来談者中心療法と自己概念

26440 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
来談者中心療法と自己概念

こんにちは菅原です。

今日は来談者中心療法と自己概念について書きたいと思います。

 

来談者中心療法とは、アメリカ合衆国の臨床心理学者であるカール・ロジャーズ提唱の心理療法です。

私たちにはパーソナリティという個性、人格のようなものがあり、人間の全体的パーソナリティは自己概念と経験によって構成されているとロジャーズは考えました。そして、自己概念と経験の不一致が、私たち人間の不適応や病理を生み出すと言われました。

自己概念とは、自分の今までの経験、そして認識した事によって作られる枠組みのことで、この自己概念と経験が不一致を起こすことで、前途した問題を生み出すということです。

ですのでこの自己概念の不一致を、一致させ修正させることが、不適応や病理を生み出す元を断つということにも繋がります。

自己概念(そうあるべき自分)自己経験(あるが ままの自分)が一致している状態を自己一致といいます。

カウンセラー自身の自己一致がされていることが、クライアントの不一致から自己一致状態に変え、治療効果をもたらす為の必要条件と言われているのです。ですので自分が辛かったから人の気持ちを分かってあげたい!というレベルでカウンセラーは目指すべきではないのです。カウンセラー自身が自己一致がなされていないと、クライアントを悪化させてしまうことにつながるのです。

<<下に続く>>

そうしてクライアントの自己概念の不一致を修正して、クライアントが本来持っている治癒力を引き出すことが、来談者中心療法なのです。

 

では、この自己概念は環境や親などによって作られてきました。私たちは子どものころは皆、純粋ですから色々な教えを鵜呑みにするのです。これはどこでも基本は同じです。そして子は無条件で親を信じますので、親の自己概念を、そのまま自分にコピーするイメージで一致されているものも、不一致のものも吸収してしまうのです。

しかし私たちは子どものころ親への依存なしでは生きられません。親の育てられ生きることは当然ですが、その間に本当の自分ではないけれど、依存しているがゆえに言えなかったことや、正しく考えることが出来なかったことなどがあります。そんな自分以外の考えも吸収してしまうものです。そういった中から自己概念(そうあるべき自分)と自己経験(あるが ままの自分)が不一致を引き起こしていき、過剰に不一致が大きくなると不適応や病理が生み出されるのです。

このようにして本来の自分ではない自分を自分だと思い込んでしまったことがあるのです。ですので思い込みの自分を修正していくことが大事なことなのですね。

 

簡単にまとめますと、私たち人間は生きていく中で思い込んでしまうことがよくあることが当たり前なのです。しかし過度に思い込んでしまうと不適当や病理を生み出してしまうので思い込みを修正し本来の自分を取り戻す事がしあわせの道だと言うお話です(*^_^*)

 

読んでいただきありがとうございました。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)