言葉は、時に「刃物」を超える!他人の言葉に傷つきやすい人は自分を卑下する必要はない。能力だから。あなたは「石ころ」に「ゴミだね」と言われて傷つきますか?

3030 views

「執着を手放す方法と悩みの正体!(第二版)」(2022年1月14日 販売開始)

言葉は、時に「刃物」を超える!他人の言葉に傷つきやすい人は自分を卑下する必要はない。能力だから。あなたは「石ころ」に「ゴミだね」と言われて傷つきますか?

言葉は、時に「刃物」を超えます。そして、他人の言葉に傷ついてしまい、「気にしすぎ」とか「弱いから」と言われて更に傷ついてしまう人います。そして、更に自信を失い、自分を卑下してしまう。

そんな、他人の言葉に傷つきやすい人は自分を卑下する必要はありません。傷つきやすいあなたがおかしいのではありません。他人の言葉に傷つきやすいということは、感受性が高いということ。そして繊細さも持っているという素敵なことです。つまり、それは「能力」なのです。

過去の酷いトラウマから、人と関われなくなった人がいました。その人に「人と関わらないなんてどんな人間よりも本当にゴミだよな」と平然と言い放った者がいた。これは「虐待者の言葉」です。言葉は時に刃物を超えます。末期がんの人に「癌になるなんてどんな人間よりも本当にゴミだよな」と言ったらどれほど傷つくか。これは許す必要はありません…。

残酷な言葉であり、刃物を超える場合もある悪質な言葉です。

そもそも、人は「言葉」に心動かされる生き物です。「ありがとう」「素敵だね」など、嬉しい言葉を言われたら嬉しいものですよね。ですから、言葉によって傷つく自分を卑下する必要はないのです。それだけ、能力、人間らしさを兼ねそろえているということです。

ですが、世の中、傷つきやすかったら生きづらいですよね。優しい人や、人に危害を加えない人ほど生きづらさを感じる世の中です。なので、「自分を守る」ことが絶対に必要になってきます。

優しい人は、他人のことまで考えている人が多いです。他人を傷つけてはいけないとか、他人に嫌な思いをさせてはいけないとか。確かに他人に優しくあれたらよいことだと思いますが、大切にするべきは「自分」です。自分を大切に出来るからこそ、次に、身近な人を大切にしていけるのです。

他人は「あとから余裕があれば…」でよいのです。

ですので、必要になることは「自分」と「他人」をしっかり区別するということ。例えば、石ころがあなたに「あなたはゴミだね」と言ってきたとします。あなたは傷つきますか?おそらく傷つかないはずです。そう、あなたは石ころに言われても傷つかない。しかし、それがどうして他人からの言葉だと傷ついてしまうのか。

石ころが、もし「あなたはゴミだね」と言ってきたとしても「それが連鎖することはない」から怖くもなんともないのです。石ころには「あなたを傷つけようとする意図はない」のです。しかし、人間は違います。「あなたはゴミだね」と言った者が、「あの人ってゴミだよね~」と連鎖させようとします。傷つけようと、自尊心を傷つけようと、悪意を持って意図してる者もいます。だから恐怖が出たり不安になったりするのです。そして、傷つくのです。当然です。傷つくということは正常である証です。

では、無人島で、生涯、「あなたはゴミだね」と言ってくる者と2人きりだったとします。死ぬ日が来るまで他の人は誰もいない。そんな状況で相手に「あなたはゴミだね」と言われても、まったく傷つかないと思います。つまり、人間関係において何らかの不利な状況になりそうだから、それに対して「対処する必要がある」から傷つくという場合もあるのです。

だからと言って無人島に行って生活するのは難しいですよね。人は、群れの中で生きていかないといけない。そして、群れには群れの力や支配もある。それが自分にとって思わしくない支配や力の場合もある。そうなればなるほど、些細なことで傷つくのです。その群れの中で傷つかないように対処する必要があるから傷ついて教えてくれるのです。

つまり、傷つくというのは「メッセージ」なのです。それに自分が対処できるようになる必要があるよと教えてくれているのです。今よりも、もっと強くなるために必要なメッセージなのです。「心の脆弱性はここだよ!」と教えてくれているのです。

先ほど、無人島の話を例にしました。無人島で生きるには自立するしかありません。ですから相手にどうにかしてほしいとか、相手に依存するとかはありません。だから、無人島で「あなたはゴミだね」と言われても傷つかないのです。

つまり、傷つくということは、自分の、相手への「支配」や「依存」や「不安」が隠れているのです。無意識のうちに、相手にどうにかしてほしいと思っていたり、思い通りにしようとしたりしているから傷つくのです。逆に、石ころには依存しませんよね。だから石ころに「あなたはゴミだね」と言われても傷つかないのです。

もし、赤ちゃんに「あなたはゴミだね」と言われたら?飼っているペットに「あなたはゴミだね」と言われたら?たぶん傷つかないでしょう。赤ちゃんやペットに何かをしてほしいと依存していないからね。依存をすると、相手にどうにかしてほしいと強く思い、心の距離感が近くなり、結果、傷つくこともあるのです。

他人に言われて傷つくのは、その相手にどうにかしてほしい何かがあったり、他人の言葉で自分がどうにかなっちゃったりするかもしれない不安があるからなのです。

つまり、「依存をやめる」ことと「自信を持つ」こと、そして「区別」して、自分に不要な言葉を「受け取らない」「反応しない」ということが出来るようになれば、傷つくことを減らすことが出来るのです。

短期間で自分に自信を持てるようになりたいなら、「SHIP」をお試し下さい。SHIPを自信を持てない原因となっている扉を開いて、直接情報を書き換えることが出来るものですので、本当の自分を信じることが出来るようになるのが早いです。

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

恐怖・トラウマ克服
「サヨナラ・モンスター」

恐怖・トラウマ克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。