言葉は、時に「刃物」を超える!他人の言葉に傷つきやすい人は自分を卑下する必要はない。能力だから。あなたは「石ころ」に「ゴミだね」と言われて傷つきますか?

言葉は、時に「刃物」を超える!他人の言葉に傷つきやすい人は自分を卑下する必要はない。能力だから。あなたは「石ころ」に「ゴミだね」と言われて傷つきますか?

言葉は、時に「刃物」を超えます。そして、他人の言葉に傷ついてしまい、「気にしすぎ」とか「弱いから」と言われて更に傷ついてしまう人います。そして、更に自信を失い、自分を卑下してしまう。

そんな、他人の言葉に傷つきやすい人は自分を卑下する必要はありません。傷つきやすいあなたがおかしいのではありません。他人の言葉に傷つきやすいということは、感受性が高いということ。そして繊細さも持っているという素敵なことです。つまり、それは「能力」なのです。

過去の酷いトラウマから、人と関われなくなった人がいました。その人に「人と関わらないなんてどんな人間よりも本当にゴミだよな」と平然と言い放った者がいた。これは「虐待者の言葉」です。言葉は時に刃物を超えます。末期がんの人に「癌になるなんてどんな人間よりも本当にゴミだよな」と言ったらどれほど傷つくか。これは許す必要はありません…。

残酷な言葉であり、刃物を超える場合もある悪質な言葉です。

そもそも、人は「言葉」に心動かされる生き物です。「ありがとう」「素敵だね」など、嬉しい言葉を言われたら嬉しいものですよね。ですから、言葉によって傷つく自分を卑下する必要はないのです。それだけ、能力、人間らしさを兼ねそろえているということです。

ですが、世の中、傷つきやすかったら生きづらいですよね。優しい人や、人に危害を加えない人ほど生きづらさを感じる世の中です。なので、「自分を守る」ことが絶対に必要になってきます。

優しい人は、他人のことまで考えている人が多いです。他人を傷つけてはいけないとか、他人に嫌な思いをさせてはいけないとか。確かに他人に優しくあれたらよいことだと思いますが、大切にするべきは「自分」です。自分を大切に出来るからこそ、次に、身近な人を大切にしていけるのです。

他人は「あとから余裕があれば…」でよいのです。

ですので、必要になることは「自分」と「他人」をしっかり区別するということ。例えば、石ころがあなたに「あなたはゴミだね」と言ってきたとします。あなたは傷つきますか?おそらく傷つかないはずです。そう、あなたは石ころに言われても傷つかない。しかし、それがどうして他人からの言葉だと傷ついてしまうのか。

石ころが、もし「あなたはゴミだね」と言ってきたとしても「それが連鎖することはない」から怖くもなんともないのです。石ころには「あなたを傷つけようとする意図はない」のです。しかし、人間は違います。「あなたはゴミだね」と言った者が、「あの人ってゴミだよね~」と連鎖させようとします。傷つけようと、自尊心を傷つけようと、悪意を持って意図してる者もいます。だから恐怖が出たり不安になったりするのです。そして、傷つくのです。当然です。傷つくということは正常である証です。

では、無人島で、生涯、「あなたはゴミだね」と言ってくる者と2人きりだったとします。死ぬ日が来るまで他の人は誰もいない。そんな状況で相手に「あなたはゴミだね」と言われても、まったく傷つかないと思います。つまり、人間関係において何らかの不利な状況になりそうだから、それに対して「対処する必要がある」から傷つくという場合もあるのです。

だからと言って無人島に行って生活するのは難しいですよね。人は、群れの中で生きていかないといけない。そして、群れには群れの力や支配もある。それが自分にとって思わしくない支配や力の場合もある。そうなればなるほど、些細なことで傷つくのです。その群れの中で傷つかないように対処する必要があるから傷ついて教えてくれるのです。

つまり、傷つくというのは「メッセージ」なのです。それに自分が対処できるようになる必要があるよと教えてくれているのです。今よりも、もっと強くなるために必要なメッセージなのです。「心の脆弱性はここだよ!」と教えてくれているのです。

先ほど、無人島の話を例にしました。無人島で生きるには自立するしかありません。ですから相手にどうにかしてほしいとか、相手に依存するとかはありません。だから、無人島で「あなたはゴミだね」と言われても傷つかないのです。

つまり、傷つくということは、自分の、相手への「支配」や「依存」や「不安」が隠れているのです。無意識のうちに、相手にどうにかしてほしいと思っていたり、思い通りにしようとしたりしているから傷つくのです。逆に、石ころには依存しませんよね。だから石ころに「あなたはゴミだね」と言われても傷つかないのです。

もし、赤ちゃんに「あなたはゴミだね」と言われたら?飼っているペットに「あなたはゴミだね」と言われたら?たぶん傷つかないでしょう。赤ちゃんやペットに何かをしてほしいと依存していないからね。依存をすると、相手にどうにかしてほしいと強く思い、心の距離感が近くなり、結果、傷つくこともあるのです。

他人に言われて傷つくのは、その相手にどうにかしてほしい何かがあったり、他人の言葉で自分がどうにかなっちゃったりするかもしれない不安があるからなのです。

つまり、「依存をやめる」ことと「自信を持つ」こと、そして「区別」して、自分に不要な言葉を「受け取らない」「反応しない」ということが出来るようになれば、傷つくことを減らすことが出来るのです。

短期間で自分に自信を持てるようになりたいなら、「SHIP」をお試し下さい。SHIPを自信を持てない原因となっている扉を開いて、直接情報を書き換えることが出来るものですので、本当の自分を信じることが出来るようになるのが早いです。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)