嫌がらせをしておいて「そんなつもりじゃないのに」と嘘をついて誤魔化す人への対処法

嫌がらせをしておいて「そんなつもりじゃないのに」と嘘をついて誤魔化す人への対処法

嫌がらせをしておいて「そんなつもりじゃないのに…」と嘘をついて誤魔化す人がいる。やめられることをやめないのは「嫌がらせ」。なので「嫌だからやめて下さい」と相手に意思表示して伝えた後にも繰り返される場合は、相手が「そんなつもりじゃないのに」と言っても通用しません。立派な嫌がらせです。

嫌がらせをするような者は「はい!嫌がらせしました!」なんていうわけがありませんよね。当然、隠します。隠すだけではなく「隠しながら更なる嫌がらせをする」こともあります。例えば、嫌がらせをされているから「それやめてよ」と伝えたら「そんなつもりじゃないのに…」と、あたかも言った側が「誤解した」「勘違いした」「被害妄想している」というようなレッテル貼り。そして、それを繰り返し、また「そんなつもりじゃないのに…w」と。

このような嘘をついて嫌がらせをする者には、明確な意思表示が大切です。相手のしてきていることを具体的に伝えて下さい。例えば、「通りすがりに耳元で音を鳴らすのは、嫌だからやめて下さい」と相手に意思表示して、意思表示した部分の証拠を取っておけば、その後に繰り返される嫌がらせは、相手が「そんなつもりじゃない」とぼけても無駄です。裁判になった場合、相手が嫌がらせをしているという、重要で有効な証拠となるかと思います。さらに、上記のたとえの場合は、耳元で鳴らす音の証拠も取れたらさらに良いと思います。そういったことを繰り返してくる証拠をしっかりとっておけば裁判で有効な証拠になるかと思います。

そもそも、裁判に「つもり」なんて通じません。裁判で「そんなつもりじゃないのに…」といえばいいのです。敗訴しますから。「そんなつもりじゃないのに…」で通用するのは小学生までです。「つもり」の問題ではなく「事実」の問題なのです。「そんなつもりじゃないのに…」と嫌がらせを繰り返す者は、相手の証拠保全する能力が低いと思っているほど繰り返す傾向があるものです。

「そんなつもりじゃないのに…」で済めば警察はいらないのです。傷害事件を起こし逮捕された者が「そんなつもりじゃないのに…」が通用しますか?しませんよね。それと同じことです。

嫌がらせをされている人は「確かな証拠を集める」ことが大切です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)