支配者は逃がさないようにする

機能不全家庭では色々なマイナスがあるので、気づかないレベルで心が傷つくことがある。その相手と一緒に生活をしていると回復できなくなっていくこともある。そして酷い症状が出るようになることもあります。そんな時は、兎に角「離れる」こと。1度1人になることも大事です。遮断すれば回復します。

僕のパートナーも、何故か、長い時間回復しなかった。回復してきてもまた悪化する。一体何が原因なのか、ずっとわからなかった。だけど、「離れる(恐らくソレだろうとおもった対象者から離れる)」ことによって回復していった。僕も離れてから回復していった。「離れる」、「逃げる」、コレ、大切です。支配者は逃がさないようにしますけど。

「自分の心が育つ場所は、自分が一番わかるもの」ですよね。他人から「逃げてはダメだ」とか「離れるなんて逃げだ」なんて言われる筋合いはないのです。自分の心の育ち方について他人が勝手に口出してして押し付けてくるほど気持ち悪いものはない。人は自由に伸び伸びと育ったほうが良いのだと、思う。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)