親への恨みは吐き出せ!そして己を育てろ!

555 views
約 2 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら
親への恨みは吐き出せ!そして己を育てろ!

親への恨み、悲しみ、
そういった感情をどんどん吐き出していくことも大切です。

その上で、親とか他人を変えることはできませんので、
不満を解消するために、自分で自分を変えていく。
これが大事ですね(^^♪

自分が成長していくと、自分が嫌だったこと、
不満だったことの中から、新しい視点を見つけることも可能です。

すると、相手なりの愛情があったことに気づくこともあります。
そこが見えてくると感謝も生まれてきたりします。

大事なのは、今の自分の感情を大事にして下さい。
マイナスも大事な感情ですので。

<<下に続く>>

僕自身、親への恨みを吐き出して、感情を感じきりました。
それは傍から見れば反吐が出るほどみっともない感情に見えるかもしれません。

たとえそうであっても、自分の感情です。
自分の感情を責任をもって感じきる。それが自己信頼に繋がるのです。

逆に自分の感情をマイナスだからとかで封じ込める者は虐待者です。
自分で自分を口封じして何になるのか。

最後まで感情を感じきると変化してきます。
感情は感じきると消えていきますので!!

誰かを悪者にして、自分を生涯正当化するのが目的ではないのならば、
自分が自分の親となり、自分の隠れた感情を見つけ出し、感じきることが出来るでしょう。

それが、自分の責任ですので。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)