八つ当たりを治すには誰に対しての怒りか明確にすること!そして物事を正しく筋道に沿って考えられるようになり問題を解決する力が身に付くと八つ当たりを直すことが出来る!

 2021年11月28日
30408 views
八つ当たりを治すには誰に対しての怒りか明確にすること!そして物事を正しく筋道に沿って考えられるようになり問題を解決する力が身に付くと八つ当たりを直すことが出来る!

八つ当たりとは「腹を立てた時に本来関係の無い人に当り散らすこと」ですが、この八つ当たりをしなければ心のバランスを崩してしまい更に危険な状態になる場合もありますので、物に当り散らすことで守っている場合もあります。

しかし「八つ当たりでは問題解決はしない」ということと「無関係な物や人に当り散らすので更なる問題を生み出す」ことにも繋がりますので八つ当たりする自分を治す必要があります。

八つ当たりを治すには「自分が自分を騙していること」に気づくことと「自分の傷を知ること」も大事です。それは誰に対しての怒りかを明確にすることが必要です。

この記事では「なぜ八つ当たりをしてしまうかがわからない」という人向けの記事です。

何故、八つ当たりを無意識でしてしまうのか

何故、無意識のうちに無関係な人や物へ八つ当たりをしてしまうのか。その原因の一つは「解決されていない怒りや特定できていない怒り」が無意識で引き出されているからです。

これが何かと言いますと例えばAさんが子供だとします。そして家族全体が理性の無い家族だったとします。Aさんは普段から兄弟に攻撃をされていたとします。そしてAさんは悪くもないのに、兄弟のBさんが悪いのにもかかわらず、BさんはAさんを悪者として仕立て上げることが上手だったとします。

そしてAさんが兄弟のBさんに意見を言うと家族全員からAさんが攻撃されて悪者扱いされるとします。すると当然、怒りの感情が沸き上がりますが、その怒りさえも悪だとして封じ込められるとAさんの行き場の失った怒りは消えないエネルギーとして残ります。そのエネルギーを運動などで発散してもそれは一時しのぎで根本的解決は出来ていませんので負のエネルギーは蓄積されたままです。

このことを理性の無いAさんやAさんの家族の中では「どこに、誰に、どんな問題があるかわからない」ので、Aさんの負のエネルギーの消化が出来ない状態になります。

そんなAさんの消化されていない蓄積された負のエネルギーは、歪みになりますから当然、日々ストレスを感じて生きることになります。そうしますと怒りっぽい状態になります。ですから問題を根本から解決することが大事です。Bさんが最初にウソ、または勘違いでAさんを悪者に仕立ててしまった事を正直に伝え誤り、家族も納得すれば当然Aさんも納得できるはずです。しかしBさんには素直に認めるわけにいかない理由もあるものです。

そこで、Aさんは八つ当たりをすることで、心のバランスを崩して崩壊しないように自分を守っているのです。このように支配的な家族の中では一部の人が「汚物感情処理係」になってしまいやすいのです。

八つ当たりを治すには

八つ当たりを治すにはどうしたらいいか?

まず大事なことは「八つ当たり」をする人がいる周囲には八つ当たりをしないと安定を保てない何かが隠れているという事です。この何かと言うのは、嘘や矛盾、八つ当たりの連鎖、不条理、捏造、でっち上げ、巧妙な搾取、納得いかないこと、など何かが隠れていて、そのようなことから発生したマイナスな感情を本人も誤魔化していることがあります。自分で自分を誤魔化しているから混乱している場合もあるのです。

例えば「どうしても兄弟からの攻撃が納得いかない、だけど困った時に兄弟はお金をくれた、だから兄弟は良い人だ。」こう思ってしまうと良い人だと思ったけれど「納得いかない攻撃から生まれた感情」と矛盾するので「納得いかない攻撃から生まれた感情」を隠して自分で自分を誤魔化してしまいがちです。これも八つ当たりの原因になるのです。

八つ当たりを治すには「自分を正す」ことが必要になるのです。矛盾した考えや行動を正すことが大事なのです。

理性ある自分に

大脳皮質が司っている「理性」は、物事の正しい筋道に沿って物事を判断することですが、八つ当たりをする人はこの理性の低下が関係しています。理性が低下することで物事を正しく筋道に沿って判断できなくなっているのです。それは先ほど書いたことなどが理由です。嫌いな相手から心理的賄賂を受け取ることで相手を良い人と認知を歪めたことも関係しているのです。

理性が低下すると、その時の感情的な判断で矛盾だろうが嘘だろうが関係なしに判断しがちになります。その結果、自分がマイナスエネルギーを蓄積しやすい人間になってしまうのです。ですから八つ当たりを治すには理性的であり、論理的である必要がなります。

物事を正しく筋道に沿って考えることが出来るようになってくると、問題を解決する力が身に付いてきますので、Aさんの場合はBさんにも家族にも納得させれる話をすることも出来るようになるのです。このように自分を正していけば感情的に怒る事も減りますし八つ当たりをしない自分にもなれます。

僕自身も八つ当たりをして、それがやめられなくて苦しみましたが、この記事の方法や方法の方法で八つ当たりをやめることが出来ました。それをまとめた方法が「サヨナラモンスター」です。八つ当たりを直したい人は試してみて下さい。

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。