離婚したくない?妻に許してもらい離婚を回避する方法!キーワードを置き換えることで気づきが起こる!妻との離婚を回避することに向き合うという事は、勘違いに気づいて、二人が幸せになる為のチャンス

8201 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
離婚したくない?妻に許してもらい離婚を回避する方法!キーワードを置き換えることで気づきが起こる!妻との離婚を回避することに向き合うという事は、勘違いに気づいて、二人が幸せになる為のチャンス

突然、愛する妻から「離婚したい」と言われた時のショックは想像を絶するもので辛いと思います。この記事では妻に許してもらい離婚を回避する方法をご紹介しております。

離婚を取り下げてほしいと願っても、相手の決心が固ければ固いほど簡単には変わりません。そして「お願い!別れないでくれ!」とか「本当にごめん!」と伝えても、ますます相手の離婚の決心は固まるばかりです。

では、どうすれば良いのか?それは約60000件のうち離婚を回避できた20000件の事例があるのですが、その離婚を回避することが出来た20000件の事例を真似することです。つまり相手を変えようとせず自分が変わる事です。

「どうして妻はわかってくれないんだ!?」 「本当に悪いと思っているのに」 このように思う事もあるでしょう。 その気持ちは良く分かります。しかし、相手はこう思うのです。 「ごめんで済むなら警察はいらないんだよ」 と・・・・。

相手は「意味のある事を求めている」のです。意味のある事は先ほど書いた約60000件のうち離婚を回避できた20000件の事例の共通点です。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

女性の方は夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法をお読み下さい。

妻が本当に怒っている理由を勘違い

妻が本当に怒っているいる理由を勘違いしているから、対処法も間違ってしまい、悪化するという悪循環にはまっているのです。勘違いを解くには「気づく」ことが大事です。

気づきを起こすと人は変わっていけます。例えば、ある方が自衛隊や警察などを見るとイライラしてくる理由が自分でわからないという事でした。その方が「自衛隊」が何故イライラするか分からずにいたのですが、キーワードを置き換えることで気づきが起こり一歩深まりました。

「自衛隊」の何がイライラするかを聞くと「門のところで黙って立っているのを見るとイライラする」とのことです。

<<下に続く>>

そこで「自衛隊」を別のキーワードを置き換えてみて下さい。と言うと、

「うーん・・・戦争?銃?監視?」

「その中で、正直に怖いものはありますか?」と聞くと

「あっ!!!!監視だ監視が嫌だ!何もしてないのに監視されて悲しくて怖かったんだ!小さい頃の家族からの監視だ!」と気づいたのです。

つまり「自衛隊」が嫌だったのではなく「小さい頃の家族からの監視が悲しかった」ことが自衛隊を見た時に重ねて見えていたのです。

例えば置き換えで

「小さい頃の家族からの監視が悲しかった」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「監視ではなく見てた」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「見てたのは心配」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「心配されて大事にされていた」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「ありがとう!愛情に気づけなかったんだ自分は」

このようになる場合もあると思います。

 このように、気づきを起こすにはキーワードを置き換えることで気づきが起こる場合もあるのです。この方法は自覚のない自分の傷や悲しみに気づいて、自分を取り戻すきっかけになる素晴らしい方法です。このように、気づきを起こすにはキーワードを置き換えることで気づきが起こる場合もあるのです。

妻との離婚を回避することに向き合うという事は、勘違いに気づいて、二人が幸せになる為のチャンスなのです。妻が怒っているという事は妻の悲しみなのです。あなたも怒っているのならあなたも悲しんでいるのです。怒りは二次感情で、メインの一次感情は悲しみです。怒りの裏には悲しみがあるのです。妻の悲しみを理解してあげることが大切です。

本気になって、自分が変わるんだという決心で以下のページをお読み下さい。あなたの力になるでしょう。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

女性の方は夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法をお読み下さい。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント一覧

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「気づき」も大切ですが「キ―ワ―ド」の変換とは思い付きませんでした。

  2. 物事を他のキーワードに置き換えて深く掘り下げていく事によって、自分でも気付けなかった自分自身に気付ける事が出来ますね。

    それによって今まで抱えていた苦しみから解放される事も出来る、素晴らしい方法です♪

  3. キーワードを置き換えると、気づくことが出来るんですね。
    とても解りやすく教えて頂き、ありがとうございます。

  4. 置き換えで気づかされる…凄く為になりました。
    色々置き換えてみて自分の心の整理をしてみようと思いました。

  5. なるほどですね!
    置き換える事によって
    いい方向へ向かいますね。

    若いときは警察が嫌いでしたね(笑)
    すぐ捕まえてむかつくーっとか
    思ってましたが
    それは、私の為だって思えましたね。

  6. キーワードを置き換えるという発想、大変参考になります。

  7. 自分が苦手だったり嫌いなものを別のキーワードに置き換えることで何で苦手なのか嫌いなのかと原因がはっきり分かるから気づきに繋がるんですね。
    私自身、苦手なものや嫌いなものからは遠ざかり関わらないようにしてきましたが、これからはキーワードを置き換えて考えてみることにします(^-^)

    気づきは幸せに繋がると教えてくれるいい配信をありがとうございます!

  8. まさにその通りですね。

    私もそのように
    置き換えると
    別の意味があったことに
    今きづきました!!

    この記事に感謝です!

  9. 気づきって大切ですよね!私も気づける人間になりた〜い♪

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)