誰もが、親を恨むことがあるかと思います。僕もです。ですが、それでも、最後には上記の記事のような「自分が成長して、感謝できる自分になりたい」というところに到達するのではないでしょうか。

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
誰もが、親を恨むことがあるかと思います。僕もです。ですが、それでも、最後には上記の記事のような「自分が成長して、感謝できる自分になりたい」というところに到達するのではないでしょうか。

あなたに読んでほしい記事があります。

それはこちらです。

いろんなことがあったけど それでも育ててくれた親に「育ててくれたこと、ありがとうね(#^^#)」って伝えてみました。

親への思い、気持ちを言葉で伝える大切さ、作られる感情、そういった大切なことを感じ取れる内容だと僕は思います。

<<下に続く>>

誰もが、親を恨むことがあるかと思います。僕もです。ですが、それでも、最後には上記の記事のような「自分が成長して、感謝できる自分になりたい」というところに到達するのではないでしょうか。

僕の「目的(ゴール)」はそこです。自分が成長し、親に、心から「育ててくれてありがとう」と伝えることが出来る自分へと成長していきたいなと思っています。殆どの人が同じ思いなのではないでしょうか。

だから、時には親を悪く言い、親を恨むのではないかと。本当は大切な親。だから恨むのだと。1歩1歩自分の弱さを超えて強くなっていき、親に「育ててくれてありがとう」と親孝行できるようになっていきたいと思いますね。

 

親を恨むことは、誰にでもあることで、「成長」において必要なことです。その先に、自分の成長と共に、親への感謝の気持ちが自然に出てくるのです。人は比較する必要もない。今、恨んでいる人も、それを否定する必要もない。ありのままの自分の感情を感じ切ったら、変化が訪れます。

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)