訴訟を起こされるようなことをしても気がつかない加害者は「妄想性障害」の可能性

 2021年11月28日
562 views

「”訴訟を起こされるほどのことでも自分が悪いとは思えず、更には敗訴したにもかかわらず自分の悪い部分を認めることが出来ずに逆恨みをし…”

引用元()」

「訴えるよ」と言われたことを「脅迫された」と被害妄想するのは「妄想性障害」の可能性も否定は出来ません。

「被害妄想(非合理的で訂正不能な思い込み)」がある人は、心の奥深い部分に「とても大きなまとまり」があります。このまとまりを小さくすることは至難の業ですが、1つ1つ紐解いていければ、被害妄想を改善していくことも不可能ではありません。とても難しいことですが。

自分の悪い部分を認めることが出来ない分だけ、他所に悪人を創り出してしまいます。スケープゴーティング現象もこれ。そうなると、毎日、加害者め!悪魔め!支配者め!と心が囚われていきます。その「悪」が自分の内側にあるということに気づくことが、幸せな人生のために必要なことです。

永遠の被害者として生きるのか、それとも被害者と加害者を乗り越えて「自由」を手に入れるのか、自分で自由に選択できます。「自由」とは「責任」です。責任は「1つ1つ正しく反応する能力」です。法を守れないのは無責任。名誉毀損を行う者は無責任者です。自分で不幸を創っている。

そして、すべて「相手が悪い」となり、相手の所為、社会の所為、と思い込み、ますます苦しんでいきます。そこから「実は、自分で選択した結果だったんだ…」と気づけたら、幸せを創り出していけるのです。Mさんはここに気がついて、成長し、頑張って、自分の理想のマイホームを手に入れました。

「自分がこんな家を持てるようになるなんて思わなかった」と泣いていました。機能不全家庭で育ち、たくさんの人から支配され、自分をずっと「奴隷」だと思い込んで生きてきたからです。そこから自分の人生を自分で創る、自分の良き支配者(心の管理者)となったのです。再スタートです。

寄ってたかって1人を支配して奴隷にした者たちは、スケープゴートを用意して、それを隠れ蓑に、巧みに支配していたのです。悪人は、スケープゴートを作り出して、それをネタに自らの悪さを隠します。そういった者は「加害者め!支配者め!」と進展なしに永遠と同じことを言っている。目的がそれ。

Mさんは、それを乗り越えた人です。そして心が自由になり、勿論自分の悪い部分も認められるようにもなり、支配されない心も育ち、心の中の小さな自分を大切にも思えるようになっている。必要であれば闘う気持ちもある。嘘つきへの恐怖も減っている。大きな成長です。

「偽証の罪(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%BD%E8%A8%BC%E3%81%AE%E7%BD%AA)」法定刑、3月以上10年以下の懲役。「嘘」というのは、時に非常に重い罪となります。心の世界でも「悪意のある嘘」は重たい罪として心に刻まれます。それだけ見えない所でバレないよう人を苦しめているからです。

先日の、あの大嘘つきもそうです。ああやって、自分の心に刻み続けているのです。「事実の歪曲」を使いながら。僕は本当のことを言っているだけです。そして、自分の崇拝先(フォロー先)も仲間ですよと自分から主張しているのかもしれませんね。問題はこちらに嫌がらせをしている自覚がないことです。

自覚があるのなら、相当、人を傷つけることが大好きな者なのでしょう。普通の人は「嫌だからやめて」と言うと「あ、ごめんね」と普通の反応です。先日の者は、明らかに異常な状態です。そして無責任の極みでした。一切の大人としての責任も何も持ち合わせていなかった。普通に嘘を削除すればいいだけ。

実はMさんは、あのような紳士を装って平気で嘘をつくモラルハラスメント加害者が怖くて仕方なかった1人。なので、昨日Mさんは、恐怖克服のために相手の手口を見ていました。相手の手口を知って勉強することで、結果、恐怖感情が減ったとのこと(小さな成功)。人は「知らないから、怖い」のです。

Mさんの気持ちの変化の1つです。

「私のことをどうでもいいと思っている無関心な家族に道具として利用され続けてとても悲しかった。だけどそれは関心を持つ余裕もない大変な家族だった。私は優しい家族で愛にあふれる家族が欲しかった。だから私が不安と恐怖を乗り越えて好奇心を持って安心出来る家を築き上げていくんだ!」

恐怖が強くなる人は、怖いから見ないようにして目を背けます。昨日のような、知識を使ったハラスメントを仕掛けてくる者は、自分に知識がないと怖いですよね。心が刺されて心が傷ついてしまう人もいますよね。だけど、目を背けるともっと怖くなるのです。逆に知り尽くせば、恐怖が減っていくのです。

人は「闇」を怖がります。そして見えない闇の中、あれこれ妄想して、ますます恐怖が強くなります。しかし、「闇」に光を照らせば、すべてがハッキリして恐怖が減っていきます。「光」=「知り尽くす」ということ。Mさんは「知ること」で恐怖が減ったのです。

そして、先日のハラスメントを仕掛けてくる者は「無責任の極み」でした。そしてフォロワーさんや、周囲の人たちは、参加しませんでした。つまり、責任ある人たちは「フォロワーさん」と「周囲の人たち」だったです。とても素晴らしいことだなと、僕は思いました。参加しない、関わらない、健全な反応です。

読者登録&解除(無料)

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事に対しての評価をお願いします。

・レビューは投稿者の主観に基づく情報です。
・記事を読んだ感想、レビューを投稿して下さい。
・この記事の続きを読みたい場合は、一言残して下さい。
・こちらからの返信は出来ないことが殆どですので予めご了承下さい(必ず目を通させていただきます)。
・運営者の裁量で不適切と判断した場合、掲載は致しません。

この記事を書いた人(寄稿者)

菅原隆志
1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより恨みも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。