自己愛

トラウマ

トラウマを自力で書き出して克服する:あなたの内なるモンスターにサヨナラを

菅原隆志 トラウマを書き出すことで、心的外傷後成長(PTG)に繋げた僕の知識と、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)の知識を融合させて、ChatGP...
心の問題解決(1)

執着を手放し、自由を手に入れる – 心の重荷を解放する究極ガイド

執着の鎖を断ち切る第一歩 私たちはなぜ執着するのでしょうか?この問いに答えることから、心の自由への道が始まります。執着を手放すという行為は、ただ単に物や人から距離を置くことではありません。それは、私たちの内面に潜む深い欲求と向き合い、心の平...
トラウマ

2024年最新!【アメリカ】未解決トラウマが認知症リスクを高める?UCLAの研究が示唆

はじめに 菅原隆志 【米国】UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の最新研究で、未解決のトラウマが、心だけでなく、脳にも悪影響を及ぼす可能性があるということが示唆されています。さっき、この研究記事を読んで、「これは皆様にお伝えしておか...
スケープゴート(1)

僕が傷つきやすかった理由:自己成長への旅〜大手電子書籍ストアで「執着を手放す方法と悩みの正体!」の販売が開始されました

はじめに この記事は、自分の気持ちを正直に表現する為に、一部の人にとっては不快だと感じる可能性がある表現も使用していますのでご注意ください。 「執着を手放す方法と悩みの正体!」の初版は、想像を遥かに超えて多くの方々に読まれ、そして愛され、大...
質問・回答

【質問】激昂するのは被害者ではなくモラルハラスメント加害者ですよね?【回答】いいえ、激昂は被害者に多いです。

質問は「質問箱」から 【質問】激昂するのは加害者ですよね? 記事「自己愛性人格障害と本当のモラルハラスメント加害者」に『モラルハラスメントの被害者こそが「激昂」する』とありますが、間違いでは? 激昂するのは加害者ですよね? 【回答】間違いで...
心の問題解決(3)

心理療法においても注目:音楽は単なる癒しではない・・・

心理療法においても注目:音楽は単なる癒しではない・・・ 音楽が心を癒すことについて、最近は、様々な研究から更にわかってきています。これは、一般的な人が思う「癒し(音楽を聴いて癒される)」というものではなく、もっと深い部分のことなのです。その...
トラウマ

邪悪な人格特性:ダークトライアドとダークテトラッドの秘密、サイコパスとソシオパスの違い、そしてガスライティングの罠

菅原隆志より記事下部の「AIチャット機能」を利用している人たちが、以前より「ダークテトラッド」について知りたがっていますので、今回は、邪悪な人格特性「ダークテトラッド」と「ダークトライアド」についての記事を書きました。この概念は、心理学者の...
非行

【更生には心の苦しみが伴う】悪事を働く者たちへ:トラウマを抱える覚悟はありますか?

過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしいのか? 過去に悪事を働いた人がトラウマを抱えることがあります。そしてそのことについて否定的な人もいます。つまり「過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしい」という意見です...
会員限定記事(鍵付き)

自己憐憫から脱出するためにトラウマを癒す

菅原隆志より 自己憐憫とトラウマには深い関係がある場合があります。そして、自己憐憫を抱えている人に対して、自己憐憫に陥ることを一方的に否定することは、その人が自身のトラウマに気づき、それを癒す機会を逃すことに繋がる場合もあります。それはとて...
自己憐憫(3)

スピリチュアルな視点から解く自己憐憫:隠された魂の成長を促す力

菅原隆志自己憐憫を悪く言っている人ばかりですが、それは一部の視点でしか見ていないからです。全体を見ていくと、良い部分があることもわかってきます。だから僕は全体の空気に逆らい、自己憐憫の良いところを書いた「自己憐憫からの脱出(克服)」を出版し...