自分が自分の人生の主人公!本当の自分を取り戻す為に「誰か助けて!」「どうにかして!」では無理です。

2661 views
約 3 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
【恐怖克服に役立つ】毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←
自分が自分の人生の主人公!本当の自分を取り戻す為に「誰か助けて!」「どうにかして!」では無理です。

自分で自分を救い出す

本当の自分を取り戻す為に「誰か助けて!」「どうにかして!」では無理だと思います。厳しい言い方をすれば「既に自分を見捨てこれからも自分で自分を見捨てる姿勢では自分は救われない」のです。自ら学び続け自分で脱出できる力を身に付けていくこと。その為のサポートならたくさんあります。

自分が自分の人生の主人公

「助けて」というのは「自分が主である」ということが前提です。車で考えるとわかりやすいですが「目的地(苦しみから抜け出す)」に行くには自分が運転します。その為に助手席は助手が役割です。「助けて」=「運転変わって」ではないのです。自分の人生は感情を使って自分が運転するしかないのです。

感情は目的達成のために役立つ

心理学三大巨頭の1人アルフレッド・アドラーはこの「感情」のことを「ガソリン」で例えていたのでとてもわかりやすいです。人は自分の無意識のうちの「目的」のために「感情(ガソリン)」を使うのです。怒りも悲しみも涙も背後には隠れた目的があるのです。

つまり、感情は良くも悪くも「目的達成」のために役立つということです。

支配する目的で感情を使うこともある

モラハラ夫は「俺を怒らせやがって」と無意識の演技をしていますが、それは怒りの感情を使ってさっさと支配してしまいたい目的がある場合もあるということ。これはよく言われていることだから知っている人も多いと思います。その逆の涙を使う側も涙を使って相手を責める目的がある場合もあるのです。

<<下に続く>>

支配するために感情を使うことがあるのは感情の力がそれほど効果的だからです。それだけ効果的なら自分や周りの幸せのために感情を使っていくほうが良いと思います。

人生の意味は自分で創るもの

「思考」と「感情」と「行動」を使って、あなたがあなたの人生の主人公になり創造していってください。

あなた自身が自分の親になり心の中の小さな自分を守りながら闘っていくのです。

そうやって本当の自分探しをしていくのが人生です。

人生の意味は自分で創るものです。

経験値をくれるのは敵

人生は、ゲーム、ドラゴンクエストによく似ています。人生も同じで経験値をくれるのは「敵」です。自分にとっての敵を倒す(問題解決)をすると、たくさんの経験値が入り大きく成長していけます。

努力をし続けることが大切

小さいころ「石の上にも三年」とよく言われましたが、何かを成し遂げたい。大きな問題を解決したい。そう思うのなら三年は我慢して努力し続けることも大切だと思います。僕は支配から抜け出すまで人知れず11年強く苦しんで離れてから5年苦しみました。何事も時間がかかるものです。比較は無意味。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)