「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神は「支配しない精神的な自立への道」です。

  • 2017年7月30日
  • 2017年7月30日
  • 心理
  • 2件

「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神は「支配しない精神的な自立への道」です。

これはどういうことかと言うと、まず「来る者は拒まず、去る者は追わず」は「来る者」と「去る者」がいます。「来る者」はあなたのところに来たいから来ているのです。「去る者」はあなたのところから去りたいから去るのです。

つまり「来る者」と「去る者」は、どちらも本人が「そうしたい」から「そうしている」のです。相手の考えや思いですよね。そこで「来る者」を拒むというのは相手の「そうしたい」から「そうしている」を拒む(拒否、邪魔する)ということ。「去る者」を追うというのも相手の「そうしたい」から「そうしている」を拒む(拒否、邪魔する)ということ。

そして、「来る者」と「去る者」は自分が作った「縁」によって起こった出来事です。「縁」無しでは起こりません。自分が最初に作った「縁」によって自然な流れで「来る者」と「去る者」が成り立つのです。

それなのに、自然な流れとして起こった「来る者」と「去る者」を拒む(拒否、邪魔する)ということは「自分の都合で支配する」ということなのです。自分が作った「縁」によって起こった出来事ですから「来る者」と「去る者」に対して適切な対処が出来ることが良いです。

ですが人生中々そう上手くはいきません。なのでまだまだ未熟な自分の問題によって「来る者は拒まず、去る者は追わず」が出来ないのです。ですから「来る者は拒まず、去る者は追わず」という精神を鍛えるということは「支配しない精神的な自立への道」へ進むということと同じなのです。

この記事を読んで「目から鱗が落ちる」と思う人もいるかと思います。僕もこのことを最初に考えた時は「目から鱗が落ちる」という感じでした。

「来る者は拒まず、去る者は追わず」は緩やかな自然の流れと一体化するようなものなのです。

 

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)