悪夢を見ることは、おそらくもうないでしょう。何故かって?それは心の中の小さな自分の親になって「鍵」を使って心を開放させたから。

悪夢を見ることは、おそらくもうないでしょう。何故かって?それは心の中の小さな自分の親になって「鍵」を使って心を開放させたから。

例えば「匿名希望・女性」の方は、
サヨナラ・モンスターでの気持ちの変化で以下のことを言いました。

生活が成り立たないほどの強迫性障害ではないが、1日がその癖により何となく思考停止したままぼんやり終わっていたが、自然治癒的にじわじわと行動変容への意欲が高まって途上だが少しずつ改善されてきた。簡単に言えば、「ちょっとだけ工夫して、自分の生活を快適にしてみようか」と自然な意欲が湧いている。自分の●●に意識的になったせいか、行動にも意識的になり、行動に選択の余地が出てきた。また思考から行動に移るまで腰が少し軽くなってきている気がする。

全文はこちら

このように、
書くこと」から「自己理解」を深めて、
そして、心は癒されていきます。

逆に、支配者やモラルハラスメントの加害者、虐待者、
これらは「書くこと」を「軽視」します。
例えば「お前らかけぇぇぇwww」とね。
それは、恐れているのです。「書くこと」によって人々が癒されていくことを。

何故か?それは支配者は実は臆病者で、
誰かを蹴落としていないと生きられないから。
誰かを蹴落として、その上で犠牲を踏み台にしてでしか生きられないから。

我々は、そんな者とは関わらずに自分を大切にしていけば良いのです。
そのための、「自己理解」です。

自分で自分を理解してあげないで、
誰が自分を理解するの?ってことです。

心の中の小さな自分の親となる。
それが「自己理解」です。

親にならないと理解なんて出来ません。
理解すると言う言葉の中には色々なものがつまっています。

「理解する」というのは簡単なことではありません。
だからこそ、自分が自分の親にならないと出来ないことなのです。

自己理解を深めている方たちは、
少しずつ心が癒されてきています。

あなたも、
自分で自分を理解する、これを始めてみて下さい。

」で「解く

」は「道筋

「道筋」をもって解くことで開放される感情があります。

それが心の深い部分にある「まとまり(モンスター)」を紐解く「」です。

僕は、この「」を使ったら、
大きな「まとまり(モンスター)」が解けました。

悪夢を見るほどの酷い恐怖が消え、
今日に至っても、悪夢は全くみません。

悪夢を見ることは、おそらくもうないでしょう。

今振り返って見てわかることは、
僕の場合、「悪夢」は、「無意識からのメッセージだった」ということ。

自分でも気がついていない自分のマイナスな状況を
「夢」を通して教えてくれていたのです。

だから、その「自分でも気がついていない自分のマイナスな状況」を変えるために、
まず「書き出す」、そして「防げるようになる」こと、
これで悪夢は見なくなっていったのです。

要は、サヨナラ・モンスターで言う「まとまり(モンスター)」を小さくしたら、
悪夢も綺麗さっぱり消えたのです。

90日間全額返金保証付き
【公式】恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
→ https://www.infotop.jp/click.php?aid=60941&iid=75585

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
悪夢を見ることは、おそらくもうないでしょう。何故かって?それは心の中の小さな自分の親になって「鍵」を使って心を開放させたから。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
悪夢を見ることは、おそらくもうないでしょう。何故かって?それは心の中の小さな自分の親になって「鍵」を使って心を開放させたから。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)