「わかっちゃいるけどやめられない」という矛盾する心理!自分の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態のことを「認知的不協和」と言います。

31660 views
約 3 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
「わかっちゃいるけどやめられない」という矛盾する心理!自分の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態のことを「認知的不協和」と言います。

わかっちゃいるけどやめられない」という矛盾する心理。

これは「認知的不協和」と言って、自分の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態のことを言います。

自分にとって好ましくない、不快、嫌な出来事などが起きた時に自分の行動を変えるのではなく、自分の解釈の仕方を変えることを言います。

例えば、

・自分はお金が欲しい!

・しかし成功しないぞ…

この2つの認知を同時に抱えると「お金が欲しいのに成功しない…」ので「不快」ですよね。

不快なので、成功のプロセスを正しく踏まず、思い込みで認知を変えるために新しい認知を追加して既存の認知の効果を弱める場合があります。もっと簡単に言えば「行動して変えること」をしないで「認知だけを変える」ことで「思い込み」を作り出すということです。

なぜか?

正しいプロセスを踏むよりも妄想で思い込んだ方が楽な気がするからです。

例えば、覚醒剤は「元気の前借り」とも言われ、一時的に元気になれるけど後で脱力感が酷いので、正しいプロセスを踏む事よりも妄想で思い込む方に似ています。思い込んで妄想した結果は、やがてマイナスの結果として出てくるでしょう。

話は戻りますが、先ほどのお金の矛盾に新しい認知を追加して以下になります。

・自分はお金が欲しい!
・しかし成功しないぞ…
・金持ちは汚い!※追加
・金儲けは良くないことだ!※追加
・政治は汚い!※追加
・国は汚い!※追加

<<下に続く>>

このように赤文字の部分の新たな思い込みを追加することで、
お金を手にできない自分を正当化して、余計にお金を跳ね除けるのです。

※赤文字の追加した認知は正しい根拠もない勘違いなのです。

簡単に言いますと、過去にこういったことをして人生をサボってしまったので後でツケが回ってくるのです。

そして「認知の歪み」に繋がっていくのです。赤文字の部分をもう一度見て下さい。このように自分を正当化するための認知を追加していけば、最後の最後に待っているのは「現実を正しく認識できない」状態かもしれません。

なので、2つの認知を同時に抱えた時の不快感を解消すべく、根拠もない思いで認知だけを変えるのは好ましくないと言えます。

「わかっちゃいるけどやめられない」という矛盾する心理はこうして生まれたのです。別の言い方をすれば「人生の嘘」ともいえるかもしれません。誰にでもあることですね(*^^*)

ですので、過去に歪めてしまったことに気がついたら、修正していけると良いと思います。

 

過去に歪ませた認知を修正するには、何年もかかる人もいるかもしれません。

それでも進むほうが、後々、自分にとってプラスになるのです。

やらなければ変化しないだけです。

やれば、一歩ずつでも進むことは出来ます。

認知の歪みの修正を始めた人と、無関心な人では一年で大きな差が開くでしょう。

本当の自分に気づけば、「わかっちゃいるけどやめられない」ではなく「わかっているからやめられる」んです。

体に悪いと分かっていながらも煙草を吸う人が、調子が良い気がするという思い込みも、誤魔化しの為の新たな認知の追加だと思います。

「行動」をして体感すると、「あっ、自分は勘違いしてた(笑)」なんて気が付けることも出てきますよ(^^)/

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿一覧

  • Comments ( 29 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 自分を変えたいという強い意志を持たなければ、いつまでも動けずに欲に流されてしまいますね…。

  2. ∞ひめくるみ∞

    『金持ちになりたい』
    『お金が欲しい』

    なんて、思うが

    ふと、
    『金は汚い』
    『金持ちは汚い』
    って、なる

    あと
    『楽して金持ちになりたい』
    『楽して成功したい』
    って思うが、これも『お金は汗水垂らして、得るもの。』
    ってなる。

    悪いやり方や無かったら、楽してお金を儲けて良い。
    と聞いたけど、、、

  3. どんな教えも人からのアドバイスを貰ったとしても、全て自分の力で立ち向かわなければ変われないことを肝に命じ、学業よりも何よりも大切なものを得るために戦います。(ちょっと大袈裟ですが…笑)

  4. すごくわかります。
    私のは複雑です。
    私はまだ学生なので親のもとで過ごしています。だから自分のありのままでいようとするのが難しいこともあります。
    「わかっているけど」
    言い訳するんですよね。心の中で。
    ただ、これが良くないから、怒られる。怒られるのが怖い。だから、責めだったりすることには人一倍敏感で、マイナスに言葉を受け取ってしまったりします。
    自分を正当化して、積極的被害者みたくなってしまうこともあります。
    言い訳する自分を捨てたい、逃げたいけど、またこれが良くないと思うから逃げる方向さえなくなってしまうんですよね…。
    私も、休みたいって思うことがあります。
    なんとなく行きたくなかったり、時間が欲しかったり…もしかしたらこういうことが嫌だから行きたくないのかなと…だから自分はわがままなのかなと思うこともあります。
    だから外に行きたくなくて休むのですが、親は自分の考えは絶対、かのように、休む=だめと考えていて、それをしつこく私に言ってきて、休む私に日々ストレスを感じ、休む原因さえわからないのでなおさらです。とにかく学校行けと、急かします。そんなに学校に行かないことが悪いことなのかと思うこともありますが…。
    こんな日々の繰り返しなので、悪いのか…こんなに迷惑をかけてるのか…自分はダメなんだなと気にして、こんな自分をみんなはどうみているんだろうと、さらに怖くて学校に行けなくて欠席が続くという悪循環になることもよくあります。
    私が正当な理由じゃなく、不当な理由で休んだとき、親が怒って、怒鳴り、物にあたって傷がつくなんてこともあります。
    それでさらに自分にプレッシャーがかかります。自分は悪いことしてるんだと。学校に行かなきゃと思ってても、行けません。めんどくさいと思う自分の短所のせいでしょうか…。
    自分の悪を認められません。
    また、自分こそ悪いように考えてる。人のことばかり言っているが、自分が一番そうしてるとわかったとき、でもそうならないように、そうなりたくないから、一体どうすればなおせるかと。それでわからなくて、また考えてと繰り返します。これも、わかってるけどやめられないと一緒なのでしょうか?
    また、自分も虫が良すぎると思うことがあります。自分を駄目だと言う自覚があるにも関わらず改善のための努力をせず、他人には自分を肯定して欲しいと思っているムシの良さが嫌いです。でも自分も同じことをしてるようなのです。叱るべきことですが、私は怒られるとかなり落ち込み、自分を責めます。たちが悪いとは思います。かなり。
    そのムシの良さもなおしたい。でもわからない。これは私が悪いのでしょうか…?
    自分に悪いところがあるならそれを捨てたい。でもどうやったら捨てられるかわからなくて更に悩みます。結果、正当化します。これ自体良くないとわかっているのでなおしたいけどなおせない。また悩みます。
    あと、人を傷つけたくないけど、ありのままの自分だとその人が傷ついてしまう場合、どうすればいいでしょうか?
    それも親だとしたら…。
    子供は親のもとで育ちます。でもその親に否定されます。一体どうすれば…

    • 読ませていただきました。

      親が自分の考えは絶対で「休む=だめ」と思うのは、自分の劣等感の押し付けなんです。
      自分の問題を解決できていないと子供に刷り込んだりするんです。
      その結果、成長途中の子は悪くもないのに悪いと刷り込まれたりして、悪いと良いがごちゃ混ぜになって混乱していきます。

      それを親に伝えてもまず気づきませんし、親を変えようと思うことはやめたほうが良いです。
      自分が変わることが一番の解決法です。

      オレンジさんが学校を休むことで、罪悪感を持つ必要はありません。
      学校に行きたくないのは、短所ではなくそれなりに正しい理由があるからでしょう。
      本当にやりたいことは学校にはない?そんな感じでしょうか?

      「自分の悪を認められません。」とおっしゃっていますが、その通りでそれが正しいのだと思いますよ。
      悪ではないから悪だと認められない。良いことだと思います。
      学校に行かないことや行きたくないことは悪ではありません。

      「人を傷つけたくないけど、ありのままの自分だとその人が傷ついてしまう場合、どうすればいいでしょうか?」というご質問ですが、人を傷つけることはよくありませんが、私たち人間はどうしても人を知らず知らず傷つけることは誰にでもあることです。だからと言ってありのあまの自分を出さないようにすると自分が傷ついてきます。

      そうすると自己肯定感も低くなり自分が苦しんでいきます。
      誰かの犠牲になることなどありませんから、自分を大事にすることを優先していくことが大事だと思います。

      恐らくですが、オレンジさんの良さをことごとく否定されてきてありのままの自分を出せなくなっているんじゃないかと思うんですね。
      だけど優しいから誰かを傷つけたくない・・。
      自分を出せば誰かが傷ついてしまう・・。
      そんな感じではないでしょうか?

      もしそうでしたら、それを乗り越えていきましょう。
      たとえ親が傷ついたとしてもそれはオレンジさんが悪いのではなく親の問題です。
      問題は区別して考えるべきです。

      「責めに人一倍敏感」だということは不当な責めも経験されていると思います。
      自己分析などもどんどん行い理解をどんどん深めていくことをおすすめします。

      やるべきことは、多くの気づきを増やし知ることを増やして自分を変えていくことです。
      自分が変わった分だけ周囲も変化していきます。

  5. 私も体に悪いと分かっていながら煙草吸ったり、太るけどお菓子食べたり….
    認知の歪み修正したいですね。

  6. メグミ(二児のママ)

    *お金が欲しい
    *成功を手にいれたい

    でも *政治家は汚い
    *政治家は税金泥棒
    *国は政治家や権力者びいき
    *税金は払いたくない
    *国民年金も危ないから払いたくない。
    っていうのも認知の歪みでしょうかね。
    でも国も政治家も汚いは本当らしいので認知の歪みとは言えない気もしますよ。このように、気づいたら真実だったら、どうなのかなと思います。

    • 認知の歪みです。

      私も昔はそう思っていましたよ(笑)

      国が汚い=認知の歪みです。

      必ず良い点があります。例えばメキシコの麻薬組織カルテルのような残酷な殺戮がある場所と比べたらこの国は良い場所だと感じませんか?

      政治家も汚いは本当らしい=認知の歪みです。

      政治家など一般的な状態より上に行った者にしか分からない大変さや、苦しさ、困難、誘惑、などあらゆるものがあるので、汚さをゼロでやっていけることは非常に難しいのです。

      一般市民として善を通すこと
      政治家として善を通すこと

      意味が違ってくるので比べることではありません。

      そして、そんな中でも良い人もいれば悪い人もいて、悪い人にも家族や子供がいたりして、大事な人もいたりします。

      完全な悪はいないのです。

      私たちが政治家や国が汚いと言いたいとき、それは自分の心の奥に『自分の責任を全うせず、誰かなんとかしてくれ』というような心が潜んでいます。

      自分の後始末を自分で出来ない時に、私たちは親のせいにしたくなり、政治家のせいにしたくなり、国のせいにしたくなるんです。

      私たちは親の全てを知る力はありません。

      政治家の全てを知る力はありません。

      国の全てを知る力はありません。

      それなのに自分が見たい、思いたい、汚い部分だけをかき集めて、レッテルを貼って見る癖があるんです。

      そこに気づけば、楽になれますよ^^

      *政治家は汚い
      汚い部分もあれば汚くない部分もある

      *政治家は税金泥棒
      そう思われて仕方ない人もいればそうでない人もいる

      *国は政治家や権力者びいき
      そういう場合もあればそうでない場合もある

      *税金は払いたくない
      決定は自己責任ですればよいと思います。

      *国民年金も危ないから払いたくない。
      決定は自己責任ですればよいと思います。

      心の拠り所は国や政治家にするのではなく自分を心の拠り所にするほうが、納得の人生を送れると思いますよ^^

  7. ここに記載されてる内容の通り、私の認知していたことは歪んでました!

    他人より歪みの修正が遅れたかもしれませんが、少しづつ修正しながら行動し、前に進んでいます!

    この進みがまた歪まないよう、日々を振り返りながら歩いて行きます。

  8. 参考になります。

  9. ま、まさに、今、禁煙をしたくてたまらないけど、やめられない喫煙者の私にはガツンとくる内容でした。
    認知とは、自分にとって都合の良いふうに思い込ませようとする、逃げ道のようなものですね。
    今頑張らなければいつまでたっても禁煙できない。
    禁煙できたならば、金銭的にも余裕が生まれるし、美容と健康でも、1年後には大きな差ができます。
    何より、喫煙している自分が大嫌いです。
    頑張れ私。

    • 自分にとって都合の良いふうに思い込ませようとする、逃げ道の認知は歪んでいるので認知の歪みが増えてしまうのです。

      そして行き詰って症状が出てくると薬で一時的に抑えても根本解決は難しいので、認知の歪みの修正が大事です。

      私は一日2~3箱吸ってましたが、禁煙して何年も経ちます。

      がんばって禁煙しても無理なので、喫煙するメリットの勘違いを修正することで、吸いたいとも思わなくなりますよ^^

      まったく吸いたいと思わないんです。

  10. 不正関係もそうですよね。メリットが大きく、デメリットが小さい場合、『分かっちゃいるけどやめられない』で不正行為が蔓延するんだと思います。

  11. ギャンブルもそうですよね。

    わかってはいるのにやめられない。

    あげく借金したりどんどんマイナス、悪い方にいくだけなのに‥

    認知の歪みって¨依存¨も関係してくるのでしょうか?

  12. 何かのせいにしてその事から逃げてしまった経験あります。やはりそれは得る事が出来ませんでした。

  13. ∞ひめくるみ∞

    ああ〜。分かります
    ((T_T))

    気にしない方がいいと言われても、きにしちゃう。

    お金持ちになりたいとか、お金が欲しいって思っても、仕事もしてない人間が、そんなこと言って良いのかって思ってしまう。

    でも、お金って仕事をしてなくても、手に出きると聞きました。

    お金は汚いってイメージを持つのも駄目なんだろうな(゜゜;)

  14. 本当に知れば知る程、複雑すぎるのが人の心理ですね。

    自分に都合の悪いことは、妄想して、他人のせいにしたり…。

    人間って本当に罪深い生き物ですね。だから面白いのかも。

    私も止められないことありますぅ。

    Saleの文字を見ると、ウズウズして何か買わないといられない…。

    いくらでもあるのに、わかっちゃいるけど……。

  15. 『わかっちゃいるけどやめられない』私の場合は中国語の勉強です。中国は正直日本人にも中国人にも危険な感じが致します。ですが中国人と国際結婚したいじょう勉強しないわけにはいかない気が致します。移住は多分台湾にします。

  16. たばこやめられないです。お金ばかりかかって体調悪いけどやめることが難しいです。

  17. 体に悪いと分かっていながらも煙草を吸っていますが、調子が良いと思ったことは一度もありません

  18. 目が覚めます!

  19. やるしかないんですよね。

    お金を稼ぐのだって何だって。

  20. 自分は、”わかっちゃいるけどやめられない”人間です。
    というのも、自分はいつも楽な方ばかりに逃げてしまう癖がある人間なんです。

    例えば、多数の生徒が参加する学校の行事などで自分のやりたくない役回りに当たったとします。

    そうすると、

    ・やりたくないけどみんな頑張っているからやらなきゃ
    ・でも、こんな役回りやりたくない・・・

    というような認知が誰しも起こると思うのです。そして、普通ならば”自分だけ逃げるわけにはいかない”といった気持ちになって立ち向かうと思うのですが、自分の場合は、

    ・こんな役回りやりたくないから仮病で休んでしまおう
    ・次の行事はちゃんと参加するさ

    といった感じの認知を自分に追加して、言い訳をして、次は絶対やる・・・次は絶対やる・・・次は絶対やる・・・という風に、どんどんどんどん毎回毎回逃げてしまいます。そして結局最後まで出来ないのです。
    まさに、わかっちゃいるけどやめられない(わかっているのにできない)人間ですよね(笑)。

    こういう逃げ癖を何年何十年も続けていると、どんどんどんどん逃げる癖が強まって本当にダメな人間になってしまうと思うし、実際に自分はダメな人間になりかけています。そしてようやく最近になって、それが本当にダメな事(危険な事)に気づき始めています。ですが、やはり十数年そうやって生きてきているので、その癖を直そうとしてもなかなか上手くいかない日々が続いています。

    なので、そういう癖が自分にあるかもしれないとか、あるいうはそういう癖を持っていると思っている人は、今すぐその認知(癖)を改めた方が良いと思います。
    早ければ早いほど直しやすいと思うし、逃げ癖が一旦付いてしまうとなかなか抜けられなくなり本当に危険だと思います。

    • 「普通ならば」○○だ…と言うことが勘違いです。
      嫌な役回りはやりたくなければやらなくても良いのです。但し自己責任ですけどね^^

      やりたくない事をやらなかったとしても、自責の念に駆られる必要はありません。
      仮病で休む時があったっていいでしょう^^

      私も昔は仮病で仕事を休んだことも何度もありますし迷惑をかけたこともありますが、
      人にはそういった時期もありますので、私は自分が悪いとは思い続けません。

      あの時は迷惑かけて悪かった。
      だけど今は違う。

      そうやって自分にOKを出すことが大事です。
      逃げる時があっても良いのですよ。

      一人で生まれてきて、一人で死んでいく人生です。
      自分の思いのまま自己責任で生きていきましょう^^

  21. 何かやりたいことがあっても既に果たしたことを無駄にはしたくない。
    でも2つやるのはこのような心理は良くあることだと思います。

  22. 私は逆にやらなきゃいけないのにやれないことありますね(;^_^A
    掃除しないといけないのにしたくない(できない)、など。
    水が冷たいから、寒いから、今は体調悪いから、などの言い訳重ねて・・・。
    そうやって掃除しない自分を正当化してしまってることダメですね!
    苦手なことを実行するには強い意志が必要ですね。

    • 強い意志で苦手なことを実行しても結局嫌になると思いますよ。

      何故、掃除が嫌いなのか?
      何故?
      何故?

      突き詰めていくと見えてくることもありますよ。

      あれ?もしかして心の奥で掃除が嫌いな人に依存してる??という感じで気づく場合もあります。

  23. タバコもパチンコもやめられません(泣)まさにわかっちゃいるけどやめられない。何回かやめようとしたんですが未だにやめられません。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)