこともあるほどです。本当のことを知らないと得体の知れない恐怖になる。

蜘蛛恐怖症も悪夢障害も、その他の様々な問題や苦しみ。これらは「書くこと」から始まって癒されていったのです。人は「書くこと」を恐れます。しかし書き続けると恐怖は消えていきます。1つ1つを正確に書き出す努力をしていくのです。その1つ1つが自分の中にある乱れたものを整えてくれるのです。

自分の中にある乱れたものが「過剰な恐怖」を作り出していたり「本当の恐怖の対象を勘違い」していたりする。そういった”乱れたもの”が1つ1つ整っていくと過剰な恐怖は消えてきますし真の恐怖も明確になってきます。

書くことが成長に繋がり成果も生み出す

「書くこと」は今すぐにでも始めることが出来る「自分で自分を救い出す方法の1つ」です。インプットして、そして、書き出す。この繰り返しによって劇的な成長を遂げて、その成長が本当の自分の軸を作り出してくれます。書くことは「成果」や「成長」に大きく繋がっていくのは間違いありません。

実際に「Plus」という会員制のサイトの会員様も「文章を書くようになってから自分が強くなった!」とか「文章を書くようになってから良いことが増えた!」と喜んでいる人たちが大勢います。自分のために「書くこと」を繰り返した人たちは身をもって体感しているのです。

自分の極度な恐怖を大幅に消した方法

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「書くこと」は恐怖を減らしてくれます。ただ書くだけでは意味がない。1つ1つを「正確に書き出す」ということが恐怖を減らしてくれるのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)