結婚や恋愛で騙され、お金も奪われ、借金も背負った。そんなあなたに足りないこと

結婚や恋愛で騙され、お金も奪われ、借金も背負った。そんなあなたに足りないこと

結婚や恋愛で騙され、お金も奪われ、借金も背負った。そんなあなたに足りないことは「人間的成長」です。

この3つの記事でもお伝えしてきたことですが、

まず、詐欺師というのは美徳や道徳を使って、気づかれないように人を支配していきます。そして、相手の「人間的に成長したいという欲求」を奪うことが上手です。なぜか?人間的成長をされると「騙しにくくなる」からです。だから詐欺師は、「人間的に成長したいという欲求」を封じ込め、相手を成長をさせないように上手く誘導するのです。

アメリカ合衆国の心理学者であるマズローの欲求5段階説の高次の欲求に「自己実現の欲求(もっと成長したい!)」があるのですが、詐欺師が行うのは、この高次の欲求の妨げです。そして、それは相手の未来を潰すことと同じです。僕も、騙されて「成長を放棄した時期」があるのでよくわかります。

モラルハラスメントの加害者が、美徳や道徳を使って被害者を縛り上げるときに「自己実現の欲求(もっと成長したい!)」を奪うことがあるのですが、簡単に言えば騙されるわけです。僕の場合は「洗脳」されて「間もなく世の中が滅びる」と思い込まされていたので「何をしても無駄」と強く思っていた。

「洗脳」は、心の中に、洗脳者にとって都合が良い仮想世界を、相手に作りだすんです。その洗脳者が作った仮想世界のほうが、リアルに感じるように心を操作されてしまうのが洗脳です。僕が過去に洗脳されたのも、あらゆる情報を刷り込まれて、ずっと「もうすぐ世界が滅びる」と思い込んでいました。

そのときに、言葉は違いますが、「人間的成長はしなくてもいいんだよ」と「」を与えられて騙されていたのです。

だからこそ、わかるのです。詐欺師ほど「人間的成長はしなくてもいいんだよ」と一見、良いことを言って、成長を阻害しようとして騙してくることが多いのです。僕は、長い年月かけて騙されて、しっかり解けるまで何年もかかった。長い時間の経験があるからよくわかるのです。

言葉巧みに「人間的成長はしなくてもいいんだよ」と「」を与えておけば、「騙されやすい人」になります。当然ですよね。人間的成長を放棄した者は簡単に騙されます。本当に相手のことを思うなら、厳しく突き放し、人間的成長を促すもの。逆に、騙されてほしいのなら「飴」をいっぱい与えればいい。

もしも、僕がみんなから搾取したり、騙したりしたい気持ちが少しでもあるのなら「飴」を与え続けます。「人間的成長はしなくてもいいんだよ」とか、「そのまんまでいいんですよ」「変わる必要はありませんよ」と…。「人間的成長」は「自己学習」の先にあります。騙されないために大切なこと。

真の詐欺師は、詐欺師仲間でグループを形成し、ターゲットを囲って、言葉巧みに「人間的成長はしなくてもいいんだよ」という飴を与えながらマインドコントロールしていくものです。そうやって飼いならされてしまうことで「骨抜き状態」になりますので、簡単に騙されていきます。

このブログのトップに「本当の自分の感情を感じて、幸せになる(本当の自分を取り戻す)ための情報サイト。お人好しをやめ、洗脳を解き。支配から脱出して騙されない自分へ…。」と書いているのは、騙されることが不幸の原因になっているからなのです。騙されて、本当の自分を見失い、相手の考えを自分のものだと思い込んでいて、それなのに、そのことさえわかっていない状態。それが不幸の道なのです。

結婚や恋愛で騙され、お金も奪われ、借金も背負った。そんなあなたに足りないことは「人間的成長」によって、見抜く目を持って、騙されない自分になり、本当の自分を大切にして生きていくことです。どうして、本当の自分を生きるのに人間的成長が必要なのか。それは、生きている限り支配や外部圧力は必ず続くからです。

本当の自分を生きるためには、歩き続けないければいけないのです。だからこそ人間的成長は必須なのです。人間的成長を放棄したら、本当の自分を生きることは出来ません。支配者に支配されて、飴と鞭で飼いならされて、餌をもらって生きるだけです。このような飼いならされた人生では、結婚や恋愛で騙され、お金も奪われ、借金も背負う。こういったことが付き物なのです。

そうなりたくないのなら、騙されない自分になり、本当の自分を生きることです。

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)