親子関係は「刷り込み」から始まる!三つ子の魂百まで!3歳までに刷り込まれたものは100歳まで続くほどの強い力があります。

19338 views
約 6 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
親子関係は「刷り込み」から始まる!三つ子の魂百まで!3歳までに刷り込まれたものは100歳まで続くほどの強い力があります。

三つ子の魂百まで。3歳までに刷り込まれたものは100歳まで続くほどの強い力があります。親という存在はそれだけ大きなものなのです。子は親の鏡。親の潜在意識の一部を子は背負っています。

三つ子の魂百までとは

三つ子の魂百まで」という有名な日本の格言。これは、前述したように3歳ころまでに魂に刻まれたものは、100歳まで続くくらい強い力があるので、「中々変わらない」という意味です。

これは本当です。 幼児期に「人格形成の基本」が出来上がるのは事実であり科学的にも証明されていることです。

性格形成の原点とは

3歳頃に、脳内神経細胞の80%くらいが完成されると言われています。この80%くらいが完成される急速な成長時に脳神経に強く受けた刺激を残すそうです。これを「性格形成の原点」と言うそうです。興味のある方は調べてみるとわかります。

三歳までに刷り込まれるものがある

個人差はあれど三歳くらいまでに受けたことが、しっかりと子供に刷り込まれていきます。 生まれてからではありません。 受精したその瞬間からです。

へその緒を通じて母親と子供の間で「感情の伝達が行われている」とも言われています。 嬉しい気持ちも刷り込まれ、憎しみも刷り込まれるのです。 3歳までに親の感情が刷り込まれるのです。

赤ちゃんは無意識100%

赤ちゃんは無意識100%だから、そのまま良いものも悪いものも刷り込まれていきます。

刷り込まれるのは無意識ですが、だんだんと自我が芽生えていき自己主張も強まることで無意識は奥に引っ込んでいきます。 つまり、刷り込んだものが奥に引っ込むので、意識的には、何を刷り込まれたのか?わからなくなるので、刷り込まれたもの(自分の心の奥にある親の感情など)が原因で起こった出来事に対し、当然ですが「???」となるのです。

刷り込まれたものが無意識の奥に引っ込んでいくので、親も「???」なので、子供が問題行動を起こした時に「まさか、うちの子が・・・?」となるわけです。

その、子供に刷り込んでしまったものが、「色々な、問題を生み出す」のです。解決して成長するために。親が子供と一緒に乗り越えていくことで、子供の心の奥に刷り込んでしまったものも解放していくことが出来るのです。良い解決が出来たら素晴らしいことだと思います。

魔の三歳児は無意識の悪いものを教えてくれる

魔の三歳児は、自我の確立の時期に、実は無意識が奥に引っ込む時の「悪いものがあるよー」という子供からのメッセージの場合もあるのです。

つまり、2歳、3歳で、お父さんお母さんから自立していく時期なのに、その自立を共に歩んでいってくれなければ子供は反抗的になるんです。それでギャンギャン騒ぐこともあるのです。

魔の三歳児の「魔」の正体が「刷り込んだものに関連したもの」の場合もあるのです。子供に「自己主張はいけない」というようなメッセージを、親が子供に無意識的に発していたとします。それが「」になるのです。

2歳、3歳で、お父さんお母さんから自立していく時期

2歳、3歳で、お父さんお母さんから自立していく時期なのに、自立が阻害される。それでギャンギャン騒ぐ場合もある。「子供なりの正しい主張」なので自立を応援してあげましょう。

しかし、好ましくないメッセージを、親が発していて気づかない場合、子供はまるで怪獣のようにますます酷くなるばかり・・・ 。そんなときに「怒ってしまうのはマイナスで悪化させる」だけです。この段階で親自身が好ましくないメッセージを自分が無意識で発していることに気づいて修正できたらすごいです!(*^-^*)

2歳、3歳で、お父さんお母さんから自立していく時期」ということを思い出したら、違う良い方法がきっと見つかると思いますよ。

<<下に続く>>

子供への支配は子供が反抗してくる

親が子供の自立を阻害していることに気づかず、全てを子供のせいにして、子供の正しい心の成長を妨げると必ず「問題行動を起こす」ようになります。問題行動の形は様々です。後々、非行に走る子もいれば、陰湿な嫌がらせをするようになったり、平気で人を傷つけるようになったり、虐められるようになったり、虐めるようになったり。

そういった問題行動を起こさないようにするために、子供のことを、悪い意味で支配(自立を阻害する)することはやめたほうがいいでしょう。

それでも親が気づかないまま支配を続けると子供の問題行動はエスカレートしていきます。 親は「子供がおかしくなるのは本人の問題だ」と勘違いして思い込んでいくと、子はますます問題行動を起こしていくこともあります。

親が背負っている毒の世代間連鎖によって、子供も問題行動を起こすこともあるのです。

子は親の鏡だから親は鏡(子供)を見て成長するチャンス

「子は親の鏡」と言います。自立していない子は、まさに親の言いなりの鏡のように再現されている部分があります。ですので、親は子を見て自分の問題と向き合っていく必要があるのです。

2歳、3歳で、お父さんお母さんから自立していく時期なのに、自立が阻害される。それでギャンギャン騒ぐ。そういった場合は、親は「支配的な自分と向き合う必要がある」のです。子は「自立を阻害しないで!」という言葉はわからないけど、そういった何かを伝えたいと思っているのです。そこに向き合って親は成長するチャンスなんです。

親が子供に刷り込んだ問題から逃げる場合

親が、子供に刷り込んだ問題から逃げる場合、問題が起こり始めた時に「そんなこともできないのか?」と子供の能力を見極めることも出来ずに、子供に「足りない部分がある」と思い込ませるのです。そうやって、子供に暗示をかけてダメにしていけば、親は自分の問題から目を背けることが出来るからです。

更に、その問題を「前世のせい」にしてしまうケースもあります。本当は親が刷り込んだことが原因で起こっていることなのに、それを「前世のせい」にして「お前は地獄から生まれついたから、そんなやつなんだ」と思い込ませる。すると、あの世論理を使って逃げることが出来るので、親は自分のやったことから一時的に解放された気がして楽になる気がします。

その「前世のせい」の味を占めた親は心が「妄想世界」に落ちていきます。

だから、問題は出来るだけ「正しく解決するほうが、あとあと幸せになる」のです。

刷り込んだものは過去のもの

刷り込んだものは過去のものです。人は成長していかないと過去に追いつかれて過去に苦しむことになります。つまり、今を一生懸命生きて成長して歩き続けていくのであれば、刷り込んだものは徐々に「自然に変わってくることもある」のです。

だから、今出来ること、自分に出来ることを一生懸命やって、自分の幸せ、家族の幸せを大切にしていけば、どんな問題もきっと乗り越えていけます。

過去に間違いがったとしても、人はやり直せます。今を懸命に幸せに生きていけば、過去に苦しめられることはなくなっていくと思います。これを見たあなたが、「ありのままの自分」「本当の自分」を生きて、幸せになってください。

幸せになれたら、その良さを伝えることで、あなたにマイナスを刷り込んだ人にも幸せを分けてあげられるのではないでしょうか。過去においてマイナスだった刷り込みも、これから幸せになれば「過去があったから、今が在る」と思える気がします。

幸せも連鎖する。そう、思います。

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. コンプレックス‥私は小学生時代に男子から顔の部分について言われたことがあり、そこから男性が苦手になりました。

  2. 私は今外見にコンプレックスがあります。昔の様にスタイル等が維持出来ません。年々歳をとるので仕方がないて諦めています。少し勇気を出して頑張ってみます。とても参考になりました。

  3. コンプレックスがあるどころの話ではなく、コンプレックスの塊です。

    で今までコンプレックスの克服が人生そのものだったのかな、って気さえして来ちゃいました。

    確かに『能力を開花させるためのものがコンプレックス』というのは頷けますね。

    克服する為に努力しましたもの。

    • すごい力を感じます(^^)

      コンプレックスを克服した分だけ、人と違う自分だけの能力があるとおもいます。

      コンプレックスは傷が核となる感情などの複合的な纏まりなので、パソコンでいえば一つのフォルダ内に纏まっているファイルなどの纏まりみたいなものでメインのファイルが破損しているようなものです。

      ですのでメインの核となる傷(破損)が修正されると正常なアプリケーション(能力)として開花されるのです。

      コンプレックスを消すのではなく、破損を修正し価値あるアプリケーションに復旧する。

      そんなイメージですね(^^)

  4. わたしは劣等感コンプレックスの塊です。

    3歳時までに刷り込まれていたのなら納得いきます。

    コンプレックスを克服し強い人間に成長したいです。

    • 克服していくのは理解も必要です。

      よく観察してみると刷り込まれた劣等感は家族(ほぼ親)が無意識レベルで隠している劣等感です。

      家族(ほぼ親)も同じような劣等感で苦しんでいることが多いです。

      理解をしていけば家族の苦しみも分かり本来なら助け合い理解し合える存在だと分かってきます。

      心が一体になった時、強いのはやはり家族です(^^)

  5. 物心つくまでに自分が受け入れられる存在、愛される存在だと(意識的にでなく)認識できるかどうかなのだと思います。

    自分の存在意義を疑わない所がアイデンティティーの基盤にあるかどうかです。

    • 温室育ちの人とそうではない人では、全然違います。

      例えば温室育ちの方が、そうではない育ちの人に「自分が受け入れられる存在だと認識すべき」と言うとそうではない育ちの方が「温室育ちにわかるわけはない」と思う場合が多いです。

      温室育ちではない場合、「受けいられない存在」「愛されない存在」だとまるで洗脳のように刷り込む場合もあります。

      その状態の方に理解もせず温室育ちの方が同等だと思い「自分が受け入れられる存在だと認識すべき」というと解釈の仕方によっては大変なことになる場合もあります。

      傷をえぐってしまうような言葉になる場合もあると思うんです。

      非行に走り手に負えない人間ですぐに人を刺してしまうくらい傷だらけの人に「自分が受け入れられる存在だと認識すべき」というのは「その背景を無視した言葉だと感じさせ」爆発させるトリガーになりやすいです。

      段階を追わないと悪化させるかと私は思います。

  6. 凄い!

    >「刷り込まれたものが酷ければ酷いほど、それは能力がある証拠です。

    たくさん刷り込むためには、たくさんの容量が必要です。

    その容量がたくさんあるから、刷り込まれるものも多かったのです。」

    こんな発想、した事ありませんでした!
    確かに、「コンプレックス=悪」みたいな思考が浸透していますが、コンプレックスのない人は、結構他人の気持ちや痛みを理解する事ができない人だと思います。

    コンプレックスは克服するものではなく、受け入れ、自分でプラスに変えて自分の長所にできる、素晴らしいものなんですね。

    • 「コンプレックス=悪」とか「コンプレックス=弱い」みたいな思考が浸透しているのは「そう思い込みたい人たち」がいるから自然に広まってきたのです。

      私たちは小さな子供を馬鹿にはしません。

      だけど同じくらいの年齢や歳の近い人を馬鹿にすることは誰にだって経験はあると思います。
      馬鹿にするということ「馬鹿だとレッテルを貼りたい」「相手を下に見えるようにレッテルを貼ってでも思いたい」から馬鹿にし嘲笑するのです。

      理解の限度を超えた時、人は馬鹿にし嘲笑します。

      そうやって自分の弱さを誤魔化すために容量の大きい人にレッテルを貼ったりし、刷り込んでいくのです。

      そしてターゲットにされた人を話題にし自分の存在を感じようとします。

      「あいつってほんとだめだよな~」と自分のほうがましだと思うような空気を作り出すのです。

      そしてそこに投影が関係してくるので、人の目を気にする人が、容量の大きい人に「あいつって人の目気にしすぎなんだよね!いい加減強くなればいいのに」って自分の症状を容量の大きい人に刷り込んで思い込ませて安心しようとすることもあります。

      こういった「刷り込む側の心の傷」を深く理解できる器をもっている方が「コンプレックスに苛まされている方」なんです。

      これは否定したくなる人はいるかとおもいますけど;^^

      このような視点で、客観的に観察すると「あっ、あの人自分のマイナスを刷り込んでる(笑)」って見えやすくなります。

      コンプレックスは複合的な感情の纏まりですので、コンプレックスが強いということは良くも悪くも感情を複合的にまとめる力があり、その大きなコンプレックスを保持する容量があるので、もしもプラスな複合的な感情の纏まりを作り出したら?

      すごい力になるでしょう。

      ですのでコンプレックスが強い人は気づきを増やし心の自然治癒力で傷を癒し、眠っている能力の開花のために行動していくと自分の素晴らしさが分かってくるでしょう。

      実際、コンプレックスに苛まされた人は乗り越えるとすごく変化しますよね(^^)

  7. 劣等感は誰もが少しは感じています。しかしそれが人間身があるんじゃないでしょうか。変に自信家な人はその偏向した性格が劣性なのだといつか気がつく。

    • 人間は劣等感は誰でもあるものです。

      人間とは劣等感の生き物と言ってもいいと思います。

      人生とは劣等感を刷り込まれることから始まり、人生における自分の課題やタスクをこなしていくものです。

      つまり、人生は好ましくない世代間連鎖を変えるため。といっても良いかもしれません。

      人生の意味は決められるものではなく自分で決めるものですけどね(^^)

  8. 『コンプレックス』自分の場合はチ○○ン耳 顔 身長 頭 口など平均に少し小さい事です。耳とチ○○ン 身長(164)以外はあまり気にしていません!?

  9. 少し体型が気になることがいままでたくさんありました。

  10. 産まれる前から3歳までで
    脳内神経が完成されるという事実に
    びっくりしましたが
    分かるような気がします!

    ある知人が言ってましたが
    お腹にいる頃から趣味の事を
    言い聞かせたり、感じさせていると
    産まれてから自然に
    親と同じ趣味に興味を持ったそうです。

    こういう事かなっと思います。

    質問の自分自身のコンプレックスですが
    考え込む程はありませんが
    若干、コンプレックスかもっと思う事はあります。

    悩んでいても、どんどん気になっていくばかりですので、コンプレックスを逆にどう活かすかっていう考えをしたいと思います。

    • お腹にいる頃から趣味の事が伝わっている話、まさにそれです(^^)

      ほんとその通りです。

      良い事も悪いことも刷り込んでいくんです。

      親子で同じ趣味っていいですよね☆

      コンプレックスを生かす方法を見つけることで、

      自分の中に眠っている個性が目覚め、能力が開花されるんです!

      是非、コンプレックスを生かすようにしてみたいですね(^^)

  11. コンプレックスありますよ。

    容姿やら性格など。でも前よりは辛さが減ったように思います。

    3歳までに色々インストールされるというのはそうかもしれないと思いました。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)