自分探しを馬鹿にする彼らは、自分探しをしている人々に怯えているから、必死になって自分探しをしている人に、「お前は間違っている!」と、嘲笑いながら、恐怖を植え付けようとするでしょう。

自分探しを馬鹿にする彼らは、自分探しをしている人々に怯えているから、必死になって自分探しをしている人に、「お前は間違っている!」と、嘲笑いながら、恐怖を植え付けようとするでしょう。

自分探しをする人、本当の自分を取り戻そうとする人たちが増えました。かなり多くなりました。すると、面白いことに、それを馬鹿にする人も増えました。これは、自然なことです。自分探しを馬鹿にする彼らは、自分探しを馬鹿にしておかないといけない理由があるのです。

それについては、「【質問】自分探しを馬鹿にされました…。辛いです。本当の自分探しなんて、意味不明、自分探し症候群、末路、アホ、馬鹿、頭悪い、現実逃避、こう言われました…。私は馬鹿なのですか? 心が折れそうです。」に書きました。知りたい方は、お読み下さい。

これから、もっと、自分探しをする人が増えてくるでしょう。彼らがどれだけ馬鹿にしても、もう止められません。あなたも自分探しをして、本当の自分を取り戻そうとする、または、既にしていると思います。そして、それを邪魔するかのように、自分探しを馬鹿にする人も増えてくるでしょう。それで良いのです。

本当の意味で、自分を取り戻すというのは、そこらへんで言っているような簡単なことではなく、とても深く、難しい問題なのです。下記は、サヨナラ・モンスターの中身を確認した心の専門家の方の感想です。

サヨナラ・モンスターには、認知行動療法やスキーマ療法をはじめとした、様々な心理療法的なエッセンスが含まれています。
カウンセリングを受けたとしたら、数年分くらいに匹敵するかもしれません。
自分で専門書を購入して自己学習した場合も、かなりの年月が必要です。
そのくらいの心理療法的な知識が実践しやすい形で示された教材であると感じました。
表現もわかりやすく、調子がすぐれないときにも読み進めやすい内容となっています。

専門家が見ても数年分くらいのものだというサヨナラ・モンスター、、、ここでお伝えしているような、全てのこと(総合的な)を通過しない限り、自分を取り戻すことが出来ないくらい、「自分探し」は難しいことなのです。

よく、生きる意味がわからないと言う人がいますが、生きる意味なんて無いのです。なぜ無いか? 自分で生きる意味を創って、そこで初めて、出来上がるものですから、生きる意味を与えてもらおうと待っている人は、永遠に、生きる意味がわからない世界で生きるのです。

そんな生きる意味でさえ、生涯を通して創るものなのです。ですから、もっと難しい、自分探し、本当の自分を取り戻す、これも生涯を通して成し遂げていくくらいのことなのです。そこに向かって生きるからこそ、成長があるのです。で、その成長のために、自分探しを馬鹿にしているような、真逆のタイプの存在が役立つのです。彼らは、本当の自分と繋がることを、自ら放棄している人たちですから、自分を生きようとする人の邪魔をします。中には、相手の心が折れるまで馬鹿にし続けて嘲笑して、凡ゆる嫌がらせを駆使して邪魔をする人もいます。それがあるからこそ本当の意味での本当の自分に近づけるのです。

僕らは、「自分探し」「本当の自分を取り戻す」ということを、トップクラスの心理学者が言っている「〇〇〇〇」を含めてお伝えしています。それを成し遂げることが出来る人は、人口の2%くらいしかいないと言われています。それくらい難しいことなのです。ですから、自分探しを馬鹿にする人がいて当たり前なのです。

続きは、「【質問】自分探しを馬鹿にされました…。辛いです。本当の自分探しなんて、意味不明、自分探し症候群、末路、アホ、馬鹿、頭悪い、現実逃避、こう言われました…。私は馬鹿なのですか? 心が折れそうです。」をお読み下さい。馬鹿にされて、嘲笑されて、心が折れそうな人に読んで欲しいと思っています。

自分探しを馬鹿にする人が増えた理由、それは、自分探しを馬鹿にする彼らは、自分探しをしている人々に怯えているからです。自分探しを馬鹿にしておかないといけない理由があるから。だから、必死になって自分探しをしている人に、「お前は間違っている!」と、嘲笑いながら、恐怖を植え付けようとするでしょう。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。