【天才脳開発】感情は解釈の結果作られる!あなたの人生観を変えるには使う感情を変えればいい!その為には東大博士である森田氏が20年の研究成果を元に開発した天才脳の開発方法が効果的!

 2021年11月28日
13056 views
【天才脳開発】感情は解釈の結果作られる!あなたの人生観を変えるには使う感情を変えればいい!その為には東大博士である森田氏が20年の研究成果を元に開発した天才脳の開発方法が効果的!

感情は勝手に浮かんでくると思っている人もいますが、実は、解釈の結果作られるのです。あなたの人生観を変えるには、使う感情を変えればいいのです。真剣に文章を書いていきますので、何か一つでも吸収できることが、あなたにあれば嬉しく思います。

この記事には、あなたの人生観が変わるための方法が書かれています。人生観が変われば人生は素晴らしいものへと変わっていき、後悔のない人生になり、人生に意味を自分でつけていく事が出来ます。生きる意味は自分で決めるものです。

以下の、解釈を変えると作られる感情が変わるお話を読んでみて下さい。

P子さんはこう言いました。

P子「友達に聞いたけど野生の動物にぶつかって車の修理が必要になっても保険金が下りないことがあるんだって!」

野生動物との事故は単独事故扱いとなるので、一部の車両保険の場合は補償の対象外となるそうです。

P子「保険会社はきたねぇな!むかつくわ!」

G君「どうして保険会社は汚いのかな?」

P子「だって野生の動物だろうが、車が傷ついてんのにお金出さないから。単独事故扱いするな!」

G君「それは困ったね。」

P子「ほんとだよ!困りまくりでP子頭来ちゃった!」

G君「なるほど。だけど単独事故扱いになることで、保険金が下りない場合もあることで守られている命のもあるんじゃないかな?」

P子「ん?」

G君「野生動物との事故が単独事故扱いで保険金が下りない場合があるので、その分、野生動物との事故には気をつけようとする人が少しでも増えると思うんだ」

P子「そっか!!!」

G君「この考えは間違っているかもしれないけど、そう考えたら野生動物の命が守られる仕組みに少しでもなっていることが良いことだと思えば腹が立つことは少なくなると思うよ」

P子「G君さすが!そうゆう考え方もあるんだね!なんかイライラがおさまちゃったからご褒美にP子にケーキ買っちゃう!」

G君「よかったね(#^^#)僕もケーキ好きなんだ」

P子「何が?」

G君「(#^^#)(笑)」

感情は解釈の結果作られる

このように解釈一つで生成される感情も違うのです。「感情は解釈の結果作られる」ので、自分がどのような解釈をするかが大事なのです。認知とは解釈する過程のことです。その解釈する過程に歪みがあるとストレスになります。それが認知の歪みというもので、10パターンあります。認知の歪みはこちらの記事をお読み下さい。

人生観は使った感情の合計で決まる

人生観は使った感情の合計で決まる
「感情は解釈の結果作られる」ので、歪んだ解釈ばかりしていると、嫌な感情ばかりが作られていき、その結果、自分で自分を苦しめてしまう事に繋がっていきます。「人生観は使った感情の合計で決まる」と言われています。ですので、自分がどのような感情を作り出して使うかで、人生観は満足いくものに出来たりするのです。

解釈を変える大事さが理解できたと思います。「解釈の結果 ⇒ 感情が作られる」ので、自分にとって良い解釈をしていければ、自分にとって良い感情が生まれ、自分にとって良い人生観になり、生きる意味も感じ、後悔のない人生に出来ると思います。

解釈を変えるには

では、「肝心の解釈を変えるには、どうすれば良いか?」ですね。以下の引用文をお読み下さい。

解釈とは

①語句や物事などの意味・内容を理解し,説明すること。解き明かすこと。また,その説明。 「正しく-する」

②物事や行為などを判断し理解すること。 「善意に-する」

引用元:解釈とは – Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ) Weblio辞書

解釈の意味は上記の引用の通りです。「理解する」「説明する」「解き明かす」ことが、解釈するという意味ですね。つまり、解釈をするには「理解力」がどうしても必要ですね。そして「説明する力」と「解き明かす力」が必要です。

「感情は解釈の結果作られる」ので、歪んだ解釈ばかりしていると、嫌な感情ばかりが作られていき、その結果、自分で自分を苦しめてしまう事に繋がっていくので、正しく解釈していけば、自分にとって良い感情が作られ、良い人生になっていくという事です。

ですから、「正しく理解する」「正しく説明する」「正しく解き明かす」という3つを伸ばせば、「正しい解釈」が出来るようになり、素晴らしい感情が作られて、素晴らしい人生に出来るという事です。この記事を読んで「なるほど!」と腑に落ちた方もいるのではないでしょうか。

正しく理解するには

何故、正しく理解できないのかは、難しいかもしれませんが詳しく書かれている記事を見つけましたので「なぜ正しく「理解」できないのか ~そのメカニズムと正しい「理解」を獲得するための効果的なコミュニケーションのあり方~ : サポート : 富士ゼロックス」を読んでみて下さい。

上記リンク先の記事によれば正しい理解の促進は「思考させるコミュニケーション」で、自分が理解していない事を客観的な視点から知るということが書かれています。

なるほどですね。これこそが、正しく理解する為の方法であると思います。正しい理解が出来ない人は「思考停止状態」になっている場合がありますので、「思考をすることは良い事だ」と思うと良いでしょう。きっと、過去にどこかで思考することは嫌なことと覚えてしまったはずです。私はそうでした。嫌な大人を見てきて、その嫌な大人がしつこく言ってくる勉強、学ぶ、思考は、気持ち悪いほど嫌なものだと昔は思っていました。それで自ら思考停止の道を歩みました。

だけど、それは勘違いで、まだまだ未熟だった自分の見ている世界だったのです。「嫌な大人」イコール「勉強、学ぶ、思考」ではなかったのです。子供だったから「嫌な大人」イコール「勉強、学ぶ、思考」となってしまっただけで、実際はそうではなかったのです。ですから、正しく理解する為のスタートとして「思考停止状態は自分にとってマイナスである」と納得することが良いと思います。

理解できない、ではなく、理解したくなかったのです。同じ方もいると思います。理解したくなかったのは嫌な大人と同じになると、その時は思い込んでいたからです。だけど、違ったのです。嫌な大人は「勉強、学ぶ、思考」を悪用してるように、当時の私には見えていただけで、その人なりに勉強の大切さを伝えたかったのだと思います。

正しく説明するには

「説明がうまいなと思わせる人の7つの共通点」をお読み下さい。こういったことを、になるまで繰り返すしかありません。人間は繰り返すと習慣になり身に付きますから、トレーニングしていくのが最高の方法です。

繰り返し繰り返し、説明することをしてみましょう。それを音声にとって練習するのも効果的です。録音すれば後から相手の視点でどうだったか把握できます。

正しく解き明かすには

正しく解き明かすには解き明かすと言うのは、問題を決し、その意味をらかにすることです。ですので問題解決力が必要です。問題解決のスキルは「論理的思考」「情報収集」「フレームワーク」「分析」「問題発見」のスキルが必要と「問題解決力トレーニングプログラム » 問題解決力とは」に書かれています。

私たちは、何かを変えていくには自分を変えなくはいけないのです。自分を変えるには学んでいかなくてはなりません。理想の人生、理想の自分を手に入れる為には学びが必要で「天才脳」になれば更に、理想の人生、理想の自分を手に入れる事が出来ます。

もっと早く変わりたい!「天才脳」になりたい!と言う方は、日本最高峰の教育機関がひた隠しにしてきた東京大学「天才脳の開発法」をお試し下さい。本物の内容で多くの方がお申込みされています。こちらのプログラムは、東大博士である森田氏が20年の研究成果を元に開発した天才脳の開発方法になります。

あなたが、時間を大事にしたいと思う方なら、「1日3分、7日間で十分と断言し、実証済みの結果」を元に作られたプログラムが、あなたのお役に立ってくれると思います。日本トップレベルの知能、数万件のカルテ、数千件の実験データと検証、その膨大なデータを元に、常識的には考えられない程に作り込まれた知識の結晶です。

決して安い金額ではありませんが、自分で調べて情報収集する時間を考えたら、こういったプログラムで学ぶことが近道で時間節約になったりもします。

東京大学「天才脳の開発法」公式サイト

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に星評価とコメントをお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。