同じ本を何度も読むと更なる気づきに繋がる!

352 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

同じ本を何度も読むと更なる気づきに繋がる!

あなたは同じ本を何度も読みますか? 僕は自分にとってプラスになる本の場合、何度も読む為に紙の本を購入するようにしています。紙の本の方が目が疲れにくい感じがするのと、ふと目に入った時に思い出して読みたくなるのと、新しい気づきが多い気がするからです。

例えばですが、本を読んで、「内容が浅い本だな…」と思ったとしても、実はそれは、自分の考えが浅いからその本に書いてあることに対し「浅すぎる!」と思ってしまうことがあります。自分の思考に深さがないと目の前の情報の深さが見えないのです。そしてそれから数年経ち、自分が大きく成長した時に同じ本を読み返すと、、、そこに書いてあったことは「とても深い内容だった…」と気づく場合があります。
つまり自分の成長に応じて、目の前の情報から受け取れるものも変わってくるということです。ですから自分のレベルが高くなってくると同じ本を何度も読むようになる場合があるのです。自分にとってプラスになる同じ本を何度も読むことは、更なる気づきに繋がる場合があるのでおすすめです。実際、成長スピードが早い人や成功者に同じ本を何度も読む人が多いそうです。

次の引用文をお読み下さい。

研究開発にたずさわっているときに、製造に関する専門書を繰り返し読むと、多くの気づきがあることを知って以来、「これは!」と思う本は何度も読むようにしているというのです。

引用元:同じ本を繰り返し何度も読む:トップ3%の人の仕事のルール(2/2 ページ) – ITmedia エンタープライズ

上記は、会社経営をしているKさんが言った言葉だそうです。このように、同じ本を何度も繰り返し読むことで多くの気づきがあることを知り、それ以降何度も読むようにしている人もいます。
実際、同じ本を何度も読めばわかると思います。過去読んだ時に起こらなかった気づきが起こることがあります。
僕は、この何度も読むことによる更なる気づきがとても大切だと思っています。なぜ大切なのかと言うと、より深い部分の気づきが起こるからです。本に書いてあることは同じですが、その同じことから更に気づけるのは、より深いレベルでの気づきということですので、広く浅くもいいですが、狭く深くも大切だなと思います。

先程、Amazonで販売中(僕が書いた本)の「自己肯定感を高める方法(電子書籍・紙の本)」に、また高評価レビュー(星五つコメント付き)が掲載されました! 2日前に投稿されたレビューです。

画像:(Amazonレビューより)

自分を見直せる本であり、何度も読みたいと思っていただけたようで、本当に良かったです。この本に書いたことは自己肯定感を高めるために、最も大切なことを沢山書いています。

そして、先日「Prime Reading プログラムの対象本として掲載!」されたことをお知らせしましたが、Amazonさまのお陰で、なんと!競合が多い心理学カテゴリで現在37位!! 総合で1077位! かなり上位の方にいます。何十万冊とある中でこの順位は嬉しいですね♪

是非、「自己肯定感を高める方法(電子書籍・紙の本)」を何度も読んでいただき、書いてあることを更に自分のプラスにしていただけたら幸いです。
同じ本を何度も繰り返し読むことで、良質な心の消化が起こることがあります。そして気づくことで心の栄養素となり、自分にとってプラスなものになる場合があります。

あなたも、自分にとってプラスになる本を見つけたら、その本を繰り返し読んでみて下さい。きっと、新しい気づきがあると思います。新しい気づきは必ずアウトプットしましょう! 人に話す、書き出す、行動する。そうすることで自分の心にしっかり刻まれます。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。