他者の課題を背負ったり背負わされることをやめよう

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
他者の課題を背負ったり背負わされることをやめよう

私たちは人生における課題がそれぞれあります。その課題から逃げたり他者に背負わせたり、または他者の課題を背負ったりして、自分と他者の課題が混同していることがほとんどです。

それにより本来は自分の苦しみではないのに他者の苦しみで苦しんだりしています。逆に本来は自分の苦しみなのにそれを他者に背負わせたりしています。

例えば家族内で苦しんでいるAさんが「気づき」などで変化して苦しみが取れてくると、Bさんが苦しむようになることがよくあります。これはBさんが自分の苦しみをAさんに背負わせていた場合によく起こることです。

<<下に続く>>

このように人は自分の苦しみと他者の苦しみなどが混同していることがよくあります。なのでアドラー心理学では「課題の分離」が大事だと言います。「他人の課題は背負ってはいけない」と言います。つまり他者の課題に無断で介入してもいけませんし、介入させてもいけないのです。この他人の課題への介入があらゆるトラブルを引き起こしているのです。

まずは自分が抜け出すことです。自分と他者の人生における課題を分離し区別し無断で介入しないことを、自分から開始する必要があります。

関連コンテンツ

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月16日)Leave a Comment1 Comment4677 views

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    自分の背負っている物の中に他者から背負わされた物があったと気づいた時、「荷物はおろしてはいけない」と考えていた気持ちが一気に楽になったような気がした経験を思いだしました。もちろん、他者の荷物は捨て去りました(笑)

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)