心が軽くなった人たちは、皆、肯定的な意味づけ、プラスな意味づけをしている! 認知の歪みマイナス化思考を修正しよう!

心が軽くなった人たちは、皆、肯定的な意味づけ、プラスな意味づけをしている! 認知の歪みマイナス化思考を修正しよう!

サヨナラ・モンスターに取り組んで、心が軽くなった人たちは、潜在意識(無意識)レベルにある「モンスター(纏まり)」に関する情報に対し、肯定的(プラス)な意味づけをしています。下記の記事を読んでみて下さい。

昔から決めつけられて嫌な気持ちになってきたけど、この経験からプラスな部分を発見!|【公式】サヨナラ・モンスター体験談・実績報告

この記事からわかるように、過去の嫌な記憶に対して、肯定的(プラス)な意味づけをしています。決めつけられてきて嫌だったけど、実は、それによって当たりをつける(大体こうだなと大まかに予測)する力がついて、決めつけられにくい自分になっている部分もあることに気づいたという話です。その出来事の良い面に気づけると、過去の嫌な記憶が更新されて、そんなに嫌なものじゃなくなったり、人によっては「良い経験になった!」と喜べる場合もあります。

このように、自分の力で自分の心を更新していくこと。これが「王道」です。

この逆に進んでしまうと、どんどん心が苦しくなり、心が重たくなり、重度のうつ病になってしまう可能性もあります。何故かと言うと、これが認知の歪みの10パターンのうちの1つ、「ネガティブ(マイナス)化思考」だからです。下記の引用文をお読み下さい。

マイナス化思考
マイナス化思考(Disqualifying the positive)では、上手くいったら「これはまぐれだ」と思い、上手くいかなかったら「やっぱりそうなんだ」と考える。良い事があったことを無視してしまうばかりか、それを悪い方にすり替えてしまう。

バーンズによれば、認知障害の中でも最もたちが悪いという。

引用元:認知の歪み – Wikipedia

上記の「バーンズ」というのは、デビッド・D・バーンズ氏のことで、認知の歪みの概念の基礎を築いた精神科医アーロン・ベック氏の弟子です。デビッド・D・バーンズ氏は、スタンフォード大学医学部の精神科、行動科学科の精神科医、非常勤教授です。このデビッド・D・バーンズが、上記引用にあるよう、「マイナス化思考は、認知障害の中でも、最もたちが悪いもの」とのことです。つまり、修正するのがとても難しい部分なのです。

サヨナラ・モンスターの付属ツールは、この最も難しいマイナス化思考(認知の歪み)に働きかけるツールなのです。それが先程ご紹介した記事、、、

昔から決めつけられて嫌な気持ちになってきたけど、この経験からプラスな部分を発見!|【公式】サヨナラ・モンスター体験談・実績報告

この変化なのです。

心の深い部分、そこにある認知の歪み(マイナス化思考)、ここに働きかけて1つ1つ、出来る部分から修正をしていけば良いのです。この作業により、心が軽くなったという人たちが沢山いるのも、出来るだけ深い部分の認知の歪みのマイナス化思考に働きかけているからなのです。

また、前記した引用に、、「マイナス化思考は、認知障害の中でも、最もたちが悪いもの」と書かれていますが、うつ病の人が悪いわけではありません。寧ろ、勇気ある人たちです。ネガティブなことを沢山経験したからです。ただ、それがあまりにも強く、飲み込まれてしまったのだと思います。しかし、それらをプラス転換出来た時には、とても大きな成長に繋がります。マイナスが大きいと、後から得るプラスも大きいのです。

 

心の深い部分のマイナス化思考を変えよう!
【公式】恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)