嫌いな人とは関わらないほうがいい!遮断!ブロックが1番!嫌いな人を「どうでもよい人」にする方法!

嫌いな人とは関わらないほうがいい!遮断!ブロックが1番!嫌いな人を「どうでもよい人」にする方法!

明確に区別することが大事

自分のことを大切に思えるようになってくると「自分にとってマイナスになる人」と「自分にとってプラスになる人」を「明確に区別」出来るようになってきます。過去の僕はそれが出来なかったから自分にとってマイナスな人からの影響をわざわざ受けていた。遮断する、ブロックする。大切なことです。

離れることに罪の意識を感じていない?

遮断する、ブロックすることに罪悪感を感じてしまう人は過去に支配者から「罪の意識を植え付けられた」のかもしれません。それは「支配者にとって都合の良い、勝手に作り出した罪」です。自分が嫌なものを遮断してブロックする。自由にやって良いのです。

遮断しているのに出現する相手はストーカーかもしれない

あなたが嫌な相手のことを遮断してブロックした時に相手が「なんでブロックしたんですかね…?何もしてないのに…」とあなたのことをあたかも被害妄想してる人扱いする人がいるかもしれません。そんな相手には「あなたのことが嫌だからブロックしたのに、なぜしつこく出現するのですか?何か問題でも?」とハッキリ言ってあげたらよいのです。

それでも、遮断しているのに出現する相手はストーカーかもしれません。あまり度を超すようでしたら警察に相談してみると良いです。

苦労を買ってでもする必要はない

自分にとって「マイナス」と感じたのなら、どんどん遮断することが大事です。昔の「苦労は買ってでもしろ」という考えは、無意識のうちに自ら苦労や不幸を引き寄せるので、要らないものは遮断。ツイッターでも同じで「なんかこいつやだ」と感じたらブロックすればいいのです。自分の時間を大切に。

嫌いな人を「どうでもよい人」にする方法

嫌いな人を遮断してもブロックしても、どうしても気になってしまったり、また別の嫌いな人が寄ってきたりすることがあります。そんなときは「嫌いな人」を「どうでもよい人」に変えてしまえばよいのです。

その「嫌いな人」が以上に気になってしまうときは何らかの理由があります。恐怖があったり、過去の何かを思い出したり。僕も過去にすごく嫌いな人がいました。そしてすごく気になっていたんですね。だけど、気にならなくなって興味もない、つまり「どうでもよい人」になったので考えることもなくなりました。

どうして「気になる嫌いな人」が「どうでもよい人」に変わったのか。それは自分の中に変化が起きたからです。簡単に言えば、僕はその嫌いな人と「同じ穴の狢」だったのです。同じ穴の狢と言うのは離れていても心の世界では同じような世界にいるという意味です。心の世界では同じというのは、相手と同じように人に嫌なことをして楽しんでいるような、そんなレベルだったのです。

それから、心が成長していって、色々な反省、そして感謝の気持ち、そういった変化が自分にたくさん起こりました。すると、それまで「気になる嫌いな人」だったのに「どうでもよい人」に変わったのです。つまり「同じ穴の狢」から脱出したというわけです。そして、自分の「目的」が明確になったので、「どうでもよい人」に変わったのです。

自分の人生の中で、その「気になる嫌いな人」が占める割合が50%から1%になったようなイメージです。それ以外の大切なことや目的で占めているので、「気になる嫌いな人」のスペースがなくなったような感じです。つまり、自分の心の在り方を変えれば嫌いな人は「どうでもよい人」になるということです。

自分の心に従って、目的をしっかり持って、本当の自分を生きていけば良いのです。そうすれば嫌いな人に左右されない自分になっていけます。

 

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!
・レビューは投稿者の主観に基づく情報であり、投稿者自身の心の器を表す自己紹介のようなもの!
・あなたの声を残すことで、それが誰かのプラスになるかと思います。どうかご協力お願いします!

このブログ全体の総合評価

4.4
Rated 4.4 out of 5
星5つのうち4.4 128件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)57%
星4つ(投稿者の主観:良い)28%
星3つ(投稿者の主観:普通)10%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)3%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)2%

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト。うつ病アドバイザー)1980年、北海道生まれ。中卒。数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題を抱えることになる。そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を出来る部分から解決して、それにより役立った情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくことを体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。