病院恐怖症だった原因

病院恐怖症だった原因

恐怖条件付け

過去に、病院恐怖症になっていたことがあります。その原因は、当時はわからなかったけど、今はわかります。それは、症状を話すと家族から何らかの威圧や責めを受け続けていたことで、「症状を話す」=「嫌なこと(マイナス感情発生による緊張)」と条件付けされていたからです。これが原因だとハッキリわかっています。

家族に症状を聞かれる → 正直に答える → 否定や責めを受ける → 恐怖する → また家族に症状を聞かれる → 正直に答える → 否定や責めを受ける → 恐怖する → また家族に症状を聞かれる → 今度はウソで大丈夫だと答える → 家族は「おおよかったなw」と言う

これの繰り返しで症状を言うことに恐怖を抱くようになっていったのでした。

今は、病院恐怖症はだいぶ良くなりましたが、まだ自分の苦しみや悲しみなどを話すことに関して、抵抗はありますが、だいぶ改善しました。当時は、それまでは普通に病院に行けていたのに、気づいたら「死んでも行けないほど」になっていて、その後、精神的にかなり恐怖や緊張が酷い状態になっていました。

苦しみが解けた理由

これらの苦しみが解けていったのは、簡単に言えば「本当の自分を優先し、大切にするように変化した」からです。そして、僕の症状をないものにしようとしていた家族にも、色々と返すものは返し、言うべきことは言いましたし、喧嘩もしましたが、結果、色々な出来事などにより恐怖条件付けが遮断されたからです。

ですので、もし、あなたが病院恐怖症とか、何かが苦しんでいるのなら「本当の自分を優先し、大切にする」ことを始めてみると良いです。この「本当の自分を大切にする」ことは、あらゆる苦しみからの回復にとても大きなプラスな影響を与えてくれる素晴らしいものです。

そして、自分が成長した今、過去の傷は、良い勉強になったと思っています。自分に必要な経験をしたのだと思っています。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
病院恐怖症だった原因
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
病院恐怖症だった原因

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)