困っていて助けを求めている人がいたら助けろ!それが「人」だ!

377 views
約 3 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
困っていて助けを求めている人がいたら助けろ!それが「人」だ!

困っていて助けを求めている人がいたら助けること。それが「」です。人は人を支えることが出来る生き物です。無理して助ける必要はありません。出来る限り、自分がしたいと思う範囲で、困っている人を助けてあげることが大事です。もちろん相手の気持ちを優先し、押し付けることなく。自分が押し付けていないかを知るには相手の本当の気持ちを聞けばわかります。自分が「助けてあげた」ではなく、相手が「助かったよ」と思うことが大事なのです。

人の助けになることは大切なことですが、これは無理をする必要もありませんし、したくないのならしなくても良いのです。自然と「助けになりたい」と思う日が来ると思いますので、そう心から思えるようになった時に、自分の出来る範囲で行えば良いのです。僕自身、自分の深い心の傷をほじくって、その痛みに触れ、麻痺していた深い傷に触れた時には、誰かを助けたいと思うどころか、すべて消えてなくなればいい…、そんな破壊的な気持ちを持っていました。そんな時には人を助けたいなんて思いもしません。それはそれで良いのです。何も悪くありません。

大事なことは、困っている人が誰かに助けられ、結果、助かるという、その結果なのです。出来ない人もまだ自分の人生があります。助けることなど出来ないほど自分が追い詰められている人もいます。それが悪いわけではありません。それで良いのです。困っている人がいて助けることなど出来ない状態の時は、誰だってあるでしょう。出来る人がやって、結果、相手が助かって喜べば良いのです。

<<下に続く>>

僕も、サヨナラ・モンスターの方法で、自分の深い傷と向き合ったら、最初は、恨みつらみ、苦しみ、悲しみが山ほど出てきました。それでも更に向き合い続けると、心の中の小さな自分を見捨てていたことに気づき、その自分に申し訳ない、本当にすまなかったと、自分で自分を心理的に虐待していたことに気づき、己の弱さを知りました。そして、そこから自己信頼が少し深まっていき、心に穏やかさが戻ってくると、困っている人の助けになりたい、そんな思いが芽生えてきました。

今、高齢の母親が癌ですが、自分にできる限りで、助けになりたいと思っています。家族のうち4人が母親の癌を治すために最善を尽くしたいと考えが固まったので、僕も出来る限り協力していきます。早速、その方向性に関する書籍を購入し、6年で学んできたあらゆる知識と併せ、母親の癌体質の徹底改善に向けて、計画を立てています。癌は、切除しても再発する可能性が高いのは、根本解決をしていないからです。その根本は「癌体質」にあります。この癌体質の改善無くして癌の克服はあり得ないのです。

どれだけ最新の治療を受けても、癌体質の改善が無ければ、癌に勝てません。癌は変えるべく大切なことを教えてくれている病です。徹底改善し、免疫力をアップし、心の在り方さえも変えなくてはならないのです。僕にはその知恵があります。その知恵を持って、母親の癌に向き合って、協力していきます。

 

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は、
「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

「書くこと」と「感じること」を真剣に繰り返したら、
本当の自分の感情を取り戻し、恐怖を克服出来ました!

心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・本当の自分の感情がわからない人
・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・アダルトチルドレンのナメラレ体質を変えたい
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

投稿一覧

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「困っている人がいたら、助けるのが人である」
    その通りだと思います。そうであってほしいとも思います。
    一方で、実行することはすごく複雑な問題であるというのが個人的な見解です。
    なによりも「自分のできる範囲」を理解する必要があります。
    助けるために自分が無理をして、ダメージを負ってしまっては意味がありません。
    その日の体調や状況を判断して、できることをやればいい。それでいいのだと思います。
    本文にもありましたが、すべてを自分が背負う必要はありません。
    できる人ができる範囲で、やるべきことをやる。
    できなければ、助けを求めることも必要だと考えます。
    私も、無理をして助けようとしては失敗するという経験を何度も味わっています。
    できる範囲とやるべきことを理解したうえで、感謝されるような「助け」をしていきたいと思います。

  2. この記事を読んでまず始めに思ったことは、この人は勇気を持った人なんだなということです。
    なぜかと言うと、できない自分を認めるということになるからです。

    私は結構独りよがりなタイプなので、何でもやりたがります。
    仕事をしていてもその性格がよく出てしまうので、無理をして何かを引き受けたり、自分がいっぱいいっぱいなのに他の人の手助けをしようとしてしまいます。

    だから全員を助けることはできない、助けられない人は絶対にいる、それを認めなければいけないことは、やりたがりの私にとっては結構難しいことになります。

    でもこれって、結構無理をしていることにもなるなと思ったので、これからは無理をせず自分のできる範囲で、身近な人達から助けて行けたらいいなと思いました。

  3. 目の前の人を助けるのは当たり前とは思っていますが、なかなか助ける勇気がない時もあります。「これをやったら逆に自分は怒られるんじゃないか。」「なんか恥ずかしいな。」「時間がないし。」など、自分の事を考えてしまいます。また、助けた事に自己満足になってしまい、助けた人の事を考えていないのではないかと思いました。「助けた結果、その人が助かった。」それだけで良いんだと改めて考えさせられました。

    また、私は身近に癌などの重大な病気で悩んでいる人はいませんが、小さな悩みや小さな困り事でも困ってる人がいたら助けたいと思いました。そしてそれは、自己満足ではなく助けた人が助かったから良かったと思って助けたいと思いました。

投稿(質問・感想・一言・お礼)はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)