文章が書けない。意見が言えない。アイデアが出ない。ストレス?うつ?どうしたら自分の伝えたいことを書けますか?

2100 views
約 4 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。
感情を道具のように活用して自由になる方法
→ 感情レボリューション ←
文章が書けない。意見が言えない。アイデアが出ない。ストレス?うつ?どうしたら自分の伝えたいことを書けますか?

文章が書けない。意見が言えない。アイデアが出ない。ストレス?うつ?どうしたら自分の伝えたいことを書けますか?」という悩みを持っている人が、どんどん記事を書けるようになる方法を音声でお伝えします。

話すのが苦手なのと、誹謗中傷されたことを思い出したので少し感情的になってしまい、
偉そうに聞こえてしまう部分もあるかもしれませんので不快な気持ちにさせてしまったらごめんなさい。
それでも良かったら参考にしてみてください。

一気に書こうと思うから書けないのです。コツコツで良いのです。音声でお伝えしていますけど、ふと思ったこと。閃いたこと。そういったことをメモ帳に書いたり、ツイッターをメモ帳代わりにしてツイートしておいたり。それを元に後から肉付けしたりしていけば簡単に自分の伝えたいことや意見を文章にすることが出来ます。それでも出来ないという場合、邪魔しているものがあります。その1つが「恐怖」です。

実は、恐怖は文章を書けなくさせる最大の原因にもなります。しかも文章だけではありません。実際に自分の気持ちや意見を言うことさえも「恐怖によって封じられる」ことがあるのです。その恐怖が強いと、耳の下あたりから顎の下(先端)にある顎二腹筋という筋肉が異常硬直している場合があります。感情は筋肉に蓄積しますので。

専門家は、こう言っています。

ライターになることを尻込みさせている障害を克服しなければならない。恐怖、無気力、自信または知識(あるいはその両方)の欠如が組み合わさったものがそれだ。

引用元:「コンテンツ・マーケティング64の法則」のP34より

<<下に続く>>

これでわかるよう、恐怖は文章を書くことを徹底して封じることもあるのです。まるで、指に恐怖の亡霊がとりつくかのように。それほど強い力となって「本当に言いたいこと」を言えないようにしてくるということです。そして、自分を捻じ曲げ、当たり障りないつまらない文章を書くようになる人もいるのです。

過去に書いた記事も読んでみてください。

文章を書くこと、自分の心から湧き上がってくる本音を言うこと、これに対して、一体どんな恐怖を自分は持っているのか?

考えたことありますか?

誰からの支配が怖いのですか?

子供の時には言いたいことや本音は誰でも言えた時期があります。

いつからか、それが言えなくなって、自分を捻じ曲げ、自分に嘘をつき、自分を見失い、そして、本当に言いたいことがわからなくなってしまった。

僕もそうだった。

だから、僕も文章を書くことが怖くて怖くて仕方なかった頃がある。

支配者が怖かった。

あらゆる否定や心への攻撃をしてくる。演技までした。

怖くて、自分の意見を言えないこともあった。

だから、知る努力をしたのです。

何を知るようにしたか?

「あらゆる否定や心への攻撃をしてくる。演技までした。」という、嘘つきの正体を知る努力をしたのです。

そうすると、知るということが光を照らすことになりますので、正体がわかり、恐怖が消えていきました。

そのおかげで、自分の気持ちを言えるようになりました。

あとは、今、僕がこのように書き殴るように文章を書いていますが、また別の日に読み返したり、追記したり、検索エンジン用のキーワードを設定したりしていく予定です。

そうやって、少しずつ、記事を整えていくのです。

恐怖を捨て、自分を大事にして、思ったことや閃いたことをメモしておけば誰でも文章を書くことが出来るようになります。

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)