相手の気持ちを「妄想」して思い込んだままいるのはやめてみよう!相手の気持ちは相手のもの!相手の気持ちを盗む「気持ち泥棒」はやめよう!

相手の気持ちを「妄想」して思い込んだままいるのはやめてみよう!相手の気持ちは相手のもの!相手の気持ちを盗む「気持ち泥棒」はやめよう!

相手の気持ちを「妄想」して思い込んだままいる。こちらは、意外とよくあることで本人は気が付いていなかったりします。そして「妄想」の餌食になっていくのです。

例えば、Aさんが「パソコンを寝室に持っていく」と前もってBさんに話していました。そしてAさんがパソコンを寝室に持って行ったところ、Bさんは寝室のパソコンを置くであろうと予想していた部分においてある台を既に移動させていました。

そこにあるはずの台が無く、これはBさんが邪魔だと思い移動させたのです。Bさんの妄想では「Aは床にパソコンを置くから、台をどけてほしいと思っている。私は気が利く人だから台を移動させ役立った」と思い込んでいました。

しかしBさんの「私は気が利く人だから役立った」とか「台をどけてほしいと思っている」という思い込みは妄想で、現実とは違ったのです。現実ではAさんは置いてある台の上にパソコンを置きたかったのにBさんがどかしてしまい、台がどこかにいってしまいBさんに「ここにあった台知らない?使うんだけど?」と主張にBさんは「なんなの?せっかく親切に片付けたのに…」とネガティブに捉えます。

このBさんの「私は気が利く人だから役立った」とか「台をどけてほしいと思っている」という思い込みの妄想は現実とは違うので、相手を無視して嫌な思いをさせているので、現実ではトラブルの元になりやすくなります。

BさんがAさんの気持ちを勝手に読んだつもりで、決めつけて、親切の押し売りになってしまう妄想が、結果としてAさんの気分を害してしまい、Aさんが自己主張をしたときに、さらにその主張までBさんが潰そうとするのでBさんの行いは相手が意見が言えない場合、相手の思考をコントロールする働きにもなりやすいのです。

「妄想」は自分では気が付かないもので、非常に悪影響を与えてしまいやすいのです。

相手の気持ちを勝手に読んでしまうのは認知の歪みの10パターンの内の1つ「結論への飛躍(心の読みすぎ)(先読みの誤り)」に該当すると思います。

Aさんの主張「ここにあった台知らない?使うんだけど?」と自分の気持ちを正しく言った

Bさんの主張「なんなの?せっかく親切に片付けたのに…」とネガティブの押しつけ

これではAさんは「なんなの?ってなんなんだよ?」となりやすい

この場合、Bさんの出方次第で、Aさんの「ここにあった台知らない?使うんだけど?」の主張を封じ込めるやり方になってしまいます。Aさんの「ここにあった台知らない?使うんだけど?」は自己主張ですので他者がこの主張をコントロールしようとしてはいけません。例え「ここにあった台知らない?使うんだけど?迷惑だから勝手に移動させるのは今後やめてね」と言ったとしても別に悪い事でもなんでもありません。それを悪いと決めつけようとする側に問題があるのです。

大事なことはBさんがAさんの気持ちを決めつけてはいけないということが大事なので、台を移動させたいのならBさんはAさんに「寝室の台、使う?使わないなら移動させようと思うんだけど?」と相手に伝えた上で、相手に意見を聞いて移動させるか移動させないか話し合いをすればトラブルは起きにくいと思われます。

トラブルとは、現実を無視した妄想が引き起こすのです。妄想をやめるために正しい根拠を出すことや、論理的な思考をすることが大事なのです。人はたくさんのことを思い込んでいるものです。その思い込みから解放されることが楽になる道なのです。

例えば、「朝日綺麗だねぇ」という言葉の「朝日」を聞いた「瞬間」嫌な感情が瞬時に浮かぶとします。それも「妄想」です。「朝日」は「朝日」でありそれまでです。そこに「朝日」に「マイナス感情」が瞬時に浮かんできて、自分で「朝日」を嫌なものに変えていってしまうのです。そして「朝日」を浴びず「運動」も嫌になり昼夜逆転になります。

なので、相手の気持ちは、自分の妄想で決めつけるのではなくて、相手に確認をしたりして現実的な解釈をしましょう。そうすることで正しい良い感情が生まれます。

そして、Bさんは幼少期から「みんなの気持ちを考えないBは悪い奴だ」と言われてきたことで、

「人の気持ちは考えるのは無理…」

「人の気持ちは考えなければいけない…」

このように無理なのに考えなくてはいけない自動思考に縛られていました。

ですので、

相手の気持ちを察するのは本当は無理だけど考えなくてはいけない

↓ ↓ ↓

無理だから考えないで相手に聞こーっと(#^^#)

このように変換すると良いと思います。

過去の痛みを乗り越えるチャンスでもあります。

勇気をもって、新しい考え方をしてみましょう。

相手の気持ちは相手のものです。相手の気持ちを盗む気持ち泥棒はやめていくことが「支配」をやめることにも繋がっています。

そうすれば、きっと、うまくいきますよ!

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)