すべての「傷」は「成長」につながります。【スケープゴーティング】

僕は機能不全家庭で「スケープゴーティング(https://twitter.com/moral88887777/status/1102064318089068544)」によってスケープゴートをされて育ちました。この心の傷はとても深い傷だった。この傷が癒えるには長い時間もかかり、今もまだ残っている傷がありますが、(いずれ成長に変化する)すべての「傷」は「成長」につながります。

「スケープゴーティング」というのは「煩悩まみれ」な者たちが「身代わり・生贄」を作り出しているのです。その対象が「スケープゴート」と言います。SNSなんかでも悪い噂を作り出して集って叩くアレ、あれもスケープゴーティング。やっている側が、邪悪な思考や感情を心の奥に抑圧しています。

スケープゴーティング現象を作り出す者たちは群れ。群れて1人を叩くのです。何故そうするか。そうしないと安定を保てないほどの邪悪な思考や感情に心が汚染されているからです。自分の悪に向き合わないから他人の悪を叩くのです。やれ、自己愛だ、サイコパスだ、悪魔だと、目的がスケープゴーティング

もちろん僕の発言の目的は「叩く」ことではない。「被害を受けないための予防」として、です。煩悩まみれの者たちは実に巧妙に1人をスケープゴートに追いやりますから知っておかないと防げません。僕はスケープゴート経験者なので、まだ知らない人に手口などをお伝えしています。防いでもらうために。

「目的」が「相手が良くなることを願う」のではなく「スケープゴーティング」であることは一目瞭然です。「それ以上」がないのですから。目的は「スケープゴーティング」によって「スケープゴート」を作ることです。彼らはスケープゴートに依存しているから理由をこじつけてでも付き纏っている。

「スケープゴーティング」現象を作る者は、「スケープゴートタイプ」に付き纏って、「嘘」や「事実の歪曲」を使って、煽って、捻じ曲げて、ネタにして、拡散させようとすることもあります。こんなことがある社会は不健全な病気社会です。改善する必要があります。煩悩まみれが「毒」の元です。

「”精神分析理論によれば、スケープゴーティングは自分の中にあるこのような邪悪な思考や感情(不安、罪悪感、性的欲望、低能力、劣等感)を抑圧して意識外に追いやり、さらに、それを他者に投影することによって、解消しようとする無意識の試み…”」引用元:(

こちらの精神分析理論による説明通りです。しっかりと繋がります。「煩悩まみれ」が「邪悪な思考や感情」の元です。煩悩まみれな者はスケープゴートを必要するから「偽被害者」に成りすましてまで「悪人扱い」して、それをネタに生涯正当化するのです。演技する被害者がコレです。「永遠の赤ん坊」

だから、アダルトチルドレンのスケープゴートタイプの人は「スケープゴーティング」について色々調べてみて、自分がもしスケープゴートされているとわかったのなら、離れることをおすすめします。強烈な依存関係ですから、離れないことには改善も出来ません。まずは脱出です。

スケープゴーティング現象は、SNSでも起こりやすい。だからSNSに依存せず、全体で見ればSNSなんてちっぽけな世界だと知ることが大事。SNSの情報に流されず囚われず、もっと身近にある素晴らしさや、温かさ、感謝すべきこと、身近な幸せ、そういったものを大切にすることがおすすめです。

機能不全家庭で何が苦痛だったか。9歳の頃から「やってもいないことをやったとして扱われだした」ことです。つまり「作り話による悪人扱い」です。この嘘情報の出所は「兄弟の1人」です。親に思い込ませることが上手だったので家庭で冤罪に遭い、長い間、魔女狩りのような扱いをされた。

最初は、僕も子供だったから何が何だかわからないまま生きて、「作り話による悪人扱い」が普通になり、まるでその悪い暗示にかかったかのように、本当に悪い人間になっていった時期もある。これらをすべて紐解くのにとても長い時間がかかった。だけど、整理され、スッキリし、それが形になってきた。

この嘘情報の出所は「兄弟の1人」だったのですが、今、詐欺師であることを他の兄弟から聞きました。他人の家庭を壊しては、奪い、また別の家庭を壊してはまた奪う…。原因は自分の中にあることに気がついてほしいと思っています。最初に兄弟を陥れて甘い汁を啜って味を占めた…ここに苦しみの原因が…

人は、子供時代に色々な手口を身につけていきます。それは依存しないと生きられないから身についた手口です。それを大人になってからも使うことが大きな間違いなのです。苦しみと不幸の原因になっているから。だから子供時代の手口にサヨナラして新しいことを知っていく必要があります。自分を癒して。

人は一気に変わることは難しい。そして誰にでも間違いがある。大事なことはそこから自分の幸せに向かっていくこと。「幸せ」は「自由」が前提にあって、自由には「責任」が伴う。「責任」=「正しく反応する能力」と、僕は考えています。なので、幸せのために責任を持てるようになりたいと思っている。

僕はずっと「無責任」に生きてきた。それが正しいと勘違いして道を間違えてしまった。そしたらどんどん苦しくなっていきました。苦しくなってもまだ気づけない。もっと苦しくなって限界に達した。そこでさらに苦しんで、ようやく自分が間違っていた…、そう思えるようになってきました。変わるのは自分

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。
すべての「傷」は「成長」につながります。【スケープゴーティング】
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
すべての「傷」は「成長」につながります。【スケープゴーティング】

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
(評価数は2021/1/23にリセットしました)
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:メンタルケア心理士

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)