助けてと言えない人は助けを求めることを死ぬほど怖がって気持ちを悟られないように逆に強がっている場合があります。

助けてと言えない人は助けを求めることを死ぬほど怖がって気持ちを悟られないように逆に強がっている場合があります。

助けて!と誰にも言えない人は、助けを求めることを死ぬほど怖がって、気持ちを悟られないように、逆に強がっている場合があります。その部分に触れたら自分が精神的な崩れ落ちて崩壊してしまいそうな気持ちの場合もあると思います。

そう思うようになったのは、そう思うだけのことがあったからです。決して、自分を否定しないでくださいね。助けを求めることが出来なくなるほどの過去があったのです。

そういった人は、「家族などに助けを求めたけど、いとも簡単に裏切られた」経験などが過去にあるのかもしれません。更に追い打ちをかけるかのように、弱点を探し出されては攻撃をされた過去があるかもしれません。

【言葉のいじめ対処法】言葉のイジメ、からかい、嫌がらせ、誹謗中傷、モラハラ、匿名掲示板での嫌がらせなどを行う者に効果的な対処法はコレだ!嫌なこと思い出して眠れないなら尚更解決する必要があります。

上記の記事に書いたことですが、言葉のイジメや嫌なことをする者は相手の「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げる」ようにすることを目的としています。

その為に、相手の心の脆弱性を見つけ出して、その心の脆弱性に集中攻撃をする場合があるのです。ですから、むやみやたらに自分の心の弱さを表に出さずに、助けて!と誰にも言えない状態であることは「理に適っている」とも言えるのです。

世の中には人の心を傷つけて楽しむ者はいるので、そういった者もいるということを前提に生きなくてはいけません。ですから、防衛の為に嘘をついて自分の心の弱さをカモフラージュすることも防衛手段の一つにもなるのです。

このようなことを覚えて自分で自分の心を守れるようになっていく為に、無意識のうちに、助けを求めることを死ぬほど怖がって、気持ちを悟られないように、逆に強がっている場合もあるかと思います。

大切なことは、自分の心を守るために、自分が成長をしていく事です。そして、人を助けてあげられるような自分へと変わっていくことで自分も癒されていきます。

以下の記事も読んでみて下さい。

自分が受けた被害や心の傷に関して、自分の気持ちを伝えるのが怖い理由は立派なモラルで「口封じ」されているからかもしれない。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
助けてと言えない人は助けを求めることを死ぬほど怖がって気持ちを悟られないように逆に強がっている場合があります。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
助けてと言えない人は助けを求めることを死ぬほど怖がって気持ちを悟られないように逆に強がっている場合があります。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)