誰もが、親を恨むことがあるかと思います。僕もです。ですが、それでも、最後には上記の記事のような「自分が成長して、感謝できる自分になりたい」というところに到達するのではないでしょうか。

752 views
約 2 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧
誰もが、親を恨むことがあるかと思います。僕もです。ですが、それでも、最後には上記の記事のような「自分が成長して、感謝できる自分になりたい」というところに到達するのではないでしょうか。

あなたに読んでほしい記事があります。

それはこちらです。

親を恨む気持ちを乗り越えて感謝!いろんなことがあったけど それでも育ててくれた親に「育ててくれたこと、ありがとうね(#^^#)」って伝えてみました。

親への思い、気持ちを言葉で伝える大切さ、作られる感情、そういった大切なことを感じ取れる内容だと僕は思います。

<<下に続く>>

誰もが、親を恨むことがあるかと思います。僕もです。ですが、それでも、最後には上記の記事のような「自分が成長して、感謝できる自分になりたい」というところに到達するのではないでしょうか。

僕の「目的(ゴール)」はそこです。自分が成長し、親に、心から「育ててくれてありがとう」と伝えることが出来る自分へと成長していきたいなと思っています。殆どの人が同じ思いなのではないでしょうか。

だから、時には親を悪く言い、親を恨むのではないかと。本当は大切な親。だから恨むのだと。1歩1歩自分の弱さを超えて強くなっていき、親に「育ててくれてありがとう」と親孝行できるようになっていきたいと思いますね。

 

親を恨むことは、誰にでもあることで、「成長」において必要なことです。その先に、自分の成長と共に、親への感謝の気持ちが自然に出てくるのです。人は比較する必要もない。今、恨んでいる人も、それを否定する必要もない。ありのままの自分の感情を感じ切ったら、変化が訪れます。

 

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)