ツイッターをやめて、ストーカーから逃げたら心がスッキリ!!

ツイッターをやめて、ストーカーから逃げたら心がスッキリ!!

 

長い間、ツイッター上でストーカーに付き纏われて、
デマを流されて困っていて、
5年間真面目にツイートをしてきたので、不当ロック不当凍結はショックでしたが、

今、、、どんな気持か?

今の気持ちは先日注文した、下記のオシャレな壁掛け時計のような気持ちです。

壁掛け時計が欲しくて探していたら、これを発見!一目惚れしました!買ったのは太陽をモチーフにした温かい感じのコレ!

太陽をモチーフにした明るい感じのこの素晴らしき壁掛け時計のように、
心はスッキリと、温かい感じです。

ストーカーというのは、異常な感情をこちらに抱き、
こちらが困れば困るほど喜ぶので、相手にしないことが一番です。

彼らストーカーは、僕らの心を彼らの情報で染め上げようとしているのです。
そこまでして、自分のことを四六時中考えさせようとしている厄介なものなのです。

有名な「サイバーストーカー – Wikipedia」の記事の「被害の種類(下記引用)」に書いてある通りです。

ウェブサイト内での嫌がらせ。
ストーキング対象者が書き込んでいるウェブサイトを検索エンジンで根こそぎ探し出し、そこに誹謗中傷などを書き回る。
匿名掲示板などにストーキング対象者の誹謗中傷を書き込んだり[4]、同掲示板の住人に嫌がらせを実施するように仕向ける。
ストーキング対象者の過ぎ去ったことに対しいつまでも追求し、延々と嫌がらせを続ける。
サイバーストーカーがストーキング対象者に成りすまし、ウェブサイトに第三者の反感を買うような発言を書く。

引用元:サイバーストーカー – Wikipedia

こんなことをしてまで、ターゲットに自分のことを考えさせようと必死なのです。
デマを流されたり、誹謗中傷をされると、どうしても書いた相手のことを考えてしまうものです。

それが彼らストーカーの狙いの1つでもあるのです。
これにより、被害者が否応なしにストーカー(加害者)のことを考えざるを得なくなります。
そして、ストーカー加害者と被害者が、心で繋がってしまうのです。

ストーカーは、何としても繋がりを持とうとします。
このために、ストーカーは執拗にデマを流したり、誹謗中傷をしてくる場合もあるのです。

被害者はこの心理的な繋がりを断ち切り、彼ら加害者が作り出す心理的なゲージの外に出ることが大切なのです。
僕自身は、ツイッターをやめたら心がかなりスッキリしました。

→ ツイッター やめて良かった – Google 検索
多くの人がツイッターをやめて良かったと言っていて、
「生活にゆとりができた」と言っている人もいますが、僕も同感です。

ストーカーは必死にこっちを引き寄せようとデマを流すかもしれませんが、
勝手にやってろwって感じですね。

証拠だけ集めておいて、必要であれば時を見て、
一気に反撃だけするというのも1つのやり方だと思います。

周囲も見抜く力が上がってきていますので、
そのうち、誰からも相手にされなくなるでしょう。
(まだ、デマ流しなんてしょうもないことやってたの…?……、、、。。。)とね。

人間的成長をしない加害者の未来は、明るくはないと思います。

大切なことは、この記事を読んでくれているあなたの大切な時間を、
加害者のことを考えることに使わないことです。

足を引っ張ってくる足枷のような加害者から逃げて、離れて、自分のやりたいことをやりましょう(^^)/
勇気が無い者が、足を引っ張り邪魔をして、進ませないようにしているのです。

デマ、すり替え、歪曲、邪魔、彼らは勇気が無いのです。
本当の自分を生きる勇気が無い、だからおかしなことをするようになったのです。

子供はこのような汚れたことをしません。
加害者は、自分を裏切ったから、汚いことが出来るようになったのです。

周囲が変わっていくことで、彼ら加害者も改心する日が来るかもしれませんね(^^)/
彼ら加害者の改心を願って、僕らは自分を成長させてきましょう☆

サヨナラ・モンスターにも新しい参加者様も増えてきて、皆、1つ1つ取り組んでいます。
少し前にAmazonのKindleストアで出版した「自己肯定感を高める方法」も、
毎日、誰かに読まれていて、人気が出てきました♪

下記はAmazonの出版した側の管理画面のレポートですが、
このように、毎日誰かが読んでくれていて、更に、読まれるページ数が増えてきました!

これは、嬉しいですよ☆
セルフ出版した人にしかわからない嬉しさだと思います。

これからもどんどんセルフ出版していきたいと思います。
僕の書く文章は、読みやすく、良い意味で心に刺さることが多いと言われることがあります。

読んでくれた人が僕の文章を「材料」にして、
自分の成長に繋げてくれたら、僕も嬉しいです。

自分を変えていく、、、これが最も大切なことの1つです。
デマを流して他人を変えようとする、これは支配者のやることです。

僕らは、自分を変えていきましょう!

追記

ストーカーは、兎に角、異常な距離感で接触してきます。ですから彼らの拠点となるのはSNSなのです。
SNSは距離感が近いので、ストーカーにとっては好都合な場所なのです。

意外とストーカーからの影響に気づいていない人が多いので、
SNSをやっていると心が重ぐるしくなるのは、ストーカーとの接点の所為かもしれないのです。

本来は、挨拶から入るものですが、現代ではそれが壊れつつあります。
ですから無自覚なストーカーが増えてきているのも、自然な流れでもあるのです。

挨拶というのは、距離感を縮めないために大切なことなのです。

皆様もお気を付けください。

「言葉(文章・表現)」の重みも考えれない者たちは、
人の心を平気で刺せる人間たちです。

僕自身も、5年間真面目にツイートをしてきたのですが、
知識を持っての報告などによる、不当ロック、不当凍結はショックでした。

5年間の心を八つ裂きにされたようなものです。

ですが、こういった加害者がいるのが世の中です。
人の心を平気で刺せる加害者たちがいる、それが世の中です。

そんな世の中でも、染まるか染まらないかは自分で選択すること。
僕らは、死んでも、あのような加害者に染まることはありません。

白い布を黒く染めたら白には戻れません。
全ては自分の「取捨選択」の結果です…。

 

「つぶやき」や「記事」の
「スキ(♡)」を押して応援して下さい!
新しい「つぶやき」と「記事」はこちら

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)