いつかあなたは気づくときがくるでしょう。本当の自分が、無意識の中にあることに。

いつかあなたは気づくときがくるでしょう。本当の自分が、無意識の中にあることに。

いつか、あなたは気づくときがくるでしょう…。「本当の自分」が、無意識の中にいることに…。

もし、よかったら聴いてみて下さい。

WANDS の「明日もし君が壊れても」 という曲です。

この曲は僕が17歳だった頃に聴いていた曲です。

未成年の頃、シンナー中毒で、恐喝をしてご飯を食べ、暴走族をやっていた時。僕は何もかもが楽しくなかった。生きていることが苦痛だった。理由がわからずに…。

生きている事さえ苦しく、だけど、自殺はしたくない…。二十歳までに死ねばいい…。俺は生きている価値さえない…。誰1人僕の気持ちを解ってくれる人はいるわけがない…。自殺したい…。だけどしたくない…。という混乱状態の中、矛盾を抱え、生きる気力がないまま生きていました。

心はボロボロだけど、誰にも言えない。強がるしかできない。泣くことも出来ない。涙が出そうなときはいつも気づかれないようにその場を立ち去っていた。家族には涙を見せることが怖かった。当時は怖いということさえもよく分からなかった。

苦しく、辛い思いをいつも抱えているのに当時は”それ”が何なのかさえわからずにいました。

WANDS の「明日もし君が壊れても」 という曲は17歳の時に、彼女とシンナーを吸いながら暗闇の中で悲しみが何かさえも分からないまま朝が来るのを待っていた時に部屋でリピートしてよく聞いていた曲です。

夜が怖くて、眠れなくて、シンナーを吸い、必死に来る日も来る日も幻覚の世界に逃げていたのです。シンナーを吸いたいというよりは、シンナーによって深い変性意識状態になって、幻覚を見ることが目的でした。現実が嫌で嫌で堪らなかったのです。あの時は、家族の声も、視線も、家の空気も、夢に出てくる悪夢も、何もかもが嫌だったのです。

そして、「自分が正しいのか」それとも「自分は間違っているのか」。WANDS の「明日もし君が壊れても」 の歌詞で言えば「黒か白かわからない…」みたいな感じです。なぜ、そうなるのかは、今になって理解できなのは「心理的虐待の一種であるガスライティング」によってだと分かりました。特殊な環境で黒を白だと巧妙に言われ続けると人は黒が白に思えてくるものです。

自分の求める愛や家族の形は時代遅れで間違っているのか。それともそれが普通なのか。当時は混乱していましたが、今は自分の中で答えが出ています。

当時は、僕は白か、それとも黒か。誰の意見が正しく、誰が間違っているか。 何故、僕は間違っていないことまで間違っていると言われるのか。それは間違っているからなのか。善人とは何か。悪人とは何か。悪人のフリした善人。善人のフリした悪人。人は仮面を被っているのは何故だ。僕は間違っているのか・・・?それとも僕に刷り込んでくる側がおかしいのか。など、答えが出ないままわからずに苦しさや悲しさと一緒に朝が来るのを日々待っていました。

そんな気持ちを一時的に癒してくれるのが当時の彼女です。依存関係ではありましたが ボロボロだった自分にとって唯一の存在だったのです。そんな当時の彼女がレンタルしてきたCDの中に上記でご紹介したWANDS の「明日もし君が壊れても」 が入ってきて、当時から理由がよくわからないまま気になっていたものです。

<<下に続く>>

どうして、気になっていたのかが、今になり分かるようになってきました。この歌の歌詞は当時17歳だった自分の気持ちを1部だけ表してくれるような歌だったのです。

愛とは言えないものだったけれど、当時の彼女を好きになり、初めて人を好きになる、愛するというような事をわずかにだけ感じられたのでしょう。

どん底に落ちた気持ちで、何に縛られているかもわからず、苦しみ、悲しみ、せめて綺麗でかっこよく死ねる場はないだろうか?と探して20歳までに死にたいと願ったりもしていた僕も、今は生きています。 結局は死ななかったのです。死ななくてよかったと思います。 抜け出せないほど心理的に縛られ雁字搦めで鋼鉄の鎖で心を固く縛られていたのです。

その後に少年院に行く事になり、そこで生まれて初めて自分に真剣になってくれる先生がいたことで「知らない事」を「知った」のでした。僕は誰からも大事にされた経験もそれまでなくて、僕のことを考え真剣になってくれる人もいなくて、転校の連続で、家庭も問題ある家庭でしたので温かさがなんなのかがわかりませんでした。 いつも戦場にいるような張りつめた空気。

そんな中、少年院はとても温かく落ち着いて心が安らぐ空間でした。 何度も少年院に帰りたい!と出院後も思った事があります。意図的に罪を犯して逮捕されようか考えたことありました。僕の故郷は少年院かもしれない。 心の中の故郷は少年院だ! 僕は社会不適合者であり、家族不適合者でもあるかもしれない。少年院だけが僕をまっすぐ見てくれる。 どうして逆転しているんだろう? 少年院が正常で、家庭は異常。だけど悪いことをすると少年院と言う温かい所にいける。 厳しさはありましたが、厳しさの中に温かいものがあった。

理解が出来ないままでしたが、今なら解ります。 親も苦しんでいたのです。親の苦しさを子は背負うのです。 背負うからこそ親の苦しみも解るのです。 理解は癒しです。苦しみを背負うから理解し癒せる。 子は親の苦しみを癒す力があるのです。 簡単な事ではありません。 しかし諦めなければ変えることが出来ます。

僕が10代の頃、地獄のどん底のような苦しみは親も同じように苦しんでいたのです。 信じ切ると相手の悲しみも苦しみも不思議と分かってくるものです。そこにはどんな根拠も証拠も不要です。親子、家族は、苦しみや悲しみを背負ったり背負わせたりしながら乗り越えていくものなんだと僕は思います。

今、死にたい気持ちを抱えている方は、そのことが必ず後に繋がっているんだと思います。意味のないことなど一つもない!と言いますが、本当その通りだ思います。死ぬほど苦しい人は、それが何かに繋がっているのです。 そして、繋がっているものの先は自分が本心で望んでいるものなはずです・・・。

本当の自分の気持ちは奥深いところに隠れているのです。 いつかあなたは気づくときがくるでしょう。本当の自分が、無意識の中にいることに。 そして、その自分を自分の力で取り戻すことができれば、苦しみも悲しみも自分で望んでいたことに気づくでしょう…。生きている意味は誰に教えてもらう事でもなく、自分が責任を持てるようになった分だけ自由に作り出せるようになるでしょう…。

つまり、人は、精神的に子供から大人になっていくために、誰もが苦しみ、それを乗り越えていっているということ。答えなんて何処かに書いてあるわけもないし、誰も教えてくれない。答えは、自分で出すものです。他人の考えは他人のもの。自分の考えは自分のもの。違っていい。確実な正解などない。他者に決めてもらってはいけない。

本当の自分の道を見つけ出していけば、人は幸せに近づいていけるのです。

関連コンテンツ

【新教材】SHIP

【新教材】SHIP
あなたが人生に悩み、苦しむのは「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ていないからですよね。そう、あなたは自分を信じることが出来ないのですよね。

自分を信じている人は、大好きな人と幸せになり、お金にも不自由せず、社会的に認められ、快適に楽しく暮らしています。

彼らのようになりたいのなら、「本当の自分(内なる自分)」と繋がって「本当の自信」を持てるようになることが必要なのです。

催眠療法を習得すれば「本当の自分(内なる自分)」と繋がることが出来ます。催眠療法は、アメリカでは「医療」として「正式」に認められ「効果も実証」された方法です。

催眠療法は精神療法の一種で、英国医師会と米国医師会も有効な治療法として認めている確かなものです。更に、アメリカ心理学会や米国歯科医師会も催眠を有効な治療法として認めているのです。

【新教材】SHIPは、自己催眠を習得して「本当の自分(内なる自分)」と繋がり、理想の人生を送るための教材です。

SHIPを受講すればあなたの都合の良い時に動画、音声、テキストで学習することが出来ます。サポート体制も充実しています。

この機会を逃せば、あなたはSHIPに出会えないかもしれません。募集終了になる前に受講して下さい。

続きをメール購読

この記事に「いいね!」しますか?

(最終更新:2017年9月17日)Leave a Comment0 Comment6290 views

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)