親への恨みは吐き出せ!そして己を育てろ!

親への恨みは吐き出せ!そして己を育てろ!

親への恨み、悲しみ、
そういった感情をどんどん吐き出していくことも大切です。

その上で、親とか他人を変えることはできませんので、
不満を解消するために、自分で自分を変えていく。
これが大事ですね(^^♪

自分が成長していくと、自分が嫌だったこと、
不満だったことの中から、新しい視点を見つけることも可能です。

すると、相手なりの愛情があったことに気づくこともあります。
そこが見えてくると感謝も生まれてきたりします。

大事なのは、今の自分の感情を大事にして下さい。
マイナスも大事な感情ですので。

僕自身、親への恨みを吐き出して、感情を感じきりました。
それは傍から見れば反吐が出るほどみっともない感情に見えるかもしれません。

たとえそうであっても、自分の感情です。
自分の感情を責任をもって感じきる。それが自己信頼に繋がるのです。

逆に自分の感情をマイナスだからとかで封じ込める者は虐待者です。
自分で自分を口封じして何になるのか。

最後まで感情を感じきると変化してきます。
感情は感じきると消えていきますので!!

誰かを悪者にして、自分を生涯正当化するのが目的ではないのならば、
自分が自分の親となり、自分の隠れた感情を見つけ出し、感じきることが出来るでしょう。

それが、自分の責任ですので。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)