わかっちゃいるけどやめられないは、本当は「やめられない」ではなく「やめたくない」のです。アドラー心理学を学んで勇気を取り戻すことも大事です。

わかっちゃいるけどやめられないは、本当は「やめられない」ではなく「やめたくない」のです。アドラー心理学を学んで勇気を取り戻すことも大事です。

以前、書いた記事で「わかっちゃいるけどやめられない心理から脱出しよう!認知的不協和」の記事のコメントに以下の質問がありました。

とても良い質問ですので、この機会に理解を一つ深めて頂けたらなって思いこの配信をしました。

■コメントに書かれた質問内容

わかっちゃいるけどやめられないは、本当はわかっていないからやめられないのでしょうか?
矛盾してますよね。やめない言い訳に聞こえてしまいます。

■私からの回答

その矛盾で人は皆生きているじゃないですか?
あなたは自分の無意識の思考を言えますか?一日に約六万回の思考を無意識も含めするそうです。
無意識の行動を説明できますか?

9割以上は説明も出来ないと思います。
その自分で分からない部分に「分かっていない部分」があり、その部分に気づいていない人ほど無意識で悪さする傾向にあります。

このように、私もあなたも、人は全員と言っても良いくらい
「無意識で思考したこと」「無意識で行動したこと」を把握できていません。

例えば車の運転ですが、A地点から300m進んだときに、
あなたは、あとから「どこを見たか?」全て説明できますか?

運転中は物凄い神経を使い、信号や横断歩道、ミラー、遠くの景色、など色々な場所を見ていますが、
私たちは、それを後から紙に書けと言われても、全て正しく書くことなんて出来ません。

それと同じようにみんな無意識でやっている事、
思考していることが全て分かっているわけではありません。

その分かっていない部分に、悪い思考、悪い行動が隠れているものです。

無意識の奥深くなればなるほど自分でも気づきません。

「わかっちゃいるけどやめられない」という矛盾で、
気づいていないうちにマイナスの原因を「自分で作っている」のです。

ですので「成功したいのに成功できない」「儲けたいのに儲からない」
「恋愛成功したいのに上手くいかない」「金持ちになりたいのに貧しくなる」
「健康になりたいのに病んでいる」などの矛盾が生じているのです。

この深い部分に気づいて修正しないと、気づかないまま不幸の種を抱えているという事になります。

「認知的不協和」と「無意識」というキーワードで調べて勉強すればわかります。

で、これからは無意識と意識を分離できない時代ですから、
その気づかないで悪さしてしまう部分に責任持つ時代です。
ですから巧妙なモラルハラスメントは明るみに出てくるのです。

もっとモラルハラスメントは厳しくなり、今は暴言を吐くタイプのモラハラ夫が叩かれていますが、
その次は巧妙なモラハラにフォーカスされていきます。

繰り返しますが人は一日に約六万回の思考を無意識も含めするそうです。
その自分で分からない部分に「分かっていない部分」があり、
その部分に気づいていない人ほど無意識で悪さする傾向にあります。

巧妙なモラルハラスメントは
その六万回の思考の一部を多めにターゲットを追い込むことに使いますから、
暗示攻撃が無数に繰り出されているわけです。

絶大な効果を発揮するので、
モラルハラスメントをする親は子供の両手両足を切断してから、
「ほら自由だぞ?」という、事前に自由を奪っておきながら自由だと思い込ます支配…。
という表現がぴったりなのです。

自己愛性人格障害が悪化したりソシオパスのようなモラルハラスメント加害者は、
ターゲットに一日数万回もの思考をしていいる可能性があるのです。
マイナスの暗示攻撃です。ですから説明がつけにくいのです。

ご理解いただけましたでしょうか?

それでも信じられない場合はご自分で調べて勉強すれば、徐々に分かってくると思います。

厳しく言えば、「わかっちゃいるけどやめられない」は、言い訳です。

「お金持ちになりたいからお金持ちになった」

「健康になりたいから、病気を治した」

「医者が治せないと言ったけど自力で治せるから治した」

これらが実現できている人は、無意識をかなり知っている人です。
そして、勇気をもって、自分軸で、自分の人生を生きている人です。

以前、私の配信に「言い訳だろ」という感じで言っていた方がいましたが、
そういった人ほど気づいていない言い訳の人であり、投影でそう思えるのです。

無意識によって不幸も実現されているのです。

「わかっちゃいるけどやめられない」は、
本当は「やめられない」ではなく「やめたくない」のです。

自分を取り戻していきたい人は「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」をお試し下さい。
「他人軸」ではなく「自分軸」で生きていくことが大切です。

そして、勇気を取り戻すことも大事です。

私も、勇気が足りません。

だけど、勇気を取り戻すことが、
「自分軸」で生きていくことに繋がっているとハッキリわかります。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)