名誉を傷つけることを好むネットストーカーに反応してはいけない!

名誉を傷つけることを好むネットストーカーに反応してはいけない!

名誉を傷つけることを好む「ネットストーカー」に反応してはいけません。反応するほど付き纏われることになります。

ストーカーは名誉を傷つけることを好む

加害者の中には「ストーカー」もいて、ネットでは「ネットストーカー」となり、SNS等で、全く面識のない相手に付き纏われることがあります。ネットストーカーは「名誉毀損」を行うのが特徴の1つ。警視庁のストーカー規制法にも「名誉を傷つける」と記載されています。(https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/dv/kiseho.html#cms0E69A

無反応が大切

僕も、少し前にツイッター上でストーカーに付き纏われて意味の分からないことを言われ、びっくりして反応してしまったら、そこから話を作られて本当に気持ち悪い思いをしました。だからこそ「反応してはいけない!」と強く思います。これは弁護士さんも言っていました。「無反応」が大切です。

僕の反省点は、ツイッター上でストーカーに付き纏われて意味の分からないことを言われ、びっくりして反応してしまったこと。
これにより、すり替えられ、心が傷つくようなことを書かれ、恐怖や、気持ち悪さを感じるほどでした。
(おそらく、今も、なんとか関りを持とうとしていると思います。)

このような、付き纏ってくる加害者は、なんとかして「関りを持とうとする」ので、どんな小さな「反応」でも、加害者にとっては「関りを持てた」と感じさせてしまうので「無反応」を貫くことが大切です。嘘等を書かれれば反応したくなる気持ちはわかりますが、兎に角、「反応しない」ことが大切です。

立場をすり替える

僕の反省点は「反応してしまったこと」です。事実ではない嘘を書かれたら「嫌だからやめて下さい」と言いたくもなる。そして、相手に伝え、削除してほしくなります。しかし、そうやって反応させることが加害者の狙いの1つでもあるのです。立場をすり替えるために。

僕が加害者として扱われ、向こうは自分は被害者です。とすり替えていく。これが賢いストーカーのやることです。だから反応してはいけないのです。

反応してしまうと「何か」が強化される

ストーカーに付き纏われて反応してしまうと「何か」が強化されます。その「何か」というのは理解しがたい妄想のようなものです。ストーカーは強い妄想のようなものを抱えています。ですから会話になりません。普通の人に通じる話でも通じないのです。ですから、「嫌だからやめて」も通じません。「やめて!」という反応をすればするほど、ストーカーの中の「何か(妄想のようなもの)」が、より強くなり、ますます付き纏ってきます。だから、兎に角「無反応」が大切です。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)