虐待を減らそうと謳っている人が増えるほど「虐待が増えている現実」…。本当に虐待を減らしたいのなら、自分たちの環境から嘘を無くし、問題を明確にし、特定、解決をして、それを維持しなさい。

538 views
約 5 分
URLが「http://」「https://」に変更されたことで、たくさんいただいていたシェア数もリセットされました。

女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」の11月号(10月25発行 表紙:波瑠さん)巻頭特集「癒し」にて、幸せの種「気づき」が紹介されました!

虐待を減らそうと謳っている人が増えるほど「虐待が増えている現実」…。本当に虐待を減らしたいのなら、自分たちの環境から嘘を無くし、問題を明確にし、特定、解決をして、それを維持しなさい。

虐待を減らそうと謳っている人が増えるほど「虐待が増えている現実」…。もうハッキリ言いますが結果から見たほうが早い。これは単に「”虐待を増やす働きがあるから”」なのです。「とんだ茶番」です。僕は、虐待を引き起こす働きを知っていますけど人は根本解決を嫌がります。

過去記事「わかっちゃいるけどやめられないは、本当は”やめられない”ではなく”やめたくない”のです。(https://bright-ms.net/post-5415/)」を覚えていますでしょうか。人はみんな”嘘つき”です。本当の自分を生きていないことも「嘘」。だから「わかっちゃいるけどやめられない」という嘘を平気でつくのです。

こちらの「わかっちゃいるけどやめられない」を虐待に当てはめてみます。「虐待を減らしたいけど虐待が減らないぞ!(悪人は許さん)」ということ。つまり虐待を減らしたいと嘘をつきながら無意識のうちに虐待を増やしたり誘発したりしている者もいるのです。それを見れるよう賢くならないといけない。

僕は偽善ではなく「心から虐待が減ってほしい」と思っています。ですのでこういった本当のことをあえて一部の加害者側から嫌われる覚悟で発しているのです。隠れ虐待者に嫌われるとかどうでもいいですし本当に虐待を減らすには目を背けてはいけない部分でもありますので。虐待を作り出すなということ。

過去に僕らに名誉毀損という犯罪行為を行ってきた者のIPからネット検索するとIP開示をしている匿名掲示板に書き込んでいた過去の投稿がありました。その内容は「相手を傷つけて発狂させようぜw」というようなものもありました。人を傷つけて発狂させて楽しんでいる者がいる。これが現実です。

この「匿名」から攻撃をされ続けた者(最初の被害者)が僕らのように相手を特定できなかった場合は感情が抑圧されるのでいつか爆発するかもしれない。爆発したときに書き込んだ匿名本人にぶつければ良いが最初の加害者は匿名だから出てこない。その爆発的な怒りが無関係な罪のない人に向く。

「爆発的な怒りを無関係な罪のない人に向けた者」はやってしまったことは自分の責任です。誰の所為でもない。しかし最初に匿名で人を傷つけている者も裁かれるべきです。それは子供のいじめで2人を争わせて喧嘩させるといういじめの延長戦のようなものの大人バージョンです。

過去にネットの匿名が1人の実名に対してネットから嫌がらせをし続けていた。その実名の被害者は怒りが爆発寸前になっていて実際に人を殺してしまった。被害者から加害者になったのです。これを楽しんでいる「匿名」は次から次へと安全地帯から人を傷つけて不幸を生み出して楽しんでいます。

なので僕が言いたいことは事件を誘発させて楽しんでいる「匿名」もいますのでそれに対しての免疫を高め「流されない自分になろう」ということ。罪のない被害者を出さないために「知る」ということ。知らないから煽られて心理誘導されて人生を壊されてしまうのです。2者を争わせて楽しむ者に打ち勝て。

<<下に続く>>

上記の記事や教材内に書かれていますが、彼らの目的は「自尊心を傷つけ、傷ついた人が自分の価値を低く評価し、 セルフイメージを下げるようになる」ということなのです。彼らの目的を達成させないためには逆に「強い自信を持つ」ことを徹底すればよいのです。

そんな彼らが人を傷つけるときにはあらゆる手口を使います。その手口の1つは裁判でも明らかになった画像に書かれている手口です。匿名掲示板に僕らの実名を勝手に使って僕らが書き込んでいるように閲覧者に見せかけて、繰り返し刷り込み心理技術も使い「思い込みを植え付けていく」という手口です。

この画像が、その証拠です。

悪質極まりない手口です。

画像の赤い部分に「虚偽の告白を行い」と書いています。それが「僕らの実名を無断で使い、僕らが書いているかのように見せかけて、閲覧者を騙して、変な人だと思わせるような細工をしていた」のです。そんな「嘘」も開示されて明らかになったのです。彼らも恥ずかしいですね。

精神的な嫌がらせを色々してきて成りすましてまで必死に僕らの印象を悪くしようとしていたのは裏を返せば僕らが言っていることが本当のことだから信じさせないように工作したということだとわかるのに。そしてやり過ぎによって開示され、事実が明るみに出てしまい手口も明確になった。

 

本当に虐待を減らしたいのなら、自分たちの環境から嘘を無くし、問題を明確にし、特定、解決をして、それを維持しなさい。

それが出来ていないから、巡り巡ったものが虐待を引き起こしているのですから。

隠れた悪事を放置していると、誰かの鬱憤となり、八つ当たりとなり、虐待にもつながるのですから。

無意識で願っていることは、 凄まじいチカラで現実化します。

本当に虐待を無くしたいなら、魔の三角関係を見ないといけません。理解も深めないと。魔の三角関係の渦に巻き込まれた人が(子供や動物が多い)、本当の本当の被害者です。様々な心理的な影響から目を逸らしてはいけない。複合的に機能しています。1人だけに押し付けてはいけない。

魔の三角関係の心理的な渦が生み出す虐待は、1人に押し付けず、封じ込めず、尊重すれば、防ぐことは不可能ではない。悪意がなくとも、1人を封じ込め続けたら爆発してしまう。大事なのは罪のない犠牲を生まないために爆発させないこと。爆発は刺激せずメンテナンスすれば防ぐことも可能です。

 

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!極度の緊張や恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
悩んで、苦しんで、最後に辿り着く解決法(癒される)は「知らないことを知る(理解する)」こと、
そして「本当の自分の感情を感じて生きる」ということ。

6年間もの集大成ともいえる
自分を救うための教材が完成!

文章を真剣に書き続けたら、恐怖を克服出来ました!
心の苦しみを乗り越える最後の方法

☆自宅にいながら実践できる方法ですので、こんなひとにおすすめです。

・引きこもりの人、
・病気で外出できない人、
・恐怖がひどくて人と関われない人、
・自分の恐怖を誰にも言えないから誰も頼れない人
・極度の緊張や恐怖を自分で克服したい!
・カウンセリングは合わない!
・人間不信で誰にも助けてと言えない!
・もう人を信じることは嫌だ!
・1人ぼっちだ!(実は1人が好きだ)
・自己肯定感を高めたい!
・アダルトチルドレンのスケープゴートタイプでみんなを信じれない!
・誰ともかかわりたくない
・伝えたいことをうまく伝えられずに嫌な思いをすることが多い
・言葉(文章)のいじめに対処できない!対処できるようになりたい!
・機能不全家庭で育ってナメられ体質だ!
・他人の顔色をうかがってビクビクしている!
・誹謗中傷を受けているから強くなりたい!
・勉強してでも変わりたい!
・変わるためには努力もできる!
・家族への恨み(自分でもよくわからない)が半端じゃない!
・嘘が怖い!嘘が嫌い!
・自分の感情がわからない!
・劣等コンプレックスやメサイアコンプレックスを小さくしたい!
・怒りが抑えられない!
・暴言、暴力を使いそうになる!
・気持ちが抑えきれず虐待しそうになる!
・支配されたくない!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

モラルハラスメントの世界を知るための2冊

 

モラル・ハラスメントの心理構造
加藤諦三 (著)
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠
安冨 歩 (著)

(美徳に騙されやすいお人好しな人向け)

(詐欺師と悪質な専門家に騙されやすい人向け)

モラルハラスメントの罠(悪魔)を出し抜け!

 

悪魔を出し抜け!
ナポレオン・ヒル (著)
(準備中)

(モラハラ界に戻らないために)
(準備中)