「相手の運を吸い取る」のではなく「相手の運を上げる」こと。運気を上げてくれる人って一体何者なの!?

1005 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
「相手の運を吸い取る」のではなく「相手の運を上げる」こと。運気を上げてくれる人って一体何者なの!?

世の中には、「相手の運を吸い取る人」もたくさんいます。その逆で「相手の運を上げる人」もたくさんいます。

相手の運を吸い取れば自分も相手もやつれていく

幸せになっていくには「相手の運を吸い取る」のではなく「相手の運を上げる」ことが大事です。なぜなら、吸い取る側は「自ら生み出すことが出来ない非生産的で依存タイプ」なので、常に他者に左右されてしまうので「本当の自分を生きられない」から。そして、自分も相手もどんどんやつれていきます。

誰もが、自分の運を吸い取られたくはありません。ですので、吸い取る側は、嘘をつき、騙して吸い取ることが殆どです。これではいつまでも本当の自分を生きることは出来ません。信頼関係も、絆も構築できません。

相手の運を上げれば自分の運が上がっていく

幸せになるには、本当の自分を生きて、生産的に生きていく必要があります。そういった幸せになる人が女性ならあげまん女性ですね。あげまんは、潜在意識(無意識)レベルで相手にプラスな影響を与える人です。つまり、あげまん女性は、相手の運を上げてくれる人なのです。

あげまん女性は、本当の自分を生きていて、母親のような強さも持ち、笑顔が多い。そして絶え間ないプラスな影響を潜在意識(無意識)レベルで出している人です。

あげまん女性は、とても賢いのです。ちゃんと相手をプラスにしたら自分にもプラスが返ってくることを無意識のうちに知っているのです。

運気を上げてくれる人って一体何者なの!?

この、相手の運気を上げてくれる人って一体、何者なのか。

そのことを理解するために逆のマイナスから考えてみて下さい。

例えば、稼げる仕組みを作った人はそれを「自動化」させる。とても良い方法で便利ですよね。これと同じように無意識のうちに相手の運気を下げたり嫌がらせをしている人も、過去にそういったことを繰り返したことで「嫌がらせに磨きをかけて自動化させた」のです。これは潜在意識(無意識)の領域にある「習慣」なので変えるのは大変です。

このように嫌がらせに磨きをかけた人は、相手が嫌がっているのに「そんなことくらい気にするなよw」と気にしている相手が悪いと言うことがあります。本人は、嫌がらせを自動化させてきているので「当然のこと」になっていて、1つ1つのことを自覚していないこともあります。「そんなことやったっけ?知らねーよw」と。

<<下に続く>>

繰り返すと無意識の習慣になり、習慣になると自動化するので、本人は「やっている自覚がなくなる」こともあるのです。ここまでくると、無自覚型ハラスメント加害者になっています。こういう人といると、心がざわつき、焦りが出たり、心がチクチク刺されているように感じることもあります。

つまり、「相手の運気を下げてしまう人」です。

では、その逆の「相手の運気を上げてくれる人」はいったい何者か。

それは、「心から人の幸せを願っている人」なのです。無意識は自分の本性であり本音ですから、心の底から願っているから相手にそれが様々なメッセージで無意識のうちに伝わりプラスの作用が出ていくのです。素晴らしいほど素敵な人ですよね。本音なので、本人も「よし、あの人の運を上げてあげたい」なんて思っていないのです。心の底からの本音なので自然に相手の運を上げてしまうような影響を出している人なのです。

先ほどお伝えした「自動化」のお話。これがプラスに働いている人なのです。その人は、過去に、人を幸せを願ってきた過去があるのです。だから、習慣になり、自然にそれが出てくるまでになったのです。

「相手の運を上げる」自分になりたい?

「相手の運を吸い取る人」でも「相手の運を上げる人」になれるのか。

答えは「はい。なれます。」ということ。

自分さえ、本気でその気になればちゃんと変われます。人は変われる生き物です。今までは、自分なりに頑張って生きてきた。だから、結果として「相手の運を吸い取る人」になってしまったのかもしれない。それでも、一生懸命生きてきたのだと思います。

そして、それらの経験から「無意識の習慣」や「自動化」の深い意味を勉強できるのです。つまり、要は「マイナスをプラスに転換」すればいいってことです。無意識のうちに相手の運を吸い取り、相手を傷つけ、相手に嫌がらせをしつこくしてしまう人が、プラスになったら、自動化の基礎は出来ているので、プラス転換すれば間違いなく「相手の運を上げる人」になれます。

「相手の運を上げる」自分になりたいのなら、まずは、相手の喜びを自分も嬉しいと感じる「共感の心」を養うとよいでしょう。

僕も、「かなりの共感の欠如」があるので、共感の心を養っていこうと思っております。

共感できると、相手の喜びを自分も喜べますし、そういう自分になれたら相手の運も上がっていく。そしたら、自分にもプラスが返ってくる。良い循環ですよね(*^-^*)

関連コンテンツ

bright-ms.net


悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法は「知らないことを知る」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
→ 「サヨナラ・モンスター」 ←

極度の緊張や恐怖の克服法
毎日数分程度の音声を聴くだけ!
→ サヨナラ・モンスター(Voice) ←

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)