【質問】誹謗中傷依存症ってやばいですか?悪化する可能性はありますか?

185 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

【質問】誹謗中傷依存症ってやばいですか?悪化する可能性はありますか?

Q:誹謗中傷依存症ってやばいですか?悪化する可能性はありますか?

質問は「お問い合わせ」から

誹謗中傷依存症は、やばいなんてもんじゃありません……。絶対に関わってはいけない人です(僕は個人的にそう思う)。「指殺人」という言葉があるよう「人殺し(魂の殺人)」と言っても過言ではないくらい非常に危険です。SNSで数年単位で誹謗中傷を繰り返している人は「措置入院」させられた方が良いと思います(その人の為になると思う)。

誹謗中傷依存症は、悪化する可能性が非常に高いです。厚生労働省の依存症についての記事から引用させていただきますので、下記をお読み下さい。

依存性のある物質の摂取を繰り返すことによって、以前と同じ量や回数では満足できなくなり、
次第に使う量や回数が増えていき、使い続けなければ気が済まなくなり、自分でもコントロールできなくなってしまいます(一部の物質依存では使う量が増えないこともあります)。

「プロセスへの依存」について
物質ではなく特定の行為や過程に必要以上に熱中し、のめりこんでしまう症状のことを指します。

どちらにも共通していることは、繰り返す、より強い刺激を求める、やめようとしてもやめられない、
いつも頭から離れないなどの特徴がだんだんと出てくることです。

引用元:依存症についてもっと知りたい方へ |厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000149274.html)

これは、誹謗中傷も同じです。これは精神科医の方も言っていることです。

精神科医のゆうきゆう先生は
「誹謗中傷は依存症になりうる」と警告を発しています。

引用元:「誹謗中傷は依存症!」精神科医が断言 | 【横浜心療内科・精神科】ゆうメンタルクリニック横浜駅0分(https://yuik.net/yokohama/hibou/)

長く繰り返す加害者は誹謗中傷という加害行為に依存しています。誹謗中傷加害者が数年単位で誹謗中傷を繰り返している場合、被害者のことがいつも頭から離れなくなります。毎日の日課になり、サイバー(ネット)ストーカーになることもあります。そして誹謗中傷も、特定の相手に向けた言葉を書かずに、仄めかしなどで被害者にだけわからせるように書きますので、逮捕されず、匿名もされず、数年単位で誹謗中傷を続ける場合もあります。誹謗中傷問題が社会問題化していて自殺者も出ていることから考えても、どれほど恐ろしいことかわかるかと思います。心を刺し続けることを長い間行っていることで加害者はより強い刺激を求めて、やめることが出来ない状態に陥る場合もあります。ですから措置入院させられた方がその人の為になる場合もあると思います。或いは、ネットを利用出来ないようにするか、SNSを利用出来ないようにするか、何らかの対策を講じないと誹謗中傷加害者は悪化してしまいます。誹謗中傷も、加害者が繰り返せば繰り返すほどエスカレートしやすく、悪化する可能性はとても高いのです。そして、常日頃から他人の悪口を言い続けていますから、自分の脳を傷つけていますので、ある日突然、大病で倒れてしまう可能性もあるのです。下記の引用文をご覧下さい。

悪口は「ストレス発散になる」と思っているでしょうが、実際は逆です。悪口はストレスを増やします。最悪の場合、脳を傷つけ、寿命を縮める危険性もあります。

引用元:よく悪口を言う人ほど「不幸になる」科学的根拠 | 健康 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース(https://toyokeizai.net/articles/-/366140?page=2)

誹謗中傷加害者はこのことを知らない、或いはよく理解出来ていないので自分を壊していることを自覚出来ずに平気で加害行為を繰り返しますが、何れ、自分に返ってくるのです。返ってきた時に後悔しても”時すでに遅し”という場合もあるのです。人は、3年、5年、7年という節目で良いことも悪いことも返ってきやすいのです。大きな変化は数年かかります。僕が知っている誹謗中傷加害者(50歳くらい)がいますが、彼はもう2、3年誹謗中傷を続けています。そろそろ自分がやった過去の行為による結果が心身に出てくる頃かもしれません。それも自業自得なのです。自分の業(カルマ)を自分で得るのです。

誹謗中傷をして自分の脳と他人の脳を傷つけるのではなく、今日の朝投稿した記事に書いたよう、感謝を増やして脳の前頭前野を活性化させましょう!

感謝の世界(脳の前頭前野の活性化)

 

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。